12-08-22(2012年 第59号)
○酷暑の中の読者のお便り
「暑い毎日、パソコンをいじる気にならなかった…」というのや「残暑というより酷暑。パソコンを開くのも勇気がいる状態、それなのにかかりっきりとはさすが」という謙虚な!?メールもいただくし、一方、元気な残暑のお見舞い状もいただく。文末に「阿部社会大学『大沼通信』受講生」とあったりして…。

○YOSAKOIそーらん道南大会
函館駅前の舞い。 8/19 → 
来客との待ち合わせ場所を駅前にしたら、この踊りに出くわした。

○羽田からお客さん
初対面だったが、私の白髪と鬚で難なく分かり、それから2泊3日のお付き合い。しかし、歓迎の気温は、19日30.2℃、20日31.0、21日31.0℃と連続の真夏日。避暑になると思ってきたら、ぜーんぜんというめぐり合わせ。
彼女は函館も大沼も初めてで、しかも短い滞在だったので、普通の観光コースになった。

夕刻、西部地区の倉庫群を見たあと、坂を上り、元町公園、教会、公会堂などを散歩。食事のあとロープウェーで山に登った。晴れてきれいな夜景だった。

食事は、日曜日で休みの店が多く、イタリア料理の「コルツ」もだめ。大門の「常寿司」、「魚一心」も、五稜郭の「わたなべ」もだめ。で、昼は「とん喜」のとんかつ、夜は「五島軒」の洋食。

翌朝は自由市場内の「マルシェ」でイカとつぶの新鮮な刺身と銀ダラ定食。夜と翌朝はホテルのレストランとバイキング。最後の昼は「源五郎」のじゅんさい蕎麦。

2日目はプリンスホテルのコテージ泊まり。食事のときの本館との往復は緑の中の散歩。夕食の戻りは懐中電灯を点けて、と風流だったが…!?

彼女はまるっきり飲めないが、私は遠慮なくビールをがぶがぶ。1日8杯と決めている限度いっぱいに飲んだ。そして、延々と調子のいいおしゃべり。
―21日夜は大沼に戻り「バルト」で田中夫妻と食べ・飲み、ビール3―全部で7杯。

○解体される戸井のアーチ橋 
写真だけ追加する。前回写真(8/16 第57号)はアーチ3穴のお粗末な新聞写真だったが、実際は解体が勿体ないような規模の大きい遺跡だったので。


                                おわり

                     大沼通信 12-08-16へ