本の紹介               「メディカルはこだて」夏号(2012年8月発行)から転載

   51nをそのままコピーしました。なお、本号の、特に「編集後記」はとてもおもしろいので推薦します。
            12-08-27(2012年 第61号)
○各地の猛暑を追体験させてもらったような1日でした。この夏一番の、体感温度というのでしょうか、室内温度31℃〜32℃。高湿度で無風快晴。トタン屋根の2階は、もわっ。
避暑用具が何もないので、濡れタオルを背中に当てて凌ぎました。はじめて、1階に降りて弁当を食べました。アーモンドチョコレートは変形しました。冷やした水道水を2リットル以上飲みました。5時を過ぎてようやく北の窓からときどきの微風。

60年前の前橋の夏はやはり背中に濡れタオルを当てたうえ、洗面器に水を張り両足を入れていました。
その夏読んだのは「世界史概説」と「フランクリン自伝」(英語で!)と記憶しています。そして夜は映画館へ。「舞踏会の手帖」「会議は踊る」「ガス燈」など、日替わりで。そこで美しい女性と知り合った話はすでに書きました。今日はこの辺で。

あ、そうそう、早く起きたので8時15分からサイクリングしました。その前に部屋の掃除、トイレの掃除もしたのでした。           おわり。 

                          大沼通信12-08-24へ