12-09-26(2012年 第71号)
○棟方志功展                        9/25 道立函館美術館
 
       空海妃図―いろはうた ↑
何を考えている!?
展覧会を見たあと、いっぱいやっているところ。刺身と焼鳥とビール・焼酎で。
  
                               撮影:高瀬宣夫
棟方志功は迫力充分。見ているこちらに力が入る。作品の前でしばらくは動けない。圧倒された。天衣無縫、自由自在。そして、無垢で官能的な美しい女たち。大展覧会だった。1000円で買ってきたカタログで2度見3度見。

○フォーレの1枚
函館市中央図書館にはCDがけっこう(失礼)揃っていて、本のついでに、いや、本と一緒に限度の2枚を借りてきては聴いている。今回はグルベローヴァのソプラノとフォーレの「ラシーヌ雅歌」などが入っている「教会音楽」(レクイエムはなかった)を借りてきた。フォーレは夜想曲や舟歌も好きだが、このCDも聴いていて落ち着く。
最近私は―うまくいえないのだが―聴く音楽世界が広がってきた感じ。新しく感じられ、そこからまた何かを考えさせられる。じっと、自分で自分を考える必要が出てきたような…。

○政局報道なんてもう要らない ある「声」の見出し 朝日 9/25  
この声の末尾は「政局のごたごたより、国民の切実な要望に応える政治の動きをもっと報じてほしい」だ。
前号の「おちょくり政局予想」で、私が最悪の形とした「安倍(or石破)+橋下」ラインで選挙に向かうことになりそう。自民党内のことだから、それはそれで仕方がないが、問題は、そのとき多くのマスメディア報道もが「民意」に沿わない(民意を逸らす)方向に向かうこと。この投書の要望など見捨てられ、そのときどきの「現実」に追従する報道機関の悪しき「歴史」がまた繰り返されること。先がきな臭くなる予感。                                 おわり

                          大沼通信 12-09-24へ