15-12-06(2015年 改題第 4号 通巻58号)    
 
      

       しづの源氏語り(画像拝借 )

◯聴講「しづの源氏語り」
 11/24 下北沢・ピカイチ
講師・友家しづ。氏は源氏の専門家で丸の内朝飯会のメンバーでもある。いろいろなところでいろいろな方法で精力的に「源氏物語」を講義・解説している。その1つ、「プチライヴ空間」「Reading cafe」などとある下北沢の「ピカイチ」で「源氏語り」を聴講した。

今回は「桐壷」の高麗人の観相のところ(3)
「『国の親となりて、帝王の上なき位に昇るべき相おはします人の、そなたにて見れば、乱れ憂ふることやあらむ。朝廷の重鎮となりて、天の下を輔くる方にて見れば、またその相違ふべし』と言ふ。」

また、源氏成人後の藤壺のところ(8)
「大人になりたまひて後は、ありしやうに御簾の内にも入れたまはず。御遊びの折々、琴笛の音に聞こえかよひ、ほのかなる御声を慰めにて、内裏住みのみ好ましうおぼえたまふ。五六日さぶらひたまひて、大殿に二三日など、絶え絶えにまかでたまへど、ただ今は幼き御ほどに、罪なく思しなして、いとなみかしづききこえたまふ。」などのプリントがあり、それを見ながら聞かせてもらった。

彼女はそれから衣装を整えて登場、またいろいろ話を聞かせてくれた。
おもしろかった。 

◯「春画展」  11/26 永青文庫 
盛況。いちいち解説文を読む人についていけず、離れて先回りしたりしたが、作品が小さいのでそこでまた横並びになってイライラせざるを得ず、ペースがつかめなかった。まじめというか、規則順守癖というか、自由さがない。熱心なだけ。また、人を入れ過ぎる。芸術展にまで儲け主義がはびこる国!? いや、予想不能だったほどの人気で捌き切れないせい。大々的な春画展が大人気とは、いいことではないか。

やはり本物はいい。写真しか知らなかったから新鮮味があった。芸術ではないかもしれないが、そんなことはどうでもいい。おもしろかった。楽しかった。それでいいと思った。それにしても春画とは…長くなるから止そう。
  
カタログは4千円。それでも買った。大英博物館のはその前にネットで買っていた。日本語版は27千円。豪華本と言えよう。この2冊を研究!?するには時間が必要のようである。

◯映画「ミケランジェロ・プロジェクト」  11/26  新宿ピカデリー
いまになってもこういう映画を制作するアメリカ。自国に都合いい映画だからか、と勘繰ってしまった。
厖大な芸術品をヒトラーに略奪されたパリ(フランス)に派遣されたにわか米軍人―美術の専門家たち―が、隠し場所を探し奪還する話。

2人の犠牲者を出したり、ソヴィエトも略奪を企て、危うく略奪されるという場面も挟まれ、また、パルチザン女性からは、奪還してアメリカに持って行くのではないかと疑われるが、ちゃんと持ち主に返したことを強調することも忘れない。

日本の軍隊の場合はどうだったろう。略奪はあったろうが、逆に奪還して持ち主に返却する作戦があったろうか。寡聞にして知らないが、発想自体が覚束ない感じ。そして、あれっ、また戦争を考えさせる時節が来ていたかと考えてしまった。

◯サイクリング  11/29
多摩川原橋から上流2つ目の是政橋まで走った。前回は1つ目の稲城大橋までだったが、次の橋まではけっこうある。是政橋を渡り、右岸の桜並木の下を快適に走った。約50分。これからはこのコースにしたいと思った。
         
◯緑内障で点眼薬スタート   12/1
視野検査。緑内障だが、軽いのでとりあえずは予防を兼ねて右目だけ目薬を使いましょうということになった。次回は2月。

◯友人と2人ランチ  12/2
日銀同期の親友が弁当持参で来てくれた。庭でとれたという柚子をたくさん持ってきてくれた。こちらが用意したのは到来物の鮎の姿煮などとかまぼこ、自分で作ったちくわと揚げ物の煮つけ、買い置きのサラミ、チーズなど。ビールと酒で昼からおしゃべり宴会。2時間余りはあっという間。夫人の体調がいまいちで、主夫をやっているからと、明るいうちに帰った。似たようなものだと2人で笑った。

◯金子兜太の受賞  12/3
「平和の俳句」などが第21回「平和・協同ジャーナリスト基金賞」の大賞を受賞した。
東京新聞の1面左上に金子兜太といとうせいこうが選んだ1句が連載されている俳句欄が好評で、来年も続けられることが決まっている。

お読みになっている方が多いと思うが、12月1日から6日の句を転載させてもらう。

  心太(ところてん)突いて飛び出す平和かな(12月6日)

  戦争をしちゃいけないなんて子どもでも分かるよ(12月5日)

  シベリアの兄に見せたき富有柿(12月4日)

  りんご切る解けないままの平和論(12月3日)

  はっきりと真実だけが冬の雨(12月2日)

  道端の猫爆睡の町が好き(12月1日)

◯オペラ映画「タンホイザー」ワーグナー  12/3 新宿ピカデリー
開幕早々「快楽の園」の情景というか、数十人の男女の濃厚な絡まりが、これでもかこれでもかと続いて、それだけでげんなり、とまでは言わないが、高級ストリップ劇場の高級バレエ風ダンス!?
それはホンの出だしで、それからが本筋の本番。

パバロッティ張りのテノール・ボータの美声に酔った。快楽の世界に誘惑するメゾソプラノも、純愛に生き、身代わりに死んでいくソプラノもいい歌い手だった。バリトンとバスも加わる歌合戦も聴きどころ。底流には篤いキリスト信仰もあった。

私は西洋かぶれで、これらの歌い手に日本人は体格のうえで敵わないと思ってしまう。発声も体力の差からだ。
一幕終るとインタビューがあり、それらに答える歌手の言葉が、役柄と自分についてのしっかりした考えをうかがわせた。その会話の早いテンポがまた見事だった。あのくらいのスピードでしゃべれたら…なんて思った。

2回休憩がある。その間は舞台を変える作業とか歌手以外の関係者インタビューなど映しっぱなしの、飽きさせないサービス。全部で4時間半のフィルム。堪能した。
次回はベルクの「ルル」、続いて「マノン・レスコー」「マダム・バタフライ」など。みんな見たくなった。映画としては高い3,600円。ロビーは入場前にもういっぱい。ほぼ満席だから東京は!?大したものだ。

◯楽劇「サロメ」R・シュトラウス N響定期公演 12/4 NHKホール
指揮・シャルル・デュトワ。演奏会形式。
今回は演目が独特だった。休憩なしでほぼ2時間。
デュトワの大振りの指揮は精力的で、観ていて疲れるほど。迫力があった。主役4人は外国人だったが、ま、仕方ないか。前日のタンホイザーでも感じたが、力の差は歴然…争う必要もないが。

N響の生はじつに久しぶり。いい音を聴かせてもらった。来年は年間会員になろうと欲を出している。

▷その日の午前中は病院と図書館へ行った。
心房細動は新しい処方箋の効果が出て落ち着いて来たらしい。投薬も32日分出て、次回通院は年明けの1月4日。図書館は借覧期限延長手続き。

◯仕切りカーテンの採寸  12/5
私の家は風当たりが強い。私のせいかもしれないが、建物の構造―V字型の2棟のつけ根に当たる―からして強いのではないか、とも。
日によって玄関ドアの隙間から音を立てて入ってくるので寒い。で、そこからトイレ、風呂場までの短い廊下に仕切りのカーテンを張ることにした。それでも寒ければドアを付けるというが、それほどのことはないと思う。

◯「世界」を読む
12月号をちょっと読んだ。タイトルだけ記録しておきたい。
「戦後民主主義の新たな地平」寺島実郎
「崩れゆく市場と国家の秩序からの解放」内山節
「シリア内戦の力学」黒木英充
「また大嘘が始まった―アベノミクスは破綻への道」金子勝
「虚像の民営化『ツタヤ図書館』」田井郁久雄
「沖縄・辺野古『公有水面埋立承認の取り消し』を考える」五十嵐敬喜

◯「童子」11月号受贈
俳句機関誌「童子」(主宰・辻桃子)の年間賞発表号をいただいた。
「丸の内朝飯会」の藤野靖也が桃天賞を受賞した。中から2句だけ紹介しよう。
 冬至湯の番台に銭並べけり
 横綱が自転車で来る秋日和
                               おわり
              TOPへ戻る