12-10-13(2012年 第75号)
 「…下書きをせず一気に気合で書き上げ」たという大作「鶴寿千歳」
      
                             大作の前に本人に立ってもらった。
○山岸桂華「桂墨会」 第10回作品展―函館市芸術ホールギャラリー 10/13
このホームーページに度々登場してもらっている桂華さんの、今回は教室展。代表として3点出品のうちの1点を見ていただく。
新聞によれば5教室の100点以上の展示である(道新10/12夕刊)
お弟子さんたちの作品をひと言で言えば、逡巡せず、勢いよく、大胆に…それはすなわち、イメージをたっぷり膨らませ、熱いうちにすべてを、ではなかろうか。彼女の指導のよろしさが分かる。
また、書を入れる書画だから、もう一つ工夫を要する。緊張感が高まる。うまくいくといい味が出る。
何も分からないのに十分楽しめた。
                                        

     
                          お弟子さんの作品  2点だけ

        
             小沼の雲 車中から  2012-10-13 

                           大沼通信 12-10-11へ