12-08-15(2012年 第57号)
○読者のお便り 
*さっ平さんからファックス
魂が永遠に座っていたい蓮の花。万葉の古里に招いてくださいました。インターネットの偉力もすごいけど、阿部さんの偉力もすごいですね。
デコトラって素晴らしいんですね。阿部さんの写真技術も。こんな世界、はじめて知りました。

老いとは、こういうものかと悟りました。杖をついて腰をのばしていたら、おばあちゃんが自転車から降りて引き返してきた。にっこりほほえんで、ポケットから何かを出して「これ、元気でますよ。」手に握らせてくれた。「ZEUS」ギリシャ神話の大神だ。よく見たらLOTTEのチューインガム。
数日前、石垣に腰をおろして休んでいたら、ご婦人がアメチョコさんをくださった。
人間を包んでいるのは皮膚ではなくて、心の膜だった。今ごろになってやっと気がつきました。
ドイツの学会が1年のびて、会場がローマに変わりました。あと2年長生きしなくちゃ。

*夏の湖の色も夏色ですね。空が夏だと湖面も夏!なんですね。きれいですね。
やはり、混んでも混んでも、故郷に帰りたくなりますよね、東京の暑さに住むと。

新聞は読みますが読めない新聞記事もあります。興味深く、HPから読んでいます。
自立している年寄りはエライ!です。体操、掃除、買い物、食事、それだけで表彰状―金?銀?メダルでしょう!

*「あらむ」と「似たる」、まったく知りませんでした。面白いですね。
TVがなくても大丈夫といったところでしょうか。ラジオのほうがわかりやすいこともあるかも知れません。いろいろ考えてみるのもいいことでしょうね。

*読者から「アーチ橋 解体へ」の記事にあった写真が見たいという希望が寄せられたので、ケータイで撮り、橋の部分だけ掲載することにした(デジカメ本日故障)。(8/13 道新夕刊)  →

○8月15日の駐車場と…
満車は14日だけだったか。今日はガラガラ。お盆休みスケジュールも余裕がなくなって、大沼を素通りするのだろうか。追悼の日と関係はないだろう。キャンプ場のテントはまだたくさんあった。
昨日と同じく、サイクリングし、シャワーし、そして今日は弁当(鮭・卵焼き・ソーセージ・漬物)を持って阿部ハウスに来た。その途中、在庫切れになったのでエビスビールを買った。女将が、冷えていて飲みごろといった。我慢できなくなって昼ビールとシャレた。

今日という日を、政府などは終戦といい、ある人たちは敗戦といい、荷風は休戦と言った―ご存知の日記―「…谷崎君(潤一郎―阿部注)夫人の贈られし弁当を食す。白米のむすびに昆布佃煮及牛肉を添えたり。欣喜措く能わず」と書いたあと、「あたかも好し、日暮…鶏肉葡萄酒を持来る、休戦の祝宴を張り皆々酔うて寝に就きぬ。」と締めくくった。祝宴!

本の紹介  新聞広告―加担するわけではないけれど。
「『本当のこと』を伝えない日本の新聞」マーティン・ファクラー著 双葉新書
宣伝に「ニューヨーク・タイムズ東京支局長が明らかにする「新聞不信』の真実! "なぜ新聞は「権力者の代弁」ばかりを繰り返すのか?"
内容紹介事項のひとつは「記者クラブ型のメディアはもうもたない」。

記者クラブについて第53号でちょっと触れた。「本当のことを書かない臆病なマスコミ」については昨14日付の号で。…新聞は眉にツバつけ…

○その後の上野千鶴子考!?
第54号で、あの本と著者について書くのは諦めたとしたが、読むほうはチョコチョコ…。読まなければならない本が増えてしまうのも困る。
@昨年8月刊行の「ケアの社会学」は500n超(買ってない)
A遡れば「女という快楽」(1986年)は270nだが、内容は硬いというか本格的論考―名は体を表わさず―だし、
B「文学を社会学する」(2000年)も、冒頭は「『国家』『国民』『国語』の成立」で、「家父長制」や「老人介護」の章もある。
負け惜しみになるが、素人!?は手を出さないほうがいい対象だった。
結局、ぼちぼちは読むだろうが、書けないので、以後触れないこととする。
                              おわり

                     大沼通信12-08-14へ