15-12-23(2015年 改題第 6号 通巻60号) 
◯大井和郎ピアノコンサート  松尾ホール 12/14
まず前半の曲名を上げてみよう。アレンスキーのカノンの形式による6つの小品より「同情」「憂愁」「ロマンス」、忘れられたリズムより「サッフォーの一節」、ポルトキエヴィッチの6つのプレリュードより「op13-1」、4つのピアノのための作品より「無言歌」「カプリチオポルカ」、悲しみと慰めより「悲しみ」「慰め」。

休憩後の演目は、カバレフスキーの24のプレリュードより「8、10、12、20」、フランツ・リストの「5つの小品より NO.2」、巡礼の年第3年より「エステ荘の噴水」、ヴェルディのオペラとライスクリプションより「アイーダ」。アンコール3曲。
(正直に言うと、全部チンプンカンプン)

アレンスキーの作品は短いものが多かった。ポルトキエヴィッチとカバレフスキーの曲はフォルティッシモ(最強音)が多く、しかもそれら高音のバランスがよく、ド迫力と言っていい華麗な演奏だった。酔った。

高音はあの大型スタインウエイの限界に近いのではないかとさえ思った。右端のほうの鍵盤を叩くと、短い鋼とフェルトとの摩擦による音で、あれがピアノの高音というものかと思った。きれいな高音だった。しかも、強いタッチだから、ピアノが壊れそうにも…。

リストが少なかった。アンコールでもお得意の「カンパネッラ」は弾かなかった。

私は大井和郎を日本一(大きく譲って日本有数)のリスト弾きだと思っている。函館のある教会で聴いた彼のカンパネッラはすごい、のひと言。CDは何枚か持っている。

今回は彼の「ミュージックカード」発売記念でもあり、ハイレゾという音源のカードをいただいた。「知られざるロシアのピアノ曲」と題され。その夜演奏されたアレンスキー、カバレフスキーやハチャトリアンなどの曲が聴かれるが、まだダウンロードしていない。

◯民芸公演「根岸庵律女―正岡子規の妹」  三越劇場   12/16
これも久しぶりの民芸。98年以来の再演で、奈良岡朋子は母親役(初演は律役―私は見なかった)。

芝居もいい。生の芝居はいいものだ。芝居は生に決まっているが!

瀧澤修や宇野重吉らの時代の民芸を見ていたが、今回の配役では奈良岡しか知らなかった。内容紹介は省略。

民芸と言えば―自慢がてら―思い出すのが、米倉斉加年演出の芝居に、函館の地元共演者の1人として舞台に立って台詞までしゃべったこと。全くのチョイ役だが記憶には残るもの…。

◯「つばき会」忘年会  人形町・はな青  12/19
7名参集。1年先輩1人、同期6人。魚料理のコース。突き出しから刺身、活牡蠣、焼き魚、煮魚など。最後は鮨。どれも生きがよく美味。全員完食―お店の人が驚いていた。

病気の話が多く、しかし、本人も含め、笑いながらの話だから救われる。病気を持っていても食べられればいいほう、ということで一致。たしかに、83才、82才が、みんな元気とはおめでたい。

母校の「60年誌」や現在も活躍中の編集長(巻頭エッセイ連載)の地域機関誌などが配られた。
中でも、68年も前の書道部の機関誌「書友」創刊号(1947年7月)には、その日の3名の名前と級位が掲載されていたし、物故者を含め3名の懐かしいメンバーも掲載されていた。

また、「栃商60年誌」には書道部、演劇部、速記部などの草創期メンバー(=その日の出席者)の思い出の記があり、私のエッセイ「群像瞥見」もあった。

それらの資料を送ってくれたのが前号で触れた書家・富田幽蒲(書壇院審査員)。
「書友」はいまも続いていて、現在94歳の新村先生も師範として活躍しているというからおどろき―ご立派。

互いにモ−ロク現象を披瀝し合い、その全部を賛成=同情し合い、大笑いのタネにするのも愉快。

高校報道部在京有志の忘年会だが、私の転居記念も兼ねたので、会費は割り引いてくれた。

◯「由比の会」忘年会  庄や・矢野口店  12/20
イッコちゃんのパリ旅行無事帰還祝いと私のマンション見学!? を兼ね、有志7人で忘年会。拙宅には椅子が5脚しかないので、立ったままの人も。で、お土産をいただいたあと直ぐ居酒屋へ。

バリはガラガラだったとか。なにしろ小説世界では、フランスは決選投票の末イスラーム政党の大統領が生れていて(「服従」ウェルベック)、いまや「世界秩序の混沌が現実のものとなってきた」くらいだから。
ついでに言えば、「消滅世界」(村田沙耶香)は「性欲をシステム化させ、妊娠も出産も性別に関係なく人工的に行い…人類はもはや性交の方法すら忘れ」「男女平等で皆が笑顔の楽園は、実に不気味で息苦しい」ということになっているらしい(文芸時評 毎日 12/21)。
また、「アフガニスタン、イラク、シリアなどの国家システムの破壊と内戦…難民の大量流出」を、ある国際政治学者は「世界内戦」と指摘し、ある評者は「第3次世界大戦の緩慢なる始まりかもしれない」といっている(12/20 朝日)。
「庄や」では楽しいおしゃべりが2時間以上続いた。2次会は歩いて3分の拙宅に戻り、今度は5人でまたおしゃべり宴会。

◯友家しづの源氏語り 下北沢・ピカイチ  12/22
7人参加。何となく!?聴講することになった。11/24に続く第3回のピカイチ講座は、帚木の巻の「雨夜の品定め」など。パワーポイントを使って絵図などを見せてもらう。また講師が衣装を替えて登場、いろいろお話を聞いた。最後はみんなで本文朗読。私は口がうまく動かなかったが、面白かった。
私は昔一度、いい加減に通読し、宿直室での女談義、軽い猥談ぐらいにしか思わなかったが、物語の中での意味はまた別。よく読まなくてはいけない―しかし、それがなかなか―。

下北沢へ行く前、稲城市中央図書館に寄り、返本3冊、借本4冊。これから正月にかけて読むつもり、だが…。

◯読者のお便り
お忙しくされているようですね。何処の土地に行ってもお友達がたくさんで良いですね。雪の画像が見られなくなって残念ですが、富士山がきれいになってきます。

映画「FOUJITA」の紹介は、その細部のニュアンスが伝わって来て鑑賞の深さに感じ入りました。[金子兜太&鶴見和子]の中で取り上げた鶴見氏の一句、「心地よく目覚めし朝おくりこし金子兜太の句に初笑い」には、ご両人交流の一端、および金子先生の飄逸の中に自然界と人界に煌めく一閃を捉える様子が表現されていて、印象深い紹介を頂きました。また「忍び足わが酒盗む夜寒かな」(南方熊楠)―こう詠む南方翁の凄みに驚くばかりです。

毎号内容の濃いお便りで、とても刺激を受けています。サイクリングで50分とは、いい距離でしょう。毎日の積み重ねの賜物で、若さを保っておられることがよく分かりました。「50分の運動」はすごいことです。
友人と2人ランチの充実振り、中身があるからでしょう。また(オペラ映画「タンホイザー」)の『4時間のフルタイム』もすごい、すごいという感じがします。今回もまた沢山のご教示をいただき感謝申し上げます。どうぞよいお年をお迎えください。

「…ヴァーチャル・リアリティ・シアターで、自在の遠近・アングルで観せてもらえたシスティーナ礼拝堂の壁画・天井画には驚嘆。自らの浮遊感が今でも体に残り続けております。

私が5年前、ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂で天井のほぼ中心に描かれた『アダムの創造』を観て思ったのは、神の周囲を囲んでいる袋状の形態は“脳”だという感覚で、同行の妻に、いささか興奮気味にそう語ったのでした。妻も『そういえばそう見える。すごい見方、すごい発見じゃない?』と語ったものです。ところがさきほど、ウィキペディアを開くと、なんと次のように書かれていたのです」。
(大要)1990年に
インディアの医博メッシュバーガーが、医学誌に『神の後ろの人物像と、さらにその背景に描かれている布の表現が、解剖学的に正確な脳に見える』と指摘し…この説は、同じく医博アプラーによって検証されている」と。
「この記述に触れるまで、ミケランジェロの気持ちを私たちだけで共有しているのかも知れないなどと、大それた思いを時々脳裡に浮かべ、僅か5年の間だけでも妄想し続けていたわけでした。ただ、このネット上の百科事典に触れての小さな満足は、一つは、5年前現場で見た時の自分の第一の感想が、そう荒唐無稽にズレたものではなかったことでしょうか」。

心太(ところてん)突いて飛び出す平和かな」。恥ずかしくも「心太」をところてんと読むことを、初めて知ることが出来ました。ルビ無しには読み得ませんでした。

相変わらず多彩な"たより"で、興味津々です。プラド美術館展、残念ながら全く縁がなくて、芸術の偉大さだけは何となく分かる、程度のレベルで恥ずかしい思いです。本号もまた沢山の内容に圧倒されました。いつもながらのご好意に感謝申し上げます。

◯知らなかった言葉―お粗末
@毎日の一面コラム「余禄」(12/13)に「減軽を嘆願した」とあったから「減刑」だろう、と思ったら「減軽」もあった。「自主減軽」とか「酌量減軽」などというらしい。知らなかった。

Aネトウヨは知っていたが、その「ネット右翼全般に理論武装を備給しているのは保守論壇だが…」とあり、「備給」を知らなかった(読書日記―上野千鶴子 12/17 毎日)。広辞苑によると「急用のための準備」。
忘却ではなく、生まれて以来の無知だった。

B「馬子にも衣装」を知らないおばあちゃんおじいちゃんが出てきたとか。「孫」にも…? どういう意味?
                              おわり
              TOPへ戻る