16-01-17(2016年 第 2号 )  
◯丸の内朝飯会  1/7 7.30〜  東京グリーンパレス
新年第1回例会は34人が出席。盛況。新年の乾杯のあと、去年の各種表彰―例えば皆勤・精勤賞―の金一封が渡された。
リポートは楜沢さんの「震災後のネパールとローマンタンの現状」。沢山の現場写真をスクリーンに映しながらのお話だった。考えさせられることいっぱい。

◯「肉筆浮世絵―美の競艶」展  1/7  上野の森美術館
シカゴ・ウェストンコレクション。日本初公開と謳っているがその通りだろう。しかし、特別それがいい作品と言っていることにはならない。有名画家の絵がすべていい絵とは限らないのと同じ。玉石混淆と言っていいかもしれない。

◯顔真卿と唐時代の書」展  1/7 国立博物館 東洋館
没後1230年記念だが、顔真卿以外にもいい書がいろいろあった。見終わってから見たチラシにあった作品紹介が簡単で少ないので、メモすればよかったが、もう入れない。前後期入れ替えもあったので、鑑賞したとも言えない短時間見学だった。

或る作品は鋭い字。隣りで見ていたご婦人に、どんな筆で書いたのか尋ねた。彼女は、厳しい線ですね、と言ったが、特に詳しい人ではなかったよう。筆にもいろいろあるだろうが、私は知らない。筆によるのかどうかも知らないが、とにかく線が鋭い書だと思った。絵もあったが、中国の底知れなさを感じるばかり。

常設展は久しぶりだったが、よかった。見応えのあるものがいっぱいあって、時間が足りなかった。
紀元前13〜11世紀、殷時代の大型青銅容器一つにしても圧倒される始末。これも中国の底知れなさの一つ。シニアは無料なので、見る機会を何度もつくりたい。

◯「母と暮せば」  1/7  丸の内ピカデリー
ロングラン映画だが、ここに至ってはというか、ガラガラに近かった。
一つ置いた席に、夫婦らしい2人が小声だが終始しゃべるのに辟易した。始まる前はポップコーンの匂いが流れてきた。声も匂いも予告編のときまでだろうと思っていたが、話し声は本番上映中も聞こえるので、いらいらして、止めて、と言いたかったが、いかにも仲が良さそうなので言いそびれた。

泣かせ過ぎ。それとも爺の緩んだ涙腺のせいか。派手に涙を拭った。
戦争には喜怒哀楽が全部あるが、同時に悲惨・残酷・苛烈・困苦・荒廃・愚昧・不運等々の言葉も山ほどあって、とても言い尽くせない。

この映画は戦争を多面的に描いていた。描き方としては柔らかいところもある。しかし、子を失った母の辛さは格別だろう。しかも、2人までを。その哀しみの中に戦後の窮迫した暮らしがある。さまざまな人間が出てくる。私は戦後の貧窮生活を体験し、戦争はいまも終わっていないと思っている。

N響定期演奏会  1/9 6- NHKホール
1 ビゼー 小組曲「こどもの遊び」
2 ドビュッシー バレエ音楽「おもちゃ箱」 語り・松嶋菜々子(女優)
3 ストラヴィンスキー バレエ音楽「ペトルーシカ」
指揮の山田和樹はN響初登場。いい指揮者がN響を振ったと言っていいのではないか。それも、とてもいい指揮者。特にペトルーシカは、私は耳が回った!? とでも言いたいショック(目も回ったよう)。聴くからに見るからに、いかにもむずかしそうな曲を颯爽と、やや大振りに、普通より多い(珍しい)楽器を、緊張させながらも見事に演奏させ、しかも巧みにまとめていく手腕は並みではない、と思った。
拍手も称賛の強い音。一緒によろこんだ手の音だった。満足感。

◯丸の内朝飯会  1/14 7.30〜 東京グリーンパレス
「効果的な実用英語学習法」と題して、原真理子氏(メソッド社社長)が講演。英語構文の型を重視しながら、シャドウイングで話す訓練をする方法が効果的という。もちろん、聞こえることが基になるから、自分に合った文章、話しを繰り返し聴くなど、具体例を挙げて教えてくれた。昔、私は、真似ろ、覚えろ、使えと言われたが、すべて失格。

◯長谷川等伯「松林図」ほかの常設展  1/14  国立博物館 本館
   
                ↑十二神将
 
        ↑一休宗純の書
    

 ↑柴田是真「意馬心猿図」       ↑池大雅「楼閣山水図」部分

  
        国立博物館 表慶館          上野公園の古木の洞

先週は東洋館を見たが今度は本館。十二神将、一休和尚の書、北斎の画などを愉しんだ。
「丸の内朝飯会」の小倉さんが等伯の国宝「松林図屏風」が展示中と教えてくれたので出かけた。生れて2度目の拝観。
小さい写真では筆の勢いがよく見えない。実物で確かめたいと思っていたのでいいチャンスだった。たしかに非常な勢いと鋭さがある。近くで、また遠くから眺めて飽きなかった。贅沢を言うと、もう少し横に広く(折り曲げ方をもっと浅く)してもらいたかった。
見物客が多く、やたらに写真を撮るので、全貌を見るのはかなり困難。少し遠くから客を目に入れないで見るしかなかった。

特別展示の北斎の名品がたくさんあって、これもうれしかった。いろいろの面で―何から何まで―抜群の才能が溢れている。
北斎漫画は、複製でいいから、手元に置いて見ていたいものだと、また思ったが、実現はしないだろう。時間が足りなそう…。
ふと、映画「北斎漫画」を見たことを思い出した。若き日の田中裕子が新藤兼人監督に、自然の色気を出させられていた!?ように思う。

北斎の春画は、永青文庫の「春画」展で見たばかり。彼は春画にも本当に力を入れていると言える。モノスゴイのがいくつもあった。カタログを見るのはまだ先だが、以前から私は洋泉社のCOLOR新書でも見ている。

十二神将は室生寺のもいいが、これもいい。興福寺のより好きだ。
印籠、根付にも欲しいくらいのものがあったが、櫛にも素敵なものがあった。

70歳以上は無料。2週続けてタダでいいものをゆっくり見ることができた。

◯「007 スペクター」 1/14  東宝シネマズ日劇
3、4作は見ただろうが、久しぶりの007。2時間半、何回ものスリリングな、不死身の格闘などを、ひと声ずつ笑って見ていた。余りにも調子がいいので、吹き出してしまうわけ。退屈はしない。時間つぶしとはこのことと納得。次はスターウォーズを見るかも。

◯サイクリング  1/9・10・11・13
晴天が続いたので、是政橋往復コースをゆっくり愉しんだ。汗ばむとジャンパーを脱ぎ、風が冷たければすぐ着る。寒い日は帽子と手袋をして。

函館市役所からの電話待ちとか、ゆうパックの再配達待ちとか、スマホの不具合でauへ行くとか、雑用があるとおっくうになる。しかし、冬でも走れることがうれしいので、空を見上げては出かけるようにしている。

     *****    *****    *****    *****   *****

◯パソコンの不具合と修理  1/10〜13
急に画面が真っ黒になった。あちこちいじったが、どうにもならない。経験したことがない現象。ウィルス感染か。
函館・大沼のコンサルタントに電話したが、それだけでは当然何も分からない。で、電話帳から修理会社を探し、来てもらうことにした。混んでいるので13日に伺うとの返事。

10、11、12、13日はパソコンから切れた日となった(13日夜復旧)。
パソコン依存症がここまで、とおどろいた。
一番使いやすい辞書。書くことはキーを叩くこと。本も叩き読みが多いこと。一日の3分の1を遊ばせ・学ばせてくれるもの。ないと手と目の持って行き場がない!?

13日、ワイシャツ・ネクタイ・スーツの紳士プロが訪れ、3時間かけて直してくれた。以後1年間のアフターサービス保証も含めると約5万円。

ときどき画面右下に出る「アプリ更新」を怠っていたことが積もって動かなくなったらしい。
     
◯スマホの不具合とチップ交換  1/15
スマホが電話もメールもできなくなった。
前々日、契約が2年経過したので、機種変更できるか、確かめにauショップに行ったとき、チップを取り出したりしたあとのこと。
以来1日半と短いが、電話の送受信もメール交信もできなくて、人に迷惑をかけたり(函館市役所から2度電話があったり)、不自由したので、またショップに行って診てもらった。
チップを交換してみるというので新品に代えたら正常に戻った。
こちらとしては、ICカード=チップをいじったせいでおかしくなったのではないか、それを知りたかったのだが、一昨日の期限確認等のとき、丁度そのとき、チップの具合が悪くなった(のではないか)という説明。
機械だから故障する、こういうケースは、ままあるとか。原因究明より、再使用優先。つまり、不具合の責任はauには一切なく、チップにあるということ。じゃぁ、と担当者に、チップに向かって「(この客に)謝れ」と言え、と怒鳴るようなことはしなかった。機械という意味では原発と同じかな。

◯読者のお便り
長生きがハッピーなこと、実践してください。介護の現場を知るほどに疑問が湧いてくる今日この頃です。
                              おわり
             TOPへ戻る