12-09-05(2012年 第65号)
○ヤクザの誕生日―昭和8年(1933)93
知らなかった、ドラえもんと誕生日が同じだなんて。どうしたわけか今年はそのことが新聞にも出た。

電話やメールをいただいた。先にちょっと紹介させてもらおう。

*今日はドラえもんも誕生日なんだ。そう言えば何となく似てる。お腹のあたりの丸っこいのが! そうか、ドラえもんはそのお腹の中に色々な秘密の道具をつめていたけど、そちらのお腹にはたくさんの知識がつまっていたんだ!ビール腹じゃなかったのか!頭の中に入りきらなくてお腹にもつまっていたなんて!

*Buon Compleanno!
今年も元気でまた誕生日を迎えられましたね!何よりです。思いの外長生きした、なんて思っているのでは?でも本当に良かった。

*2度もガンと闘い、静脈瘤、不整脈を抱えながらもそんなに元気で、不便さにもめげず自立、周りにも力を与えられるなんて素晴らしい。日頃の心がけと努力のたまもの。それにプラス、まわりのたくさんの「おかげさま」。これからも阿部王国(吉田氏の言葉を借用)のカッコイイ「庶民派・裸の王様」でいて下さい(裸好きの意味らしい)。

ドラえもん誕生日の新聞記事  9/3
*▼100年後の未来から、ドラえもんはやってきた。おなかのポケットから色々な秘密の道具を取り出しては、のび太君を助ける。「あったらいいな」と大人も思う▼…読者に聞いたら、行きたいところへ行ける「どこでもドア」が1位になった。2位がタイムマシン。3位のタケコプターは自由に空を飛べる。筆者は特派員時代、食べるとどんな言葉も自在になる「ほんやくコンニャク」が夢に出てきた▼秘密の道具は100年後への空想をかきたてる。1901年の年頭、報知新聞が23項目の「二十世紀の予言」をのせた。夢のように語られた技術が、次々に実現されたのに驚かされる▼たとえば東京―ロンドンの電話対話。寒暑知らずの空気調整。高速列車で東京―神戸を2時間半。「遠く離れた男女がひそひそ話をする伝声器」は、携帯電話の隆盛を見ればまさに的中といえる▼だが、それで幸せになったと言い切れないのがもどかしい。進歩が希望、便利が福音だった時代の歌は、もう心からは歌えない。人は身の丈を考えるときだろう。100年後に原発はどうなっている、人類は、地球は――。思いめぐらしながら、ドラえもんに♪ハッピーバースデーを贈る。天声人語

*人気キャラクター、ドラえもんが3日、誕生日を迎えたのに合わせ、川崎市は同日午前「特別住民」として登録、区役所などで希望者に特別住民票の無料配布を始めた。中略。22世紀からやって来たロボット、ドラえもんは2112年9月3日生まれの設定。この日が生誕100年前に当たり、香港でも大規模なイベントが開かれるなど盛り上がりを見せている。(毎日 共同)


○函館駅近くでいっぱい  9/3
「メディカルはこだて」誌編集発行の塚本さんと居酒屋でいっぱいやった。店内にたくさんの生簀がある新鮮魚介の飲み屋さん。イカやつぶの刺身、カニ味噌などいろいろ食べ、ビールと高級芋焼酎を愉しんだ。

氏のこの季刊誌は医療・介護・福祉の地域誌であり、氏はまた大の読書家でもあるので、私のほうから、いま読んでいる上野千鶴子のことをしゃべった。読み始めたばかりだが「ケアの社会学」のこと、少し前から読んでいる「家父長制と資本制 マルクス主義フェミニズムの地平」のこと、タイトルと中身がチグハグな「女という快楽」、男向きのタイトルでもある「スカートの下の劇場」「セクシィ・ギャルの大研究」、文学方面では「上野千鶴子が文学を社会学する」などを紹介、飲み食いしながらペラペラしゃべった。ベストセラー「おひとりさまの老後」などのハウトゥーものは、読まないし興味がないので触れず仕舞い。8時21分発に乗り遅れると、次は11時近い最終列車になるので、走るようにして駅に行った。2時間強の、2人だけの、私のいう「おしゃべり宴会」。

○労働組合は脱原発ではないのか
労働組合といっても「電力総連」の会長のあいさつだから、全体をどこまで代表・代弁しているか不明だが、「脱原発」をめざす候補者に、その主張を続けるのか、選挙支援を選ぶのか、踏み絵を迫ると報じられた(道新 9/5)。

組合離れとか組織率低下が言われ、労働組合はすっかり色あせた。正規組合員の賃上げ第一で非正規労働者の待遇改善はおまけみたいな、活動も「春闘」だけみたいな、最近の労働組合は、全体がまるで御用組合みたいに私にはみえる。「組合員の生活第一」こそ組合の目的かと思っていたが、脱原発は生活第一につながっていないよう。目先の選挙のほうが第一らしい(多数の真の組合員の意見は、はたからは見えない)。

政治家と政治屋の違いは「筋を通す人と損得に堕する人」と天声人語(9/5)の末尾に書かれたが、この組合連合会長さんは政治屋つくりのほうらしい。

官邸前デモが金曜なら,労働組合は木曜でも土曜でもいいから、派手に組合旗をひるがえし、好きならマイクでシュプレッヒコールをしながら、脱原発こそ生活第一と訴えたらいかが。電力総連の会長も組合員の一人だろうから初心に帰ってデモの先頭に立ったらいかが。

○不良老人                                                                    呼び方もいろいろ。「不良定年」(嵐山光三郎)はおだやかだったか。「求む不良老年」は新聞見出し(天野祐吉のコラム 朝日 9/5)。「不良老人」は「伝」として本になっている。以下,2冊の目次と宣伝。

「不良老人伝」望星ライブラリー                          第1部 老いてなお輝いた筆と人(永井荷風―家を捨て家族を拒否した不良の凄み 金子光晴―身ひとつで生きた詩人の気骨と艶 ほか)                     

2部 まつろわぬ言論の徒に徹す(松尾邦之助―戦後日本に「敵前上陸」した無頼記者 本田靖春―孤高の「拗ね者」の失われぬ輝き ほか)

3部 異才・異能の老いた能力(岡本太郎―社会と己を挑発し続けた芸術と生 升田幸三―将棋界の風雲児のまぶしき不良性 ほか)

4部 政財界の「角熟老人」たち(松永安左ヱ門―「民」の思想を貫いた“電力の鬼” 反逆老人群像―円熟老人はいらない、出よ“角熟老人”)

5部 「自分は自分」で貫いた人生(田辺茂一―無邪気に健気に「文化」を選んで 三岸節子―「炎の画家」)

「不良定年」嵐山光三郎著 ちくま文庫(宣伝文句)                  定年を迎えた者たちよ。まずは自分がすでに不良品であることを自覚せよ。とはいえ、ポンコツの粗大ゴミではない。老人よ。不良精神を抱け。「不良定年」は自分のルールを持たなければならない。その百カ条を本書に掲げる。それを実践せよ―わが道を生きる不良定年・嵐山光三郎がぶんぶんうなる。肩の力が抜け、生きていてよかった、とむらむら元気がわいてくる本。                       


「憎まれ世にはだかる」ともじれば、私は、なんというか、上のような良い・立派な老人ではなく、本物の不良=悪老である。後戻りできないこの齢で…詳細は省略するが、それでもしばらくは生きそうだから罪深い。
しかし、一般のこととしても「不良老人」のほうがいいように思える。ある人のわたくし評にこういうのがあった―「元気で自由で自然体で」と。自分勝手とも読めるが、ひねくれずに、そのように、自立・自律の上に立って自在に生きなさいと受け取りたい。そのために必要なのは自省、自戒。
自の字の連続=強調でお仕舞い。(この諺は、憎まれっ子世にはばかる、世にはびこるともいうが、ある時期=昔は…はだかる、だったと記憶)

                              おわり

                             大沼通信 12-09-02へ