15-12-13(2015年 改題第 5号 通巻59号)  
東京住まいも早や2か月半、物珍しさからあちこち出掛け、そのことを書きちらしているが、間もなく落ち着くのではないか。札幌から特製コーヒーを送ってくれたガ・フレが「お忙しいのですね。一人静かにコーヒーを、と思ったのですが当てが外れました。お元気で安心しました」とのメールをくれた。まったくその通り。来年は(本でも読みながら)一人静かにコーヒーをと思っている。
年内のスケジュールは、14日大井和郎ピアノリサイタル、16日民芸、19日同窓会・20日由比の会の忘年会、22日源氏物語講義、24日朝飯会と友人との忘年会。


◯サイクリング
  12/7
1冊の本を読み上げ(村上春樹「職業としての小説家」)、この「たより」第4号を更新した一段落気分と、買い物のついでもあり、そして、おっくうがらない癖を保つためにも―なんてカッコをつけ―多摩川原橋から是政橋までの土手の両側を走った。約50分。すっきりした。

◯書壇院展 都美館  12/8 
悠鳳書会を主宰し、書壇院展の審査会員を務める富田幽蒲氏からお手紙をいただいた。
突然だがと断わりがあり、栃商高の同期だという。69年も前の1946年に入学し、学制改革により同じ学校に6年間学んだが、彼を思い出せない。同封されていた作品集に載っていた写真を見ても思い出せない。不思議のような、失礼な記憶だが、そういうこともある。

同期には書家がもう1人いる。広瀬文雄といい、彼は報道部同窓会「つばき会」のメンバーで、毎年会っていたが、癌以後は文通だけになった。広瀬君と富田君は卒業後も付き合いは続いたが、転勤などで次第に疎遠になったという。

同期の1人に大谷君がいる。彼と私はずっと、いまも、付き合っていて、彼の奥さんが書家・大谷清照であり、その関係で15、6年前から夫妻で富田幽蒲と付き合っている。

その大谷君が、最近私が「書」にも関心を持っていると伝えたので、展覧会の案内状を送ってくれた次第。

書展の名前を聞くのもはじめてだったが、毎日新聞によると、第82回のこの書壇院展は「長い伝統を誇る団体の古典を基礎にした確かな歩みが感じられる…」である(12/10夕刊)。           審査会員富田幽蒲氏の作品 →

いい書がたくさんあったが、彼のも分からない文字なので、鑑賞はできない。私は読めない書が苦手で、印象というか、感じだけで適当にたのしむ。
読める書もいろいろあったから、そちらを楽しんだ。書はいろいろ考えさせる―漠然としているが、いずれ機会をみて書見を、いや所見か。

◯印刷博物館見学と映像特別上映  12/9
「丸の内朝飯会」有志25人の見学会。
ヴァーチャル・リアリティ・シアターの大スクリーンで観る映像―自在に操れるアングルがすばらしかった。
特に「システィ―ナ礼拝堂」がよかった。私はこれまでに何回となく見ているが、あれほどの鮮明さで細部まで、角度まで見やすくして見られるとは…おどろきと喜び。
もう1本「ポンペイ―庭園の風景」を見せてもらえたのは、世話役の尽力による特別上映サービスだった。
 
        VRシアターのスクリーンの前=客席で

また、印刷関係の過去から現在に及ぶ内外の歴史的収蔵品の質・量も大したものだった(凸版印刷)。1時間余りでは時間不足だった。

私は別途見学したい気が出てきた。というのも、高校新聞部のときは活版印刷時代だったので、活字を一字一字拾う文選からの工程を知っている。この博物館の1画ではいまも―伝統継承の意味から―その仕事をしているのが見えて懐かしかった。

見学後、ビル内の立派なレストランで懇親会。メンバーの夫人らも参加し、女性10人は、なぜかうれしい数字!?  懇親会 →

◯プラド美術館展  12/10
故人だが、ある有名画家が私にポツンと漏らした言葉を憶えている。正確ではないが、
「日本人画家は敵わないですよ、あのエネルギー、あの執拗さ、あの細かさ、あのこってりさ…」

昔、私が1か月のパリ滞在中、十数回ルーブル美術館に通ったが、結局はフランドル派の部屋でもっとも多くの時間を割いたと言ったときの彼の返事だった。

一方、プラド美術館にはたった1日行っただけで、目的のゴヤ作品の一画が、選りによって改装中と貸出中とで、あまり見られなかったが、あそこでも上記発言のような絵を見たと言ってよい。
このプラド美術館展もその辺りの―漠然と言うが―作品が見応えあった。たとえば、ダーフィット・テニールス(2世)の「老人と手伝い女」とか、ピーテル・ブリューゲル(2世)の「バベルの塔の建設」(ウィーン美術史美術館にある高名な作品はピーテル・ブリューゲルで、2世ではない。念のため)にしても同じ感慨。ため息が出る。
   テニールス(2世)「老人と手伝い女」↑

ピーテル・ブリューゲル(2世)「バベルの塔の建設」→

(話はそれるが、この展覧会は「小品」展と断わったほうがよかったのではないか。小品であっても、いいものはいいのだから…ベラスケス、ルーベンス、ティントレットなどのほか、ゴヤも5点あった。「アルバとベアタ」もよかったなぁ)。

ま、そんなことを言ったらキリがない。また、日本中世の絵の中にも、なかなかの作品があると言わなくてはならないだろうが、私には触れるほどの知識はない。
何か言い足りないが、いい展覧会はそういうもの…?

◯三井家伝世の至宝展  12/10
お金のあるところにはいいモノが集ってくる。あとは目利き。いい目利きがいてどんどん買えば大きいものだってやってくる…。
国宝も重要文化財もゴロゴロある感じ(すべてが三井家蔵ではないが)。
「東福門院入内図屏風」は、江戸時代だが、下方の人物などが細かく生き生きと描かれていておもしろかった。定家の「熊野行幸記」(国宝)は、読めないのに感動した。能面はこちらの全身が吸い込まれそうな迫力(どれも重文)、円山応挙の「雪松図屏風」(国宝)は以前にもどこかで見たが、さすが。茶碗を選ぶとなれば私は、やや新しいが、仁清の明るい色のものか。大阪東洋陶磁美術館で何度も見ている「油滴天目」(国宝)が三井家の旧蔵品とは知らなかった。
スマホでこっそり撮った「六祖破経図」はガラス越しなのでコピーできない。独特な魅力を感じ、一番好きだったかもしれないのに、残念。

その日は奇しくも三井、三菱という旧財閥の美術館のハシゴとなった。呵々。

◯講演会  よみうりホール 12/11
タイトルは「太閤の妻―高台院『おね』が見つめた天下人の栄光と落日」=「北政所おねの果たした役割」田端泰子と「戦乱の中の女性たち」本郷和人の2つ。第73回「講座 歴史の歩き方」―日本を見つける知の探訪。
講座名称も講演タイトルも長いので字数をとったが、そうなっている。
初めて聞く講演会だった(講座を知った経緯などは省略)。

私としてはこのような講演であの大ホールがほぼ満員になるなんて考えられなかったが、東京には勉強好きな歴史に詳しい老男女がいっぱいいるものだと圧倒された。失礼。私にとってはハイレベルの講義。だが、面白かった。

あと、Hさんと有楽町の中華料理店「慶楽」―吉行淳之介や池上正太郎などが贔屓にしていた由―で看板まで飲み食い(少々)。ここはいい「書」のある古くからの店。

◯本の紹介は中止
読んだと言えるほど読んでいないが、その紹介も都合により中止します。冒頭に触れた「職業としての小説家」村上春樹と「長田弘全詩集」はどちらもいい本だった。良書。名著と言っていいので勧めたいが、簡単には紹介できない。 おわり

              TOPへ戻る