12-09-17(2012年 第68号)
○戸井のウォーターパーク  9/13
毛綱毅曠設計のサークルコテージが以前から気になっていたので、宿泊代半額の日を選んで1泊してきた。
7つの和洋客室は、名前の通り円形に配置され、その中央に池があり、夜は月が水面に映る仕掛け。その日は月のない夜だったが―。写真 ↓
設計はいいが普請のほうはあまりよくない。設備も片寄っていると言おうか。
それにしても2310円は、素泊まりとはいえ安い。ただし、足のない人はバスだが、函館からは1日に片道6本の運行しかないからやや不便。
風呂(温泉)は100bほど離れた「ふれあい遊湯館」(日帰り入浴施設)に入る。食事は隣接のバーベキューハウスでとる(戸井名物タコの刺身と枝豆とラーメンを食べ生ビールを飲んだ)。売店には野菜や地産品などいろいろある(私はにんにく1個を30円で買ったり)。
辺りは海も山も近く、オートキャンプ場もある。ここは最近特に泳いで海峡を横断した人が利用したことで有名になった!?
機会があったら再訪したいところ。
       
○解体予定アーチ橋を撮る  9/14
大沼通信57号・59号で紹介した戸井のアーチ橋を帰りのバスの中から撮った。 写真 ↓
それだけのことだが、その後の新聞コラムによると、戦時中の建築資材だから鉄筋の代わりに竹が使用されたと推測する専門家もいるという。いまとなっては、それらの事実を確認し記録として残すことしかない、とも。
      
○大門「魚丸」で飲む  9/15
函館自由市場内の食堂喫茶「マルシェ」の店主ご夫妻と主婦ピアニスト田中真知子さんと4人で、松風町の居酒屋で飲んだ。
私はときどき自由市場で新鮮な魚介を買い、その場で刺身にしてもらい、それを市場内の「マルシェ」に出前してもらって食べている。新鮮さでは、生簀などの活魚には劣るものの、第1級の贅沢な食べ方だと思っている。イカを1杯、つぶ貝を1個だけ刺身にしてもらうことがほとんどだが、お店の「銀ダラ定食」を食べることもあり、ガ・フレはイクラ丼、ソフトクリームやコーヒーを注文することもある。私はもちろん生ビールを欠かさない。
顔なじみになったので、一緒に1杯やろうということになり、実現した。夫人も飲める口で、楽しいおしゃべり宴会となった。焼酎をボトルキープしたので、これからはそこで飲むこともあろう。
初めてのお店だったが、小綺麗で感じのいい、いろいろある、美味しい居酒屋。食べたのは活イカ、カキフライ、焼き鳥、卵焼き、タコ揚げ。
駅まで送ってもらい11時40分着の最終で帰宅した。

その日は田中さんが公民館でピアノを練習した日だった。彼女はベートーヴェンピアノソナタ21番の「ワルトシュタイン」に挑戦中で、それを私はすぐ横でじっくり聞かせてもらった。
ベートーヴェンのピアノソナタは新訳聖書と言われていることを私は知ったばかり(旧約はバッハ)。彼女は「悲愴」「月光」「熱情」に次ぐ4番目のそういう大曲に向かっているわけ。

そして待ちあわせ場所のグリーンベルトに向かったときのタクシー運転手が、なかなかの勉強家で、僅かな時間だったが、話しになり、尖閣や竹島問題のこと、また、原発災害については友人・研究者らと反原発活動もしていると聞き、名刺をもらった。そこには与謝野晶子のイラストがあり、詩をもじって「君 原発で死にたもうことなかれ」とあった。
彼はまた日本が侵略したアジア3国などを訪問し、日中韓の現今の問題は、日本があの大戦の戦後処理をシッカリしなかったから、と言ったので同感した。

○まだ夏の小沼  9/13   
デジカメが壊れたので札幌で買い直し。初の写真がこれ。車中から。  写真 ↓
      
                                          おわり

                                 大沼通信12-09-17(第67号)へ