12-09-02(2012年 第64号)
○展覧会と図書館  9/1
暑い日だったが、期限が迫ったので、函館の道立美術館に行ってきた。蠣崎波響の「夷酋列像」特別展示と「滝平二郎」展。

前者は「夷酋列像」が11点のほか、波響の軸「楊貴妃図」や鶴の絵などもあった。克明な描写が共通していた。意外に小さい作品だった。なぜか屏風絵ほどの大きさを想像していたが色紙程度。どれも目=視線の強さが印象的。しかし、作りモノというか、描かされモノのような感じ。それでも迫力はあった。
アイヌと和人の歴史を、ぼんやりとだが、また考えた。謝るべきときには謝るという潔さは武士道にはなかったんだっけ。謝ると非を認めたことになるから、国家とか組織はどこまでも突っ張らなくてはいけないんだっけ。対中韓などとの関係も、あの大戦の戦後処理がいい加減だったからいまだに尾を引いている、というのが私の持論。

滝平二郎の「きりえ」と版画はおもしろかった。暮らしが楽ではなかったらしい初期の故郷の農夫などの作品がよかった。暮らしが楽になると明るくなり、決して悪くはないが、生活程度が正直に出ているようで微笑ましかった。
斉藤隆介と組んだ絵本の挿絵時代は見事なコンビだったと分かる。朝日新聞日曜版連載時代も思い出された。
絵はがきは色が悪いうえ、1枚150円とはバカ高いと思って買わなかった―時代の趨勢がわからないのかもしれないが。150円でも、もしあったら買ったろう作品は、たしか「鎌」と「鉈鎌」の2点か。鎌を研ぐ女農夫の緊張感と美しさ。
言っておきたい最後は、初期作品の女はみんな、どうしても、美しく描かれてしまうのだった…。

図書館に寄り、本とCDを借りてきた。上野千鶴子「スカートの下の劇場」「ケアの社会学」の2冊。バッハ「平均律クラヴィーア曲集」のうちの1枚とショパンの「バラード」「スケルツォ」が入った2枚。ピアノはサンソン・フランソワ。初めてなので、彼の独自性を良く聴かなくちゃ。
ショパン弾きで日本人ピアニストは世界でも一流ではないか、というのか私の壮大・無根拠な仮説。

ここで付け加えたくなったのが、今朝のFM音楽番組の充実振り。めったにないことなので。
「ビバ! 合唱」。作曲はすべて西村朗で「女声合唱とピアノのための"アノクダッチ幻想曲"」。宮沢賢治の詩。「混声合唱とピアノのための"水の祈祷"」「女声合唱曲"秘密の花"から"くちびる"」。大手拓次の詩。どれも素晴らしい曲でびっくり。最近、コーラスに目が開かれている感じ。以前の「学校コーラス」にうんざりしていたからその反動、でもなく、あれらのほかに、いいものがいっぱいあることを教えてもらっている昨今。

続いての「吹奏楽のひびき」もよかった。こちらも以前の「学校・団体ブラスバンド」ではなく、大作曲家の曲やその他さまざまな曲の紹介があって、吹奏楽そのものを見直して聴いている。

長くなるが更に続いて「名演奏ライブラリー」。指揮者エーリッヒ・クライバーで、モーツアルトの40番、ベートーヴェンの3番"英雄"ほか。どちらも好きな曲だったし、演奏もとてもよかった。

ここで前日の続きに戻るが、図書館帰りに駅前デパートで買い物。米酢とレモン汁。フランスパンとあんぱん4個。
あ、言い忘れた―立ち飲み屋で生3杯。

その夜の食事は枝豆とかウインナとか鶏の唐揚げなどを出したが、どれよりもフランスパンが旨かった。えーっ、へーえ、といってかじった。

○墓穴堀りが盛ん―あなかしこあなかしこ
といっても、蓮如の言葉でなく、穴のこと。近頃の政界の墓穴掘りのこと。
墓穴という穴は馬穴の何倍も大きいと思う。たとえば、自民党が、問責決議という自己否定の小馬に乗って堕ちた墓穴。民主党が、政権交代で革命とかを試みたものの悉くを投げ出して掘り進めた墓穴。橋下市長があの安倍晋三に接近しその尻馬に乗って大曲りし深く自ら掘った深い墓穴。
いま、というか、いよいよというか、自らの墓穴堀りが盛ん。いずれも大きい穴だから、うっかり者はつられて落ちるおそれがある。選挙のときなど、知らずに手をつながれて一緒に堕ちるお人好しが何百万人!?いるか、予想するのが楽しいくらい。

予想遊びを続けて、たとえば、
民主党が「近いうちに」原発ゼロにするとマニフェストして、過半の民意を汲み取る政策を打ち出せるか、といったら笑い出す人が多かろう。

自民党が新規消費税を、強靭な国土つくりと称する公共事業に回すとマニフェストする、となったら、さすがに怒り出す人が多かろう。

橋下市長が衆議院議員を半減するなどとマニフェストしたら、口あんぐりの人が多かろう。

出来っこないことを訴える政治屋たちは、本来の「政治」を知らず、国民の思いを聴かず、世の中を見ないて済まそうとする。政治がよかったなんて時代はない、と誰かが言っていたけれど…。
                                 おわり

                        大沼通信 12-08-31へ