16-01-22(2016年 第 3号 )   
◯オペラ映画「ルル」  1/21  新宿ピカデリー
1回の丸の内朝飯会で、話=講演を聞き・学び、そのあと映画を見る。週によって、展覧会だったり、展覧会と映画の両方だったりする。そういう繰り返しの多い日々だが、好きなことが出来て感謝の日々でもある。

1/21は「定年退職後の英語ガイド」の体験を面白く聞いたあと、予備知識ゼロで、オペラ映画「ルル」を見た。
度肝を抜かれた。打ちのめされた。こりゃかなわん、だった。

私は軽い頭でときに、欧米先進国の文化の「厚み」を口にするが、それには体格・体力のちがいも含ませざるを得ないと思った。歴史・伝統の蓄積の上になお教育などに裏付けられた、いま風に言えばsustinabilityだろうが、文化・芸術にも肉体がものを言う場面がある。ちっとやそっとでは追いつけない事柄の一つ。追いつき追い越す必要のない別物の一つ、などと。

ほとんど出ずっぱりのソプラノ・ペーターセンが、ショートパンツに胸も露わに(近い)、セクシーな女を、映画のグラマー女優並みの肢体で、演劇俳優並みの演技力で、しかもベルクの十二音音楽の、いかにも歌いにくそうな難しい曲にのって歌いまくりつつ、何人もの男たちを惹きつけてやまない魔性の女―ダンサーから殺人犯、脱獄、パリ逃亡、転落娼婦まで―を演じるのだから、繰り返すが、私は度肝を抜かれ、打ちのめされ、こりゃかなわん…。

4時間の映画でintermission2度。その間のインタビューがまた素敵だった。演出家、指揮者、主役ほか数人の出演者と、元歌手のインタビュアーとの問答。レベルがちがうと思った。
これでおしまい。古風な一介のオペラ好きの出る幕はない。

見るつもりの3度目のMETオペラシリーズは2/6から。ビゼーの「真珠採り」。4度目はプッチーニの「トゥーランドット」。3/3、丸の内朝飯会の有志9人で見る予定。

◯ドローン戦争――これもアメリカ!?
無人の爆撃機が遠隔操作でミサイルを発射する空爆が実行されている。
「パキスタン、アフガ二スタン、イエメン、ソマリアに無数の爆撃を行ってきた米国の世界的なドローン戦争に、イラクとシリアも新たな戦場に加わ」るという。
「無人機に搭載されたミサイルを誘導する視覚センサーの操縦士が…スクリーンに映るものを無差別に殺す」。「人の顔など見えないのです。人影が映っているだけだ」。1人は「基本的に、白い服を着ていれば誰でもいいのです」「白い服を着るのはタリバーンだという悪いイメージが染みついているのです」。そして「発射するたび歓声が上がり、誰を殺したのかなど確かめようともしない」「その後は何事もなかったように、さっさと別のことに頭を切り替える」などの発言がある。

新戦争というべきだろう。もし、相手も同じことを始めたらどういう戦争に進むのだろう。(独占インタビュー「ドローン戦争は民間人を殺し、テロを煽る―元空軍兵士4人が訴追覚悟で告発」「世界」2月号)。
                             おわり
              TOPへ戻る