12-09-24(2012年 第70号)
○おちょくり政界予想
政治がおもしろいとかつまらないとか言っても始まらないが、いくら何でも現在只今の政界はつまらなさ過ぎる。
つまらなさが高じると低いところへ行きたくなる。
いくつかの党首選びがあり、「近いうち」に民意を問う選挙に向かうだろう。で、その選挙結果の予想遊びを愉しみたくなった。

ケースのいくつか。
①自民党が過半数確保=参議院のねじれ
 民主党が過半数確保=参議院のねじれ

②民主党も自民党も過半数割れで2党連立(民主・自民の野合)
 
③公明党との連携による過半数確保
 民主と公明
 自民と公明
 民主・自民・公明3党の野合

④小政党(複数)との連携による過半数確保(民主、自民、公明 各単独または複数党と)
 以下敬称等略。
 小沢一郎党、橋下維新党、みんなの党などとの連携
 民主野田派(ケロリスト野田(註)は脱党か自民入党)と自民党との連携

⑤民主も自民も解党し派閥単位で新党結成、小党も巻き込み再編

以上、論理的整合性未了のまま、とりあえずいくつかの形を想像してみたが、どれをとっても、原発ゼロと一票格差違憲状態解消の線は出てこない。
つまるところ、何でもあり=何もなしで、方向さえ定まらない。困る方向なら決まらないほうがいいが、いい方向に決まって欲しいのも確か。
いまの民主党が単独で過半数を取ったときだけ、場合によっては可能性が出てくるが、「世評」は惨敗だからねぇ。緑の党はお金がなく影が薄いし。

私の考える最悪の形は超保守の連携。自民(石破or安倍)+橋下。次いで、悪い順に、自民(石原)+橋下、自民(??)+橋下+公明。それと同程度が自民+民主野田派+公明とでもなろうか。

(註)永井荷風の「濹東綺譚」に、作者と思われる男が驟雨の中で出会った雪子という芸者の家に入れてもらっていると、路地から女の黄色い声が聞こえ、溢れた溝をみて「アラアラ大変だ。…(どじょう)が泳いでいるよ。」
失礼ながらその場面を思い出す―ちょっと前には政権民主党のファンだったのに。また、彼はもしかして深謀遠慮の人かもしれないと、うたぐり笑う瞬間もあるのだが…。

政界は合従連衡が常だし、一寸先は闇と言うし、魑魅魍魎が跋扈するし(まさか中曽根・ナベツネが出ては来まいが)、札束が乱舞し、百鬼夜行の猟官運動があるし、何が起こるか分からない愉しみはある。

党首選びも、まぁ勝手だが、どちらも党そのものが崩壊・溶解しそうである。まぁそれも勝手だが、ともあれ、溶け崩れかかった2つの党の、どちらかの党首が総理大臣になる可能性があるから情けない。特に自民党候補の滅茶苦茶ぶりは目覚しい。普通の感覚で測りきれない人間性は興味深い限り。(「声」欄のある1人のことば―あさましい、あきれる、開いた口がふさがらない)

ともあれ、最低でも核のゴミ処理と放射能禍対策くらいは、きちんと言っておかない限り、原発のあいまいゼロも経済理由の推進も、そのどちらもが、民意=民主主義の根元をないがしろにする態度だと思う。

少し早いが、今年の言葉は「メルトダウン」ではないか。清水寺貫主の書く一字は「溶」。

2009年8月末の政権交代の直前、2009年4月30日に「朝日ジャーナル」が週刊朝日緊急増刊と銘打って発行された。表紙の言葉は「崩壊寸前の『日本型社会システム』」と「いま問われているのは、私たちの『知性』、そして『感性』」、真ん中に「怒りの復活」。

それから3年。東北大震災と原発大災害が襲ったが、「日本型社会システム」は崩壊しなかった。原子力ムラ1村さえ崩せなかったみたい。

この間にグローバリズムもヨーロッパ危機も各地戦争も中・印などの進出もあったが、世界中がいま辛うじてなんとかこらえている形といえようか。その中の日本は、もう1度「崩壊寸前の『日本型社会システム』」ということになろうか。

また、国力全体の衰退とともに、上記「朝日ジャーナル」のもうひとつのタイトルに関連するが、知の水準の劣化・低下も、いままた問われてしかるべきと思われる。
たとえば、小事だが、新聞広告―老人だましもの、インチキ健康ものや週刊誌の自棄のやんぱち見出しなどがいい見本(テレビは番組、コマーシャルとも見ないが似たようなものだろう)。それに新聞本紙の無定見ぶりも加えておこうか。

脱出に失敗した私は日本国の「どこへ越しても住みにくいと悟った」ので、これからも下手な川柳でもひねるとしようか。詩も生まれず画もできないので。

しかし、民意のあらわし方=政治の動かし方次第で「古自民党型社会システム」は毀せるのではないか、と思いたい。日本には優れたところも多いから。30日のデモには出かけるつもり。


○訂正
戸井温泉は「湯遊館」でした(遊湯館はまちがい)。ここで訂正します。
      おわり

                          大沼通信 12-09-22へ