12-08-24(2012年 第60号)
雲崗石窟                      撮影:佐藤守信(丸の内朝飯会)
黄土高原や大同などを旅行中の読者から写真をいただいた。
よく見かける構図だが、観光客が入っているのは珍しい。大きさが分りやすい。
ここはご存知、洛陽の龍門石窟、敦煌の莫高窟と並ぶ中国3大石窟の一つだ。

○その他読者のお便り
*拝復。大沼からのお便りに感動しています。平成の「クラーク」として皆に"大志"を与え、〈人生の〉金メダルの取り方を教えてください。また素敵な笑顔を見せてください。
―オーバー! で気がひけるが、暑さのせいだろうと? ―失礼
―次もややオーバーだが。
*またまたお便り。心に糧と元気をもらいます。一度きりの人生を余すところなく吸収され、前向きで、文句のつけようがありません。国から表彰状を差し上げたいくらい。阿部さんのような人がたくさんいたら高齢者医療費も軽減され、赤字だ赤字だと弱い立場の人びとを苦しめることもないでしょうに―。
いずれは施設の世話になるのか…否、今年いっぱいはもつかと、毎日毎日室内をトボトボ歩きつつ、つぶやいています。文字もご覧のようにたどたどしい幼稚な文字…。
*"駒ケ岳と夏雲" 見事な写真にしばし見とれます。万葉集「玉に似たる見む」と「玉にあらむ見む」、なるほどなぁと思います。
―次は私と同じ直腸癌を手術し療養中の同期生から―。「川柳 癌」は拙著
*今「川柳 癌」を読んでいます。当初頂戴したときは「言いよどむ医師に告知す癌ですね」が、癌の怖さ、不安さで、ああ、やはり大変なんだなあと思っておりました。ところが自分が同じ直腸癌を患った今(手術後4年半経過)は「またトイレまたまたトイレ長廊下」や「便十回トイレの空きを念じつつ」が切実なものとして身にしみます。
貴兄と小生の癌は、同じだと思うところと、この辺はちょっとちがうなと思うところとありますね。
発見端緒の人間ドック、潜血反応、患部の位置は全く同じでした。ただ幸いなことに小生の場合は珍しい位の早期発見とのことで、(現在)1年毎の検査でも異常なしが続いております。
ただ、手術は大変でした。当初は腹腔鏡手術で2週間位で退院可能とのことでした。それが、手術直後に腸閉塞となり、2か月後に人工肛門、8月に再手術、11月人工肛門解消と、3回の入院、5か月の長期でした。加えて手術の影響で、過活動膀胱のオマケまでついて、大小双方の排泄で悩むことになってしまいました。当初の状況からみれば改善の方向にあるものの、やはり大変ですね。
後遺症は人により千差万別のようですが、冊子で見る限り貴兄のほうが軽い感じがします。何か参考になることがありましたらぜひご教示下さい。

暑さもまだまだ続きそうです。「悩み泣く」から「悩み無く」にしてご活躍のほど、願っております。小生もまだまだがんばるつもりです。追伸、酒はほとんど飲めなくなってしまいました。

上野千鶴子のこと
触れないと言っておきながら―約束違反で恐縮だが―彼女の著書やその内容についてでなく、ひと言だけ書きたくなったので。(1部活字不揃い乞ご容赦)

今日本国で一番頭のいい人は彼女という気がする。目から鼻に抜ける人―頭脳明晰などの形容では足りない人。

理論化理論家=理論化・立論できる理論家。論理的で説得力も豊か。表現力(執筆力)も豊かで超多作家。多才つまり多方面に論考を振りまく。著書に巧みなタイトルをつけ、読みたくさせる―たとえば「女という快楽」「スカートの下の劇場」「発情装置―」など、羊頭狗肉の逆!? みたいに。
また、自分で言っている「殺人的な忙しさ」の中にあっても、余裕含みでユーモアを欠かさない。

本格的な理論化の歩み・進め方は、やはり自分で言っているように「走りながら考え、学びながら書き、批判を受けながらそれをとりこんで応答して」きたという。それはまた「観客のいないグラウンドを独走するランナーの孤独」を味わったほどの、先鋭で先見性のある立論だったこと。たとえば「論理的に行き着く先を予見」したり「もう少し先まで思考実験を進めてみよう」など。そして柔軟に、「考えは変わる」と明言している。
論争の際の反論も水際立っていると言いたい。
「マルクス主義」の言葉を使い、
天皇制はラジカルに批判する。
これでもまだ私は褒めたりない感じ。

いまは著書のいくつかのそれぞれの章立てを見ながら、内容を想像する試みをしているが、実際は見当もつかない。「家父長制と資本制 マルクス主義フェミニズムの地平」はもちろんだが、大著「ケアの社会学」の章立て(4部18章)についても、いくら眺めていても、私の頭はビクとも動かない。
今回はここまで!?
とうとう私は「上野千鶴子覚え」とでもいうものを作ろうかと考えるに至った。まるで惚れたみたいに。呵々。
                               おわり

                           大沼通信 12-08-22へ