12-10-01(2012年 第72号)
○脱原発の函館デモ   9/30
バッグの中に傘を入れてデモ行進した。台風17号の影響はなかったが、中秋の名月は見られなかった。
翌日の新聞は2紙とも参加者330名と正確に!?報じた。老人が多かった感じ。気勢は上がらないが、上げる必要もない。
「脱原発」運動を静かな革命にするにはこの程度の始まりがいい。これが続けば民主主義的革命に至るはず、と思って歩いた。
政治家がアホになり、市民たちにアホにされる時代が来た。やがては市民たちの政治に変るはず、と思って歩いた。

私にはとても信じられない政局が現出している。まさかの政府・内閣・野党―奇怪な日本維新の会を含む―と1部マスコミのアホくさい報道。あれが党首!?あれが大臣!?あれが政治家!? 国力低下は政治家(屋)から始まる。市民たちも分かってきたよう。

原発災害だけではない。沖縄の動きも大きい。また、「領土」問題は、少しばかり自制の利いた論評もあって、2人のお粗末党首のほうが浮き上がってしまったが、油断はできない。いわば何でもできると錯覚している政界首脳だから、暴れるおそれはある。はてさて、こちら側が腰砕けにならないようにするには…!?

○新しい国境線=放射能避難区域
「…朝鮮半島の38度線と共に、1つの国民を政治が引き裂く形で突然出現した国境、それは『ベルリンの壁』である。…そして今、日本は初めて日本国内に『国境』があるという現実に直面している。放射能に汚染された地区から住民が追い立てられ、当分は戻ることの許されない『避難区域』。これは放射能という見えない『壁』によって故郷の土地を奪われた、新たな国境線だ。…再び大地震が日本を襲って、原発が崩壊すれば、第2、第3の『フクシマの壁』が、この狭い国土を寸断するかもしれない。」
「原発ゼロの社会を『現実的でない』と言う人々がいる。しかし、人の住むことのできなくなった家々が荒れ果てていく現実以上の、どんな悲しい『現実』があるというのか」(赤川次郎「フクシマの壁」図書10月号)。

○「人形をつかう人間の顔が邪魔」―文楽を見た橋下市長曰く
上の赤川次郎連載コラムの続きは、橋下市長が「大阪人権博物館」を、補助金打ち切りで閉館に追い込もうとしていることと文楽見物のこと。あの名人・蓑助の「出づかい」に、自分・赤川は涙を抑えられなかったが、橋下市長は表題のように言ったと書いている。前に新聞でも報じられたが、私のひと言は抑えに抑えて「ああ、情けない」。

○とんでもない現実論
アフガニスタンで取水口を完成し、大洪水にも耐えたことを報告する中村哲のエッセーの中に、「口を開けば経済成長といい、多少の国益のためなら戦さも肯定し、危ない橋もわたる。それを日本では現実論と称する」と書いている、続けて「とんでもない話で、自然から離れて自滅の道を驀進する恐怖の戯画としか映らない。勝ち負けを徒らにあおり、『バスに乗り遅れるな』という掛け声は、いささか品を欠く」(同上)。
最後の「品を欠く」は生ぬるいが、日本の多くの「現実」論という言説は、「『現実』主義の陥穽」で丸山真男が1952年に喝破したにもかかわらず、いまだにヌケヌケと幅を利かせているかのよう。

今日届いた「図書」からの引用ばかりで、読んだ方には叱られますが、時宜を得た読み物として紹介した次第。なお、9/28の朝日新聞1面トップに、村上春樹が寄稿した旨の記事とその全文が掲載され、大きな反響を呼んでいるが、これは省略。
                                             おわり

                          大沼通信 12-09-26へ