15-12-30(2015年 改題第 7号 通巻61号) 
◯佐藤美智子50年展―画家はその地に立たなくてはならなかった  12/26 
                          アートガーデンかわさき
新聞の見出しから―「絵は人生 師に贈る個展」「世界巡り描き50年展」「教え子企画で実現」―12/12 読売新聞都内版。
「世界を取材 油彩半世紀」「集大成 教え子ら開催支援」―12/17 神奈川新聞。
「芸術とは魂の領域にまで踏み込まなければならないと語る…」―12/1.11 新美術新聞

180以上の国・地域を訪れて描いた大小さまざまな作品77点。
各地の史跡や辺境の地の「民族固有の伝統や文化、祈りのかたち」「多面体が絵の中に隠れているような不思議な世界」―12/17 神奈川新聞―などが並んだ大回顧展。
インタビューの中で氏は「日本軍が侵攻したような国は全部回ろうと思い、回りました」と語っている。仏像の表情などが想像を掻き立て、厳しくも美しい。
     
      SIVA神―創造・守護・破壊       豊穣の女神―Ellora India
      
       
地(つち)への回帰B           柱扉(ちゅうひ)
        
              国境線―ドゴンの歌人
企画した教え子さんの1人長さんは「丸の内朝飯会」の世話役で、いろいろ活躍している人。会のメンバー10人ほどが見に来たという。

アトレ川崎の成城石井で買い物。おでんセット、ペッパーサラミ、ペッパーチーズなど。日本酒の試飲宣伝に乗ってしまい、「真澄」の樽酒―生原酒あらばしり―なるものを買った。旨かったが…。

◯竹富島の日の入りと民家の石垣
  12/21〜
友人の浜中君が3泊4日で八重山五島へ行ってきた。写真を沢山送ってくれたのでそのうちの2枚を転載させてもらった。彼は日銀OBで14年後輩。定年後内外各地を旅行中。
         竹富島の日没 ↓           
   竹富島の民家の垣と浜中氏 ↓
 













◯丸の内朝飯会  12/24
今年最後の例会はインプット=全員の3分間スピーチ。豊富な情報、いい話しをたくさん聴いた。
終わって、銀座松屋でコートとバッグを買い、教文館で旧約聖書関係の本を3冊買った。

11時半、大橋さんと待ち合わせ、銀座7丁目ライオンでM子と3人でおしゃべり宴会。話題がどんどん広がり、4時間、しゃべりっぱなし―大部分は大橋さん! 黒生中3小1。車内で居眠りし、ひと駅乗り過ごしたものの無事帰宅。

翌25日はネット注文の2冊が届き、前日買った本ともども拾い読み。

◯美術館と買い出し  12/27
海が見たくなり、M子の車で観音崎へ行き、東京湾の明るい海を眺めてきた。大型客船や大型貨物船が往き交い、間を白いヨットや小舟がうごめいていた。千葉県側も東京のビル群もよく見えた。横須賀美術館に寄り、図書室で画集などをめくった。絵葉書を3枚買ったらみんな女の絵だった―藤島武二、中村つね、林武。風が強く寒かった。

横須賀ポートマーケット内の居酒屋「なぶら」で、刺身の豪快舟盛と佐島シラスの沖漬を、彼女は海鮮丼を食べた。ジョッキ2杯、熱燗1本。佐島漁師直営の安くてうまい店。

市場で正月用にと三浦大根1本、白菜2株、ごぼう1本、ニンニク1個、里芋1袋、昆布1袋、昆布巻き2本、さつま揚げとちくわのセット、中トロのサク2枚、葉山牛のステーキ肉2枚などを買い込んだ。

翌28日、さつま揚げ・ちくわを煮、大根半分を煮、白菜を漬けた。今年はたくあんの代わりに白菜漬に挑戦!?

29日はHが百合の花から生ハム、ゴルゴンゾーラチーズ、チーズクラッカー、菜の花の胡麻和え、小いわし佃煮、焼鳥、卵焼き、寿司、干し柿まで、大量の旨いものを持ってきてくれた。食事はやや食べ過ぎ・飲み過ぎ。

みなさま、よいお年を。 
                           TOPへ戻る