15-10-30(2015年 改題第 1号 通巻55号)   
◯東京暮らし始まる
10月2日に荷物が着いた。片付けにほぼ1か月かかった。まだ終わったとは言えないが、そういう中で、暮らしは始まった。変わったような、変わらないような…。

まずは金子兜太氏からいただいたお葉書を紹介したい…どうぞ、読んでください。


氏の造った「定住漂泊」は有名な言葉。それにかけて「貴公はそんな月並みを越えて、旅先即定住…」と言い、「貴公の〈漂泊者〉の表情が〈美〉、行動が〈遊〉…」。

なんという言葉だろう。冷や汗とともに奥のほうからジーンと来る充溢の気。なんとありがたい言葉だろう。

私の憧れであり希望である生の姿が一瞬で切り取られ彫り込まれた。美と遊。遊は自由でもあろうか。いつものようにいっぱいに書かれた葉書が輝き、まぶしい。身に余るとはこのこと。

「ぶらりおいでを」とはまたありがたい、うれしい。(婦人公論…は11月号の氏のエッセイを私が読んだことを指している)

§改題
さて、私は函館から東京・稲城市へ引っ越してきた。この「多摩・稲城だより」第1号はリフォームしたマンションで書いている。

歩いて10分ほどで多摩川の河原に出ることができる。ここは多摩地区とも言われるので「美原だより」に代え「多摩・稲城だより」とした。

§見晴らし

意外に見晴らしがいい。南南東に並んだ6畳2室のガラス戸から、案外遠くまで見渡せる。もちろんビルが邪魔をするが、空が広く感じられる。十三夜の月がよく見えた。
右前方に多摩丘陵が低く連なり、その西寄りの高みに「よみうりランド」の観覧車が向きを変えて2つ見える。山はまだ緑が濃い。左は南武線の電車が走っているが、高架の駅舎に遮られる。

ベランダは函館の団地より広い。直下が小公園になっていて、マンションに沿った木々の枝が私の4階に迫っている。遠くにも近くにも緑がある、と言いたいが、本格的な緑とは言えない。午前も午後も、幼子や小学生の声が上がってくる。珍しいので気持ちが高ぶる。早朝、鳥の声を聞くと快く、気が締まるような―。

前方に「いなげや」の看板が見える。日用品は大体揃っていて便利。歩いて2分か。その左横に見える矢野口駅までは歩いて3分。

東京はまだ暖かい。
陽の当たる床板は熱くて立っていられないほど。ウソみたい。

§リフォーム
リフォームは和製英語と教えてもらったが、それでも使っている。古くて狭いマンションだが、ほぼ全体を新しくした。知らない新式のあれこれ。風呂もトイレも洗面台もキッチンセットも、小型の安物かもしれないが新式。どれも私にとっては「よくできている」。洗濯機も妹が遺していった全自動で、初めてのもの(函館は2槽式)。
照明はすべてLED。ダイニングはダウンライトとペンダントライト。

大工さんに、机の上に3段の棚、机の横に(L字型に)CD・MDを入れる箱を作ってもらった。ベッドルームの物入れを拡張し、一応「クローゼット」風に直してもらった。また、2室の窓側の壁を60センチ開け、行ったり来たりできるようにした。バリアフリーのフローリングで、畳はない。書斎とダイニングは床暖にした。
カーテンを新調し、引き出し付ベッドフレームをタンス代わりにし、ほかに電子レンジ・炊飯器・トースター3種を収める食器棚、調理用キャスター付きワゴン、A4叛用本棚などを買った。

家の中を移動するとは、くねくね曲がって歩くことである。
ベッドルームには本棚と籐椅子が2脚ある。書斎には机のほか、書棚とCDの箱と椅子3脚がある。ダイニングには丸テーブルのほか食器棚と冷蔵庫とワゴンがある。どこもまともにまっすぐ進むのは不可能。
転んだら必ずどこかに頭をぶつける。体を伸ばせる空間はベッドしかない。ヤバイ―意味は今はちがうらしいが―危うい。緊急連絡用に家の中でも肌身離さずケータイを持っていたほうがいい!

    +++++    +++++    +++++    +++++

以下は、とりあえずいくつかの写真を掲載します。
50日間に近いごぶさたは引っ越しの片付け―各種手続きを含め―とこのブログの調整のためでした。

本読みは「いないも同然だった男」(パトリス・ルコント)から再開!?―題名が気に入って買った。私のことを言っているようで面白いかな、と。

    +++++    +++++    +++++    +++++

◯リヤドロをいただく
Hさんから引っ越し祝いにいただき、別の「踊る少女」2体は、ずっと預かるという形でいただいた。2体の写真は彼女が撮ったもの。
ヨーロッパの女性観の一端とでも言おうか。それらからいろいろなことを想像するのが楽しい。
     

置き場所は、後ろを見るといるという形にして、書棚の1画にした。向きはそのときどきで変える。                            
     

◯引っ越し荷物到着の夜と翌朝 10/2、3
左はお手伝いの2人と大工さんとで「ご苦労さん」と飲んだ夜。初の仮寝の夜。私だけが写っている! 撮影:Hさん
右は翌朝のベランダからの眺め。遠景左はよみうりランドの観覧車、手前は直下の小公園の樹。 撮影:阿部
   

◯「丸の内朝飯会」有志の歓迎会  10/23
会場は吉田幹事(前列右端)が私の好きな銀座7丁目ライオンに設定してくださった(毎年2月もここ)。
氏のメールは英語で「阿部内閣」だった。構図は似ているが…。
       
 
       美女の手が肩にあり、うっとりして目をつぶってしまった ↑

追記
§28日は府中の法務局に行き相続不動産所有権移転の登記申請。弟が揃えてくれた厖大な資料・申請書等々がパスし、11/6に登記完了へ。

ホッとしたのでM子の車で府中伊勢丹でステーキ肉などを奮発買いし、韓国料理でランチ。ついでに南多摩駅に近い温泉「季乃彩」(トキノイロドリ。源泉かけ流し。寺山心一翁氏紹介)に入ってきた。道路を隔てた向かいは図書館。なかなかにいい。

§29日の「丸の内朝飯会」は寝過ごして欠席。

ようやくホームページの調整が終わり、旧サイトの記事も読めるようになった。
これからはリニューアルした新サイトでお付き合いねがうことになる。

パソコンサポーター大野篤史さん―大沼在住―がきれいに直してくださった。最後は電話で教えてもらいながらの遠隔操作。
私のようなシロウトに付き合って面倒な作業を2度も引き受けてくださったことに、ここで感謝の意を表する次第です。(私の調整はこれから)
                             おわり

               TOPへ戻る