12-10-23(2012年 第76号)
○引越し準備 その後                                
ややごぶさたです。前回更新した13日、マンションに戻る夜道で、自転車で転んでしまい、怪我をした。たいしたことはないが、数日後、右手首の裏表、左ひじ、左膝、左向こう脛などが痛くなった。一番の被害はメガネのフレームが歪み、右のレンズに傷がついたこと。メガネ屋さんが、相当な力がかかりましたね、フレームの曲がり方とレンズのこの深い傷は、といった。
鼻血はたいしたことなく、手首も骨には異常なく、擦り傷も1週間で殆ど収まった。医者も薬もなし。その間にモノの整理と荷造りは、まぁ、順調に進んだ―と思っている。

21日、パソコン部屋はきれいさっぱり、何もなくなり、掃除も済ませた。荷造りした荷物を引越し当日トラックに積み込むばかり。みなさんのおかげである、ホントにほんと。

田中夫妻は、何回も来てくれ、ダンボールの空き箱は買わずに済んだ。
はじめに、とにかく全部引き取ってくれるといってくれてホッとした。そのとおりだった。
また、マンションに一時的に移すこととしたミニコンポ、パソコン、プリンタ、ファックス、その他のこまごました品、それにゴミ―今月もう収集してくれない生ゴミ以外の分別ゴミの全部―をトラックでマンションまで運んでくれた。
しかも、逆にというか、ベッドをくださるということになり、それも運んできてくれた。

その前に、佐野さんが不要の本を、本棚・本箱計7個ごと全部引き取ってくれ、その上、茶箪笥からスーツケース2個、リュック、水撒きホースから座布団まで持って行ってくれた。

椅子2脚と台所および上下の部屋の蛍光灯は、岸本さんがはずして持っていくことになった。
じゅうたん3枚のうち1枚は岸本さんが、2枚は近くの知り合いが、冷蔵庫もAハウス最後の夕方!?になって、近所の人が話しをつないでくれたら引き取る人が現われ、その場から運び去った。入っていたビールを2本つけた。

明細を列挙する必要などないが、ゼロからの借家住まいで、どのような物が揃ったか=増えたか、いただいたか、思いつくまま並べてみる。
寝具=布団・毛布・タオルケット・シーツから、衣類各種・座布団10枚などは久慈のガ・フレからどっさり送ってもらった。
大きいテーブルと大型本箱と表札は今野さんに作ってもらった。
2階のメイン本棚(自由組み立て)は田中一穂さんの労作。これは函館でもメインの、いや、唯一の本棚になる。
茶箪笥・椅子・縁台などは、レストラン・バルトの修君からもらった。4脚の椅子のほか、もう1組4脚の椅子は成子ちゃんからもらった。
大型ストーブは美知子さんからもらった。その煙筒は今野さんが巧みに室内に張り巡らせてくれた。彼はまた壊れた階段一段を取り替えてもくれた。
書き漏らしが多々あろうが、ざっとこんな具合。
ほとんどがただでもらった物なので、当然ながらただで上げた=処分してもらった。
田中さん夫妻が引き取ってくれたのは、したがって、寝具、テーブル、今野本箱1個、椅子6脚、籐椅子、縁台、ストーブ大小3台、湯沸かし器、ガステーブル、灯油ポリタンク5個―外の灯油タンクも空に―など。

ところで、では函館に持っていく荷物とはなんだ。Aハウスでの整理・荷造りというのは、若干の本とパソコンからコピーした文書、とでもいおうか、ホームページのコピー、つまり大沼通信、リブリのまとめ、儚儚老随筆など。そして多分、役に立たない資料、主として新聞切抜き、というのだから呆れた。CDとMDで、まぁ、200枚ほどはあろうか。アルバムは未整理のまま引越し。
大小のダンボール箱で大体30箱。これは少ないほうだろう。
シンプルライフを心がけ、物は買わない・増やさない主義でやってきてこの程度。どうしても増えるのは安い本、といったところだったか。

先のことは余り考えない。函館市の暮しは出たとこ次第!?  本は図書館を利用しよう。物はどんどん捨てていこう。

大沼暮しについては別の機会に書きたい。大沼と駒ケ岳の素敵なところに、1998年から14年。65歳から79歳まで。
先輩友人らとの付き合いは続き、地域の人たちに護られ、多くの方に新たに付き合ってもらい、癌が治り―温泉が…、しかもビールを飲み、日々是好日といっていい、好きなことをしてストレスほぼゼロの、しかし、何も生まない、(貧しい)年金生活だったが。
22日、電話をマンションに移し、10日弱だが、パソコン―大沼通信やメール―は、ここでやることになった。引越しは30日。いまはマンションにある衣類・身の回り品・台所用品やその他ガラクタを整理・荷造り中。
電話はもう1度移設するが、こんどは電話番号が変るので別途お知らせの予定。

○無題
ところで、それにしても、いまの日本の政局のつまらないこと。ま、つまる、つまらないの問題ではないが、国力と政治力の衰退(道新の連載特集のタイトルは「限界にっぽん」)は、政治家には見えないが、市民・庶民・凡人・貧乏人にはよく見える状態がいま。政治家がバカに見えるのがいま―急速に悪くなる一方の首脳陣とかいう輩のひどい面が並んでいて壮観。
で、政治のことにケチをつけなくていい、引越し前の僅かな時間を利用して、ちょっと先の「この世」の計画に思いを馳せ、想像遊びを一つ。

アマゾン川に橋を架けた話(朝日日曜版10/22)とサハリンと大陸間に橋をかける話(道新10/22)。
新聞を読んで、やっぱりそういう方向なんだ、経済というのか、資本主義というのか、あるいは「この世」は、と思った。つくるんですなぁ、モノを、カネをかけて。

一方に、人間がカネをかけてつくった大モノの一つ原発の廃炉の仕事が40年とか50年とか、核廃棄物の処理は万年単位とかでありながら捨て場所が決まらないこと。あるいは、北海道新幹線の開通は23年後(だったか)―私は出来ないと思うが―である。笑い話みたい。
も一つ、ここでヘンな話になるが、先々といっても、日本国の(真の)独立となると、もっと先の先になる恐れがあるから、想像遊びも、ことここに至ってがっかり・がっくり、はいそれまで。

領土問題に私は関心がないが、沖縄の基地問題には関心がある。「憲法改正(悪)」とでっかく出る派閥!?は「日米地位協定」の改正は唱えないようだ。日本はまだまだずっと属国だろう。日本国の歴史の長い恥である。この想像はつらい。「私たち」が動かさなくてはならない課題だから。

「方丈記」は身辺にモノのない生活、考える日常であり、またその間の大災害記録文学でもある。800年前のこと。
堀田善衛は「方丈記私記」で敗戦直後の巷のこと、ひとつには焼け野原にピカピカの靴を履いてやってきた天皇の視察のこと、それを拝んで「済みません」と地に頭をつけた地元の人間を描いた。
地震・津波と原発大災害。先の長い放射能禍。政府と東電(どちらも謝らない・責任を取らない)。与党と野党(どちらも政治屋)。ジャーナリズム(大方の大新聞)の相も変らぬ無変化・大勢追随・右顧左眄癖。
寸暇を惜しんで!?またもや政治屋のケチつけになったか。ああ、つまらない。間もなく引越し…。
                                         おわり

                         大沼通信 12-10-13へ