12-09-17(2012年 第67号)
○さっ平落語独演会打ち止め  9/9  志麻木庵           花束を受け取るさっ平さん
前号でこのことを大きく取り上げた新聞記事の通り、独演会
は「反魂香」で打ち止めとなった。
祇園太鼓、法螺貝のあと、がまの油売りの口上があり、噺も恙なく完了。
続いて第2部のファッションショーに移った。これが大成功。
その写真は、じっくり見る値打ちがある。私は見るたび、吹き出すのを堪えているほど。
   



このファッションショーは、誰も事前には知らされていなかった。ということは、つまり、さっ平さんが1人で着替えては舞台に立つということ。
衣裳を取り替えては登場し、そのたび、歌を歌い、それを6回繰返したわけ。ヤンヤやんやの拍手。


 ゴンドラの唄(中山晋平)
 春よいずこ(藤山一郎)
 湖畔の宿(高峰三枝子)
 サルべ・レジーナ(グレゴリア聖歌 ラテン語で)
 乾杯の唄(イタリア語で) ほか

 ラテン語あり、イタリア語あり、だった。
  
 



      

   
 最後の悪ふざけと言っていたが、真面目な顔で―自分は笑わないで―お客さんを笑わせていた。
 デザインだけでもタイヘンなのに、衣裳制作もひとり。スゴイことだと想像できた。
 

 打ち止めの落語とファッションショーでお疲れのはずなのに、先生はその日すぐ自宅に私ら3人を招待してくださり、恒例のしいたけパーティ。
 じゃんじゃん焼いたほか、ホワイトアスパラや生ハム、デザートにはティラミスなど、大いにご馳走になった。                      






 大沼通信12-09-08へ