15-11-11(2015年 改題第 2号 通巻56号)  
     
     
          sunrise  ベランダから   2015-11-11

  今号は簡単日録(11/3〜11/11)と自己宣伝!

◯イェルク・デームス ピアノリサイタル
  11/3  サローネ・フォンタナ
高級住宅街の立ち並ぶ邸宅のひとつといっていいが、邸内はホール。天井が高い。小さいホールだが、1、2階とも満席。100人近いか。
イェルク・デームスさんは、チラシにウィーンの巨匠とある。日本ではあまり知られていないが、国際的に名声を博しているピアニスト。ご自身の持ち物というそこのピアノは、ウィーンの至宝と言われるベーゼンドルファー。

モーツアルトのソナタ k331から始まり、シューベルトのロンド、自作の変奏曲・ひまわり、そしてシューマンの幻想曲。

1929年生まれの86歳。最初のモーツアルトは、あれっ、と思ったが、だんだんよくなってきた(私にはよく分からないがトルコ行進曲の辺りは独特の演奏ぶり)。ロンドではすっかり慣れて調子が上がり、最後の幻想曲は圧巻だった。見事な演奏だった。満ち足りた。満喫とはこういうことかと思った。人柄にも好感が持てた。近くで生の音を聴く良さ。私は贅沢と言ってしまう。

サローネ・フォンタナは田中真知子さんが去年2月にCD録音したホールで、小野先生も見えた(世話役の1人)。

帰途、成城学園大学祭を見物。舞台で大勢が跳んだり跳ねたり歌ったりしていた。
成城石井でステーキ肉やサラミ、チーズを買った。

◯黒松  11/4
ホームセンターで血圧計を買ったあと、ふと、針金をかけた小さい黒松を2本買ってみた。盆栽の真似事でもやってみようと。何も知らないゼロからの出発。
プラスチックの鉢と受け皿と小さいスコップと肥料を買い、ベランダの組み立て棚に載せ水をやった。
盆栽という言葉に凡才が重なった。「凡人凡生」が私の人生。

◯丸の内朝飯会と「食と酒 in 日本橋」 11/5
10/29の例会は寝過ごしたから、目覚しが鳴ったらすぐ起きることにした。
小倉光雄さんの「日中韓の歴史認識のポイント」を聴いた。行き届いていて厖大な資料を上手に使って説明した。聴き応えのあるスピーチだった。

私も少しは考えるが、いわゆる現実論には組みしない書生論。国と国との従来の戦争論をはみ出した「現実」を見ているつもり。「ナショナリズム」にも古い臭いをかいでしまう。主に大国が、市民を巻き込んだ終わらない戦争を続けている気がする。

江戸桜通り地下歩道というところで北海道大沼の高瀬さんが表題のイベントに出品しているので会いに行った。日本橋三越本店に直通している新しい通り。
まだ開店前だったので時間をつぶしてまた会いに行き、鰊の甘露煮、焼きほたて、さきいか黒胡椒を買った。みな旨い。

その間に高島屋でツイードのジャケットを買った。手が短いので袖を詰め、12日に出来上がる。定年退職後、背広も何も一切作らなかったので着るものがない―あっても古物ばかり―なので20数年ぶりの新調となろうか。

◯ホルター心電図と血圧計  11/6
心房細動と下肢静脈瘤を持っているので、10/27、函館・関口内科の紹介状を持って稲城市立病院循環器内科を受診した。丁寧に診てくれたうえ、ホルター心電図を装着することになったのでその日が2度目の受診。
初回の問診の際、血液サラサラ薬のほか、降圧剤も服用していると言ったら、家で血圧を測っているかと訊かれた。私はいままで、高血圧だから降圧剤を飲んでいるとは考えなかった。遅まきながらハタ!?と気付かされ、上述のように、血圧計を買って毎日測るようになった。
家庭用血圧計というのかただ血圧計と言えばいいのかも知らないのだが、近くのホームセンターで、いろいろ試しながら選んだ。買ってからネットで調べたら5割も高い値段だった。
ついでに言えば、ハンドクリーナーもほぼ5割高かった。売場で実物を試してからネットで買うのが賢い方法と知った。

◯紅葉狩り―もの忘れともの覚え
紅・黄葉の仕組みは毎年その時季がくると新聞に解説が出るようだ。そして毎年、その仕組みを忘れているので読み直す。それなのにそれをまたすぐ忘れるにちがいない。その繰り返し。そういうことだ。

病院の近くに城山公園があり、色づき始めている。そこは図書館も温泉も近いので、今年の紅葉は本と露天風呂と共に楽しめそう。どれを先にしようかなんて考えている。

◯村上春樹「風の歌を聴け」  11/8
上に「そういうことだ」と書いたが、それは村上春樹の「風の歌を聴け」に出てくる言葉。単行本で、1ページの9行目に出てくる。ほかに「そういったものなのだ」p6、「(芸術とは)そういったものだ」p11が出て来るし、「いつものことだ」p13、「そういうことさ」p16、「そのとおりだった」p17などと頻出する。そういう本だ。

脈絡はないが、私は太宰治初期の「晩年」を思った。どこか共通するものを感じた。そしてなぜか新作「職業としての小説家」を買った。

◯友人の論文と「春樹・小説論ノート」
友人の文学研究論文を読んだ。
ひとつは「『女のいない男たち』「木野」を読む―村上春樹・小説論ノート1―」。
ふたつは「『新体詩抄』による日本の「詩」の本流形成―明治期における「文学の形成過程をめぐる国民国家論(12)―」」。前者はともかく後者はタイトルからして固い。

著者大本達也の長期の論文―上記「…国民国家論」の(2)は、「「英文学」研究者としての漱石・夏目金之助」、(3)は「日露戦争後の鴎外・森林太郎における「国家」と「文学」」、(7)は「日本における「詩の源流としての「唱歌」の成立」などであり、私にも興味あるテーマ。
氏にはほかに「『英語文学』論序説」「英語論説に見る内村鑑三の戦争観」また「キリスト教徒としての矢内原忠雄の戦争観(1〜5)」その他がある。
いずれも、いわゆる固い論稿なので、ここでは春樹の「木野」についての論を紹介しよう。

大本さんとはもう―記憶曖昧―30年近くのお付き合い、といっても、私は送られて来る論文を読んだり読まなかったりするだけだが、彼は着実に研究を重ねている。専攻は「日本近代思想」とでもまとめられようか。幅の広い気鋭の学者と言おうか。

春樹論は氏が京都外国語大学・留学生別科で留学生に教えている「日本の文学」で取り上げた春樹の小説についての「教員の読み」だという。学生の要求に応えたノートという断わりがある。

今回のこの「…春樹・小説論ノート」には、対象の小説「木野」のコピーが添えられていたので、買わずに読めた。おもしろかった。

さて、「はじめに」にこうある。「本稿では、カミタとは誰か、なぜ木野は旅立つのか、ノックするのは何かという観点への考察を通し,木野に内在する3つの無意識の葛藤がこの物語を動かしていることを明らかにしていく」として、
1、誰にとっても(、、、、、、)居心地の良い場所

2、静かな雨の降る夜に
3、こんこん、こんこん(、、、、 、、、、)、そしてまたこんこん(、、、、)

4、正しからざることをしないでいる(、、、、、、)だけでは足りない

と進む。

「(木野が経営するバーの客の1人)カミタは木野の無意識が作りだした幻影」と、こうはっきり言ってもらうと、そうか、なるほどとよく分かる。

第2の無意識については「(雨の夜の女と性的関係を結び再会を望むのは)木野の中に『喪失・死』への衝動という第2の無意識がその鎌首をもたげたことを意味する」。また「蛇はカミタ同様木野の無意識が生み出した幻想なのである」という。なるほど。

そして、「(木野が抱える問題は他者への無関心だが)他者との『つながり』の重要性を木野は無意識において認識してもいる…ただ、この期の木野にはこの第3の無意識の声は届かない。それが認識されるのは、ノックの音という『喪失・死』への誘惑に耐える中においてである」。ここは一寸ややこしいが…。

3つの無意識はこのように開陳されるが、著者は多くの作品から共通するキーワードを紹介・分析しながら進めていく。
柳―安らぎ・人を眠らせる存在、雨―喪失・死、蛇―両義性・人を導く存在などと鮮やかに解明していく。

山ほどあろう春樹論を私は読んでいないが、共同通信・小山鉄郎の長大な論評だけは拾い読みしたことがある。

読んだ作品も少ない。順に「1Q84」「ノルウェイの森」「海辺のカフカ」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」「羊をめぐる冒険」「ねじまき鳥クロニクル」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「ダンス・ダンス・ダンス」と今回の「木野」だけ。

私は、春樹を「エンターテイメント作家、それも一流の」のひと言で済ましている。ともかくおもしろく読める。少・青年のころのワクワクドキドキ、途中で止められない痛快・冒険、そして怪奇!?な小説群を思い出させ、読書経験を甦えらせてくれる懐かしさもある。
しかし、そろそろ彼から離れるかもしれない。「1Q84」を凌ぐ長編小説なら飛びつくかもしれないが、短篇はもの足りない。「職業としての小説家」を読んだら考えが変わるかもしれないとの期待もあって、矛盾した気持ち。

◯中村一枝さんの論究  11/9
「函館靖和女学校の軌跡―1889(明治22)年−1907(明治40)年」(女性史研究ほっかいどう 第5号 2015/9 札幌女性史研究会)を贈ってもらった。
彼女は毎号論文を発表し、何冊もの単行本も出版している学究。これから読ませていただく。

◯拙宅見学・遊びの来客2人  11/9
日銀同期と一年先輩の2人が遊びに来てくれた。82才と81才。60年の付き合い(お互いに転勤で離れた時期が多いが)。
11時、買物車を曳いて駅に出迎え、近くのスーパーで刺身と鮨を買い、家でチーズとサラミとセロリを皿に盛り、昼からビールと酒で―和洋同時の飲食物をものともせず―私の言うおしゃべり宴会。3時半まで。話しは尽きないので、毎月やろうとなった。
彼らは外の景色を眺め、ベランダの黒松も見、本棚などを眺め、ダイニングのテーブルから外までを見渡し、ま、いいじゃないか…。

◯到来物と手続き        11/10
もぎたての柿とあけぼのの煎餅をいただいた。高校の1年先輩が毎年自ら木に登ってもぐというが、去年辺りからふらふらして危なくなったと言っていた。そりゃそうですよ、気を付けてくださいと言っておいたが、今年はどうだったのか―まだ訊いていないが、立派な柿。1人では食べきれないのでお裾分けしている。ありがたい先輩である。

ついでにここに書くと、数日前には北海道の友人から「たらこ」を送ってもらった。鹿部の道場水産のが旨いと私がどこかに書いたのを憶えていてくれたらしい。

マンション管理費、ガス・水道、後期高齢者保険料の自動払込手続きが済み、これで全部終わったと思う(電気、電話、スーパー・いなげや、朝日新聞はクレジットカード支払いとした。あ、毎日新聞の購読料が残っていた。まだ終わっていなかった。

◯同期の友を訪問  11/11
高校同期の親友宅に行った。療養中というが元気だった。バス停まで出迎えてくれた。
この日も私だけ昼からビール。

書家真紗子夫人と3人で大いにおしゃべり。3時間はアッという間。
娘さんがお孫さんを連れて顔を見せてくれた。

三鷹市中原だが、南武線矢野口の隣りの稲田堤で降り、300メートル歩くが、京王線に乗り換えつつじヶ丘まで行けばいい―そこからタクシーで千円の距離。バスもある―から近いほう。今回はガ・フレの車にのせてもらい、府中法務局に寄ってから近くまで送ってもらったので、帰りに初めてのコースで帰宅した。

    +++++   +++++   +++++   +++++   +++++

◯自己宣伝 失礼!

市原さんから丸の内朝飯会有志の引越歓迎会の写真を送ってもらったのでここに掲載させていただく。加えて、古いが、新聞掲載記事も同封されていたので併載した。自分の宣伝のようになってしまい、済みません。
         7丁目ライオン2階 バックは銀座の夜景 10/23 
        
    美女と黒ビールとは…サイコー        ああ、この顔… 
  

              古いことですが… 
    おわり
                TOPへ戻る