12-10-03(2012年 第73号)
○秋  10/2
16夜が「いざよい」とは知っていたが、17夜のことを「立ち待ち」とは知らなかった。今年は中秋が30日だったから10月2日は17夜と思ったら、ちがった。
連れて行ってもらった温泉の帰りに月見橋を渡ろうとして、ふと見ると赤黄色の月、十六夜の大きな月が湖面に金の道をつけていた。キラキラ光る道はこちらに向かってきた。きれいだった。カメラがなかったので、せいぜい脳裏に焼き付けた。

○ハート型の1果
いただいて食べたのは晩夏というべきだったか。
ニューピオーネというのだろうか。大きくてしかも種なし。1つだけハート型の果があったので、なんとなくスダチと一緒に…。

○成城石井
評判の食料品スーパー。私は何も知らないが、いただいたものをいろいろ食べた限り、みんな高級で旨い。明治屋とか紀伊国屋の輸入品も高級品が多いが、いまはここが評判のよう。成城というだけでいいイメージがつくられることもブラスか。ご馳走になりながら片田舎で要らぬ想像。

○引っ越し準備
どうやら函館に転居することになりそう。90歳になる女房が長女夫婦の世話になるため横浜市に移ることになった(私は朦朧体=もう老体)。で、彼女が住んでいたその公団住宅に私が入るわけ。大沼の棟割長屋のパソコン部屋は引き払い、ワンルームマンションには荷物を少し残し置き、暮らしは函館市美原4丁目ということになる。
考えれば、市長はじめ大間原発に反対する勢力がたくさんいる函館だった。また、日本のハイネになってもらいたかった!? 啄木―いまと似ている時代に「時代閉塞の現状』を書いた―とも縁のある函館だった。
その引き払いと引っ越し準備をぼつぼつ始めたところ。早ければ今月末にも引っ越し。大仕事なのでどうなることやら。

○SAYONARA GENPATSU DÜSSELDORF 8-25-2012
読者から、ドイツ・デュッセルドルフのさよなら原発デモの映像が送られてきた。
1ヵ月余り前のものだが、ご覧ください。私は元気が出た。

福島健康調査:「秘密会」で見解すり合わせ   毎日新聞 2012年10月03日
もう1人、読者から毎日新聞記事が送られてきた。堤未果の「政府は必ず嘘をつく」を思った。その地方自治体版、いや、一体版というべきか。簡単に紹介する。

「東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が実施中の県民健康管理調査について専門家が議論する検討委員会を巡り、県が委員らを事前に集め秘密裏に「準備会」を開いていたことが分かった。準備会では調査結果に対する見解をすり合わせ「がん発生と原発事故に因果関係はない」ことなどを共通認識とした上で、本会合の検討委でのやりとりを事前に打ち合わせていた。出席者には準備会の存在を外部に漏らさぬよう口止めもしていた。 県は、検討委での混乱を避け県民に不安を与えないためだったとしているが、毎日新聞の取材に不適切さを認め、今後開催しない方針を示した」(以下略)。

○矛盾  10/3
今日の新聞に「矛盾」が4箇所あった(見つけた)。ま、3か所は田中真紀子新大臣の発言に関係するが、対象はいずれも「原発ゼロ」のインチキだから、重大で放置できないはず。しかし、大間原発建設工事再開を他人事のようにしている政府だから、矛盾を抱えた知らん顔というお面相で通すだろう―ひとコママンガは「この内閣は矛盾だ」となっている―。
総理大臣ともあろう人が、突然政権を投げ出したり、ある総理は「…基地は最低でも県外」とか言って去ったり、そしていまの首相は「矛盾にも知らん顔」で間もなく敗れ去るらしかったり、それに代わって投げ出し首相がまたぞろ(まさかねぇ)とは、一体全体政治とは、総理大臣とは…そして「選挙」とは…(絶句)。
道新の「卓上四季」には「この国には百鬼が横行…」とあった。(道新・朝日の記事内容は省略)

しかし、こんな調子で何かを追っかけても、きりなく意味なく効きもない、と知りつつ…。

大雨の10月3日は寒いくらい―ストーブが欲しいくらい―の気温急降下。  おわり
                               

                       大沼通信 12-10-01へ