12-08-14(2012年 第56号)
           駒ケ岳と夏雲       表紙にも使っています
      
           夏休みとお盆でにぎわう大沼キャンプ場 
      

昨13日は雨。今日は快晴。爽やかな夏本番。大沼公園周辺の駐車場はどこも満杯に近い。呼び込みの駐車場もあった。
サイクリングでは、マラソンの人、サイクリングの人、歩く人などと出会った。
キャンプ場からは焼肉の匂いが流れてきた。
ステーキの「ランバーハウス」はテラスはいっぱい、下の芝生で親子や子ども同士遊んでいた。

サイクリングに行く前にパソコン小屋の掃除。ずっとやっていなかったので、限界状況。はたきをかけ、掃除機を動かし、雑巾がけをした。階段もトイレも。北側の窓の敷居には緑色のコケがこびりついていた。4カ所のアルミ窓の汚れ落としがきつかった。3時間かかった。

サイクリングで汗ばんだのでマンションでシャワーし、ブランチし、また小屋に行き、さっぱりした2階座敷で大の字になって昼寝しようと思ったが、前夜、充分に寝たようで、眠気が来なかった。老人にしては張り切っている。まとめて言えば、先ず1時間体操し、3時間大掃除し、1時間自転車をこいでこれだから―。たまに掃除をするとオーバーに言いたくなるまでのこと…。

さて、昨日に続き、新聞記事の紹介と若干のコメントをしたい…夕刊を忘れていた!?
○続・今日の新聞、今日の書き散らし 
・東京湾大華火祭は11日だったのに、どこかでまた大規模な花火大会があったらしいと、花火の写真をよく見たら、オリンピックの閉会式だった。テレビがないからオリンピックはほとんど知らない。新聞のスポーツページもほとんど読まない。カナエワは例外。ともあれ、お疲れさまでした、ここで特になぜか福島千里さんへ!

・見たことがないので(そして新聞写真をコピーするわけに行かないので)記事を写すだけになってしまうが、横2段に大きい見出しがある。ゴシックで「アーチ橋 解体へ」、その上に網かけで「幻の軍用鉄路 旧戸井線の遺構」、縦に「函館市 老朽化で決断」。

記事は、「(蓬内橋は)コンクリート製の三連橋で、長さ36.8b、幅3.1b」。
保存を求める声もあったが、「老朽化が進み、市は地元住民の安全を優先した。戦争の記憶を伝える地域の歴史遺産が消える」。

これは鉄路だが、それにしても解体は惜しい。


  ↑ 紀元52年に作られたというローマ郊外のクラウディア水道橋

・というのも、瀬戸内寂聴と佐藤愛子の大型対談(4回連載)が始まり、最初の発言で瀬戸内氏は「…今の状態は昭和15、16年ごろに似ていると思う。マスコミが臆病で、本当のことをなかなか書かない。次に書いちゃいけないと政府から言われる段階に進み、戦争になった。だから東日本大震災も大変だけど、今の状態にはとても不気味な思いがするんです。戦争の足音が近づいている」と言っているから。
戦争が近づいている―これをどう読むか。

・コラム「魚眼図」の見出しに「羽生善治という存在」とあった。筆者は松原仁氏(公立はこだて未来大教授)。
「羽生王位とはコンピューター将棋の研究で何十回も会って話を聞いている。」タイトル独占時代もあって、今も「プロ棋士の代表は依然として羽生王位である。…圧倒的な存在感である。」「コンピューター将棋の実力も、プロ棋士に追いついて…何回か…対戦が行われ、これからも…予定させている」「コンピューター将棋側としては、ぜひとも羽生王位と指したい。他のプロ棋士に勝っても世間の人は納得しない。コンピューター将棋が人間を超えたというためには羽生王位に勝たないといけない。…実現すれば、そう遠くない将来に勝てると思っている次第…」。

おもしろいなぁ。私もいずれ必ずコンピューターが勝つと思っているのである。
たまたま夕刊紙上の名人順位戦で、いま羽生と藤井九段が対戦中である。その観戦記の見出しは「ついに逆転」で、羽生が逆転されたところ。そして「羽生はせわしなくネクタイをいじっていた。1時間前とは表情もしぐさも一変した」と書かれている。人間くさい描写。わたしは将棋は指さないが観戦記を読むのは好き。

2日にわたって、―新聞を読んだ人はたくさんいるのに―わざわざこのようなものを書くなど、意味はないと思うが、中には新聞を読まずにこの通信を読むという人もいるので、つい…。
                         おわり

                     大沼通信 12-08-13へ