12-09-22(2012年 第69号)  
○リブリの残金は寄付   
恥ずかしい金額だが、世話役田中はる枝さんが会計を処理してくれ、残金の大部分を私の好物ブルーベリーに充ててくれたが、その残り1568円を寄付してくれた。「被災地の子どもたちへ絵本を送ろう 函館プロジェクト」から丁寧な礼状をいただいた。9/12付

リブリについてはいずれ「まとめ」を書くつもりでいるが、まだまとまらず、あと回しになっている。思いのほか思いがこもっていて! 簡単に「ご苦労さま」では済まないのである。

○明治初期函館のパノラマ写真  9/19
リブリの君子さんにもらった招待券で「写された幕末・明治の函館」展を見た。いまだに続く猛暑の1日、なんと9月19日の夕方、暑くてろくに見られなかった。函館は博物館に限らず、公共施設に冷房設備はほとんどないといっていい。

展示の5枚組みパノラマの函館全景写真は素晴らしかった。撮影は1869年(明治2年らしい。これまでは明治25年頃と思われていた)。
あえて言うと―皮肉が含まれるが―いまの函館より活気があり、立派といっていいくらい。昔の函館はたいしたものだった!

この写真は函館市中央図書館の所蔵品で、この図書館はほかにも旧い写真を沢山持っていて、以前にも似たような写真を見た記憶がある。あるいは同じものだったか。

その前日の9/18日、私はクリニックへ行ったついでに図書館に立ち寄り、本の返却、再貸出を受け、CDも借り換えた。シューベルトの2度目はアルペジオーネ・ソナタ。シューマンの幻想小曲集なども入っている。アルゲリッチとマイスキーのコンビというか、喧嘩みたような掛け合いの1枚。毎日愉しんでいる。

○ガ・フレのピアノ練習  9/19
函館市公民館での2回目の練習。前号にも書いたから今回は写真だけ。
私の両手はワイシャツのボタンを掛けている途中。しかも、かけちがいだったそうである!
 
曲は、シューべルトの即興曲、モーツアルトのソナタ。ショパンのノクターン・即興曲3番、ベートーヴェンの悲愴、月光、アパッショナータ、ワルトシュタインの1部ほか(15日練習の曲は省略)。

あと、谷地頭温泉に入り、古西商店で立ち飲みし、梅田朝飯会幹事吉田氏推薦の「常寿司」で、うまい刺身・寿司を食べ、ビールと久保田の千寿を飲んだ。

○ローマへの道
函館観光の目玉のひとつ―好きではないが仕方もない言葉か―がトラピスト修道院。
夕刊のコラムに、この「修道院は津軽海峡を見下ろす小高い丘の上にあり、スギとポプラの並木道が約800bにわたって続く。…この道を地元の人たちが今年、『ローマへの道』と名付け…地域の活性化を図ろうとし…、音楽隊などが…行進」し「2千人近い人が集まった」とあった(9/19 道新)。修道院への登り道が「ローマへの道」とは、考えたもの。これも観光か。

「観光」の多義性について、などという研究はないものか。議員さんは観光を視察というから、視察といってもいろいろあるわけ。私はいつかどこかのローマへ通じる道を視察し、そのままローマまで行きたいと思う。観光ではない。

ある時期のローマ帝国の版図はどこからどこまでか、あまりに広くて頭に入らないままに過ぎたが、当時の領土と政治はいまのそれとは大いに異なる。そしてその「領土」は観光という言葉と同じく私は好きではない。

○領土問題―私としたことが!?
尖閣諸島と竹島のことがかまびすしいが、先だって尖閣諸島に香港の活動家が上陸したとき、そのニュースのコメントを求められた作家・評論家高橋源一郎は、「そんなことは、どうでもいい問題のように思う。「領土」という国家が持ち出した問題のために、もつと大切な事柄が放っておかれることのほうが心配だ」と答えたら、ツイッターの返事に、非国民、国賊などの言葉が踊ったという。氏は続いて、国家と国民は同じ声を持つ必要はないし、そんな義務もない。誰でも「国民」である前に「人間」なのだ。ともいっている(要約 論壇時評 朝日 8/30)。「非国民、国賊」などの常套語がすぐ出るところに、文化全体の衰えがまだ続いていることが容易に認められるが、本題からそれるからひと先ずおいておいて…。

国の予算執行に必要な法案その他をそっちのけにして民主党と自民党が党首選びに入り、つれて、「維新という劇薬」(道新 9/17)が、超保守の主張を鮮明にしながらも、ひたすらあいまいな期待をあおって(他党もマスメディアも)国政を窺っているようなありさま。最優先であるべき原発災害対策は自然=不作為=成り行き任せ=放置に近い扱いである。この先どのくらいの金が必要なのか、計算さえこわいから目をつぶったまま、懲りずに政局騒ぎに呆けている政官財。いまもこれからも、私には「あとは野となれ山となれ」の「音」しか聞こえてこない。小事だが、候補者の誰が首相になろうと、私から侮蔑の笑いが消えることはないと言っておきたい。

領土問題は「国民国家」とか「主権国家体制」から説明される。そうであろう。ところが、そこに愛国(心)が加わると激しい批判語が飛び交うようになる。またそれを利用するヤツがのさばり出てくる。歴史はその繰り返しに見えることさえあるから、議論が拡散しがちになる、意見が分かれたままうやむやになることが多い。

こういう問題は、私は嫌いなタチである。ところが読者の中に、私のこの手の論評がおもしろいという方がいるので、ついはしゃぐことになる。読んでスカーッとするという人もいるので調子に乗ることがある。

終りにちょっとおっかないことを付け足しておくと、かつて行動右翼として活動していた「新右翼団体『一水会』顧問鈴木邦男氏は、「愛国」について、情理を尽くした論を披瀝し、私は感服したのだが、氏は正当な批判語として、日本の政治家に多い煽動・増長・不遜に対し「あまりに不純、卑劣な態度」、また「国民生活を豊かにできない自らの無能を隠すために愛国を利用する卑怯者」と、ばっさり切っていて、私としては気持ちがいいのに、一方でなぜかビクビクしてしまって、ひとに卑劣・卑怯という言葉を使うことにただならぬモノを感じてしまったのであった。
蛇足をもひとつ加えると、氏は「…非国民、国賊と呼ばれても、冷静に対処する覚悟がなければ、真の愛国者とは言えません」とも書いていて、あたかも良し、上記高橋源一郎の意見を励ました感じである―冷静に対処する覚悟があれば、真の愛国者と言えます、と読める―。
(オピニオン 愛国 朝日 9/19)。
                                       おわり

                          大沼通信 12-09-17へ