12-08-29(2012年 第62号)
○書評をほめられた
私の「書評」のことで嬉しいことがあったので、自慢させていただく。
雑誌「メディカルはこだて」が、私の友人の著書「ビジネスは『私の履歴書』が教えてくれた」(吉田勝昭著)の書評を掲載してくれたので、それを前号「大沼通信」に転載したところ、作家の坂上弘氏が読んでくださり、著者吉田氏に次のような感想を送ってくれたので、それを氏が私に転送してくれた。

「吉田 勝昭 様
 大変、気持のよい、名書評を拝読しました。
 阿部審也氏のとり上げる視点、要約の的確さにはおどろかされます。
 ご同慶の至りです。
  坂上 弘」

吉田氏はこう書き添えてくれた。
「坂上さんは、私の出版記念会に出席してくれました。ありがたい人です。」そして、「芸術院会員で前日本文藝協会理事長でもありますが、この坂上さんが阿部さんの書評内容を褒めるのですから凄いです」と。
吉田氏はまたこの書評を掲載した私のホームページを知り合いの多くにメールで知らせる際、次のような冗談っぽい言葉で発信したよう。

Subject」 恐縮する書評をいただきました
親愛なる皆さまへ
標記の件、北海道の函館に住む阿部審也さんが季刊誌「メディカルはこだて」8月号に私の本の書評を寄稿してくださいました。

阿部さんは、日銀を定年退職後、函館・大沼に住んでいますがこの地域のオピニオンリーダーとして阿部王国を築いて活躍しておられます。ほめ殺しの箇所が多いですが、下記URLの最上段をご覧いただけませんか?吉田勝昭  http://homepage2.nifty.com/abecin/

なおも、その反響として私宛に「今日だけで親しい仲間から10通以上の反応がありました。阿部さんの文章力です。ありがとうございました。吉田」とのメール。
こちらこそ恐縮するメールの数々。

ともあれ、高名な作家にほめていただき、嬉しくなった。これは「リブリ」9年の時間と、付き合ってくれたメンバーのおかげと思った。

○猛残暑お見舞い申しあげます。こちらもけっこう…
このあたりの暑さの新聞見出し一覧  道新・朝日
8/27「道内残暑 湿った積乱雲が流れ込む」「残暑いつまで 道内各地真夏日」
8/28「南から暖気流れ込む 太平洋高気圧勢力弱まらず 来月上旬も高温か」
8/29「真夏日最多に迫る 下旬の道内」「8月下旬の真夏日、5日間に 函館過去100年で初」「まだまだ暑っ! 道南各地で真夏日 来月上旬まで続く 異常―変換ミス―以上 

蛇足。 昨夜は夕飯を作るのが面倒になり、久しぶりに居酒屋「金丸」でジンギスカン鍋を食べ、ビールを2杯飲んだ。こんなに食べる老人はいないね、と言われた。店主は以前から私を怪物と言っている。メールには、人により、長老、快老、怪老の文字。
                                    おわり

                       大沼通信12-08-27へ