12-09-08(2012年 第66号)
○さっ平さんのことが大きく取り上げられました。もうおなじみですからコメントなしで。
明日、聞きに行きます。
打ち止めのあと、先生の自宅で恒例のしいたけパーティを開いてくださるので、ビールだけ持参してご馳走になるつもり。

 

○大沼の朝 U
  サイクリングの途中で   2012-09-07-10.-am  表紙にも使いました
     

○バル街 18回目  9/7  昨夜、ガ・フレと5軒、はしごしました。コメントなし。
   

○厚手の本
一時の症状だろうが、少し厚めの本を2冊読んでいる。9/6に届いたのは新書だが、517ページの「社会を変えるには」小熊英二著。もう1冊は既報の「ケアの社会学」上野千鶴子著。こちらは上下2段で500ページ。借り物。
読みかけはゾラの「制作」。文庫本だが上下2冊。旧聞に属するが、村上春樹の「1Q84」は文庫本で6冊だった。リブリで9年間文庫本1冊ものを読んでいた反動か、と苦笑しているが…。

読み通すのが大変だが、長いものにはそれなりの内容があるので、挑戦の意味もあってこうなった。いま頭にあるのは小熊英二の「民主と愛国」。これも大著。渡辺京二の「黒船前夜」も読みたい本。こういう不確かなことを自らバラすのはバカにされる素だが…。

○元首相らの言葉
バカなことを言っていると思われていながら、本人はケロッとしている人物は政界にも多い。鉄面皮とか強烈な言葉として恥知らずとかがあるが、現在は首相経験者が揃って見事な振る舞いを見せてくれている。新聞社説に「不適格」と断定されているA。民主党にはHがいる。自民党のもう1人はMか―略称にしたのは書きたくないほどの名前だから。
検察官らの言い訳は、そう言わざるを得ない立場からの逃げ口上だからテンとしているように見えるが、保身のためのウソであれば、こちらも鉄面皮に違いはない。
                                 おわり

                        大沼通信 12-09-05へ