12-08-16(2012年 第58号)
 続々 今日の新聞 今日の書き散らし 
                  新聞遊びは、ひとまずこれでお仕舞い――のつもり

○長崎の鐘が鳴る!?
(長崎屋室蘭中央店が閉鎖されそうで、地元中心部が空洞化のおそれ―とあるが(8/15 D)、それはそれとして、長崎市とは関係がないので、ここでは別の、関係ある記事をまとめて紹介したい)

@長崎市仏教連合会  8/16
コラム「探究人」(科学欄)の見出しは「僧侶の音声障害を調べた医師木原千春さん(39)」。
「長崎市仏教連合会の協力を得て、84の寺院に配った調査票に「職業病」の悩みがつづられていた。」たとえば「お経の時にたんがからみ、微妙な音階がだせない」とか、「焼香の煙でのどに異常を感じる」など。何となく知られているけど、誰も調べないテーマを取り上げた耳鼻咽喉科の医師。
長崎というと浦上天主堂や大浦天主堂が有名だから、キリスト教のほうに頭が行ってしまうが、当然お坊さんもいて、その職業病の原因が読経と焼香とは知らなかった。全国同じのはずなのに。

B長崎大核兵器廃絶研究センターの中村桂子さん(39)  8/15
「反核軍縮問題に取り組むNGO「ピースデポ」(横浜市)の事務局長から4月、長崎大に新設された(標記)センターの准教授に転じた」。多面的な活動のほか、「学術の世界で…被爆地で蓄積した長崎大医学部の膨大な科学的データをもとに、人類がいかに核兵器とは共存できないかを実証したい」。横浜から長崎へ。こちらも39歳。

A長崎市の平和大使に高校生  8/15 D
「長崎市の市民団体が全国の高校生から選んだ平和大使」が高野桜さん。彼女は「原発事故で母と兄、妹は米沢市に避難し…父ら3人と南相馬市の仮設住宅に暮し」ている。「福島から選ばれたのは初めて」という。21日にジュネーブの国連欧州本部で、原爆、放射能、原発事故のことなどを訴える。福島から長崎へ。

C井上ひさしの原爆劇  8/16
未完に終わった芝居「母と暮せば」は、市川森一(脚本家・劇作家)が「遺志を継ぎ病床でも構想」を練っていたという。
井上ひさしは生前、こう語っていた…「母親と赤ちゃんが寄り添うように焼け死んでいたという被爆証言や原爆孤児の写真が印象に残っている」と。「市川さんの直感通り、浦上が舞台なら「母」は「被爆マリア像」だったのかもしれない」という。2人とも亡くなり、原爆劇は、リレーも幻となった。(広島を舞台にしたのは「父と暮せば」)。
広島の次は沖縄、そして最後は長崎だった…。すさまじい生。惜しい惜しい。

○羽生将棋の観戦記 つづき  8/15
対戦相手深浦は(残り1分となり)「…58秒まで読まれると声を搾り出して投了を告げ、うつむき頭を抱えた。…」「深浦が投了すると、羽生は魔法がとけたかのように、盤面を凝視し続けていた顔をお盆に向けて、そこにあった炭酸飲料を飲んだ。2人とも声が出ない。静かな対局室がより静かになった。しかし、大熱戦の余韻はしばらく対局室を満たしていた(君島俊介)」。何かとちがって、騒がないどころか声も出さない手合い・勝負。

○「東大沼キャンプ場閉鎖 倒木事故受け大雨警戒」 8/16 D
「…13日、降雨の影響で木が倒れて利用者がけがを負う事故があり、天候の悪化が予想されたため。再開時期は未定。…」知らなかった。13日は大雨だったのでサイクリングはしなかった。14、15日はテントはあった。閉鎖とはどういうことか分からない。

○「維新とは保守再編のことと知り」 朝日川柳 8/16
記事には「維新幹部は『保守勢力の結集』を目標に掲げる。幹部のひとりは『安倍氏はミスター保守。橋下氏も思いは同じだ』と語る」。私はあれやこれやが出てきて「…極まれり」と口にした。
                                 おわり

                     大沼通信 12-08-15へ