12-10-11(2012年 第74号)
○妖しい雲
はじめて見る異様な雲。北方の灰色の雲の中を茶色の細い雲が長く横に荒々しく走っていて、まるで龍。見ようで2匹。下に向かえばすなわち龍巻。そんな風に思わせる妖しい雲。
間もなく激しい雨。そして雷。午後4時半。ふと見ると遥か南方の山沿いに僅かに青空と白雲。えっ。
家の前の未舗装道路にはすぐ、茶色の水溜りが点々とでき、原っぱの端の流れない側溝も溢れそうになり、茶色の細い水の線と化した。
全景は、あかくらい―明るくて暗い。
天の怒りか人工モノの細工・化合の果てか。トタン屋根の音は私を脅かす。
ところが、30分もすると北の空も晴れて、きれいな色に―。ただし、カラスが意味あり気。↑

○大沼で昼食会  女房の温泉仲間が大沼に来てくれた。それとない送別会だったかも知れない。「源五郎」でそれぞれ鰻や鯉を食べ、私はビールも飲んだ。あと、「三軒茶屋」に行き、コーヒーとケーキ。そして駒ケ岳をバックに写真。中央が阿部静枝 →

○引っ越し準備で発見
いよいよ資料の整理に入った。途端にスピードダウン。手紙と写真がいけない。見たり読んだりしないように心がけるが、捨てるか捨てないかを決めるためには、どうしても見たり読んだり…。

金子兜太の手紙、クリスマスカード、葉書などが出てきた。行方不明だったが、癌で入退院や療養していた時期の来信が一括されていて、その中にあった。それらはすべて今年2月につくったパンフ「金子兜太 日銀時代の思い出」の補遺として、いずれ掲載させてもらおうと思う。
そのときは、そのパンフの感想を書いてくれた仙台在住の俳人・渡部陽子の手紙も同時に載せたいと思っている。
彼女は、所属する金子兜太の「海程」の「同人年間賞」を受賞し、そのあと特別作品20句が掲載されたが、タイトルは「東日本大震災」。その「ことば」に、母上との避難、低体温なので添い寝したことなどが書かれている。

ついでに、と言っては失礼だが、放浪の詩人などと言われた高木護氏からいただいた葉書も出てきた。かつて「大沼通信」を読んでは丁寧なコメントを書いてくれていた。
氏は朝日新聞に連載された「ニッポン人脈記」「現代の漂泊」の2回目でも取り上げられていた。タイトルは「死ぬ時はアッカンベー 捨て鉢詩人 俗を刺す」。
一緒に焼酎を飲もうといっていたが実現しなかった。
因みに、第1回が金子兜太で、「出世を拒絶 さすらう心」。
○仙台在住の画家・中屋雅義さんの絵はがきから
個展の案内状と雑誌「りらく」と一緒に送ってもらった。左はその7集目の絵はがきの中の1枚。
私は氏に、光をつかまえたのではないかと書き送った。明るい街の陽ざしと影と空気。
地震・津波のあとの被災地の光景と絵を描く態度の葛藤などは個展開催のあいさつの中に気持を絞るように書かれている―「気力をかき集めながらですが、何とか作品展にこぎつけました」と。

                                         おわり

                         大沼通信12-10-03へ