12-08-11(2012年 第54号)
   本文は小さい活字になっています。 
○サイクリング再開
  8/11
私事で些事だが、膝が、まァ、よくなったので、5月27日以来、2か月半ぶりにサイクリング。湖畔の林の緑を眺めながらゆっくり漕いだ。森林浴とかフィトンチッドとかの言葉を、近頃は聞かなくなったが、空気はうまかった。爽やかな夏をよろこんでいる。(駒ケ岳は巨大な雲で見えず―表紙写真は奇しくも5/27撮影のもの)
キャンプ場にはテントがたくさんあった。夏休みと土曜日が重なったからだろう。人も多かったが静か。子供の声だけが聞こえた。ざっと見た感じ、装備や服装に疲れがある。ピカピカはクルマだけか。消費増税のせいか、「地方の疲弊」「格差」の言葉が口に出た。

○再び万葉集の歌の読み方について

  
ひさかたの雨も降らぬかはちす葉に たまれる水の玉に似たる見む 

大沼通信 第52号で、佐藤守信さんから、古代ハスが咲いた写真とともに、万葉集の歌(歌碑も)を紹介してもらったが、その読み方について、別の読み方があったので、そちらも紹介し、私が勘で、「玉に似たる見む」より「玉にあらむ見む」のほうがいいのではないかという意味のことを書いた。当然ながら、自信がないので、同じ「丸の内朝飯会」の大橋 忍さんに教えを乞うたところ、次のようなメールをもらった。 8/10  よく調べてもらい、感謝でいっぱい。折角なのでそれを紹介したい。  

                 ++++++++     +++++++++    ++++++++    

図書館に涼みに行った時に,萬葉集の注釈本を何冊か見てみました。「玉に似たる見む」が多数派のようです。わかったことは,その読み方が「萬葉代匠記」(契沖著―阿部注)から発しているということです。

窪田空穂の「萬葉集評釈」は少数派で,「玉にあらむ見む」と読んで,「玉のようであろうのを見よう」と口語訳していますが,「原文「玉似将有見」で『…代匠記』は,「将」と「有」とが顛倒したものと見て,「玉に似たる見む」としている」と解説しています。また,澤瀉久孝の「萬葉集注釋」では,「玉に似たる見む」と読んで,「代匠記初稿本書入に「似有將見ニテニタルミムカ」」と続けています。

他に違った読み方をしているのは,岩波の「新日本古典文学大系」で,「玉に似る見む」と読んで,脚注に「諸本の原文「玉似将有見」。原本文を「玉似将看見」と推測し,タマニニルミムと訓むこととする」としています。若干の理由付けをしているのですが,やや乱暴な感じです。

蓮の葉の上に載る水滴を宝玉に見立てる例は,中国の文章や詩歌には数多くあり,日本でもそれが常識になっている。そういう知識を基礎に萬葉集を読んでいけば,「玉に似たる」の方が自然ではないか,そう読みたい,そう読めないこともない,そう読むべきだ,と考えるのも無理からぬことかもしれません。その限界はむずかしいところです。

萬葉集解釈における契沖という人の大きさを改めて認識しました。古事記における本居宣長も同様なのでしょう。そう考えると,岩波の「新体系」は契沖によらないで「玉に似る」と読みたいという意欲の表れと見ることができそうです。

これ以上深入りするととんでもないことになりそうで,これで終わりとします。いい勉強になりました。ありがとうございました。

私・阿部もこれに付け加えることはない。ここをクリックすると古代ハスへ。

○本読みの途中で
上野千鶴子の「マルクス主義フェミニズムの地平 家父長制と資本制」を読んでいるが、とても私の頭には入らない。章立てをパソコンで打ちながら、読んだ内容を思い出せないでいる。つまり、この章には何が論じられていたか、よく分かっていないから、すぐ忘れるのである。そのくせ、ほかの著作も読みたくなり、古書を注文したりしている―「女という快楽」。昔読んで忘れた本は、目次だけでも見たいと、パソコンで検索―「スカートの下の劇場」。また、あれこれの切り抜きを見ていたら、新聞や週刊誌のコラム記事などが出てくる。たったこれだけで収拾がつかなくなってしまった。上野千鶴子論??は諦めた―最初から無理な予感あり。ほとほと感心し、参った、ということを、ここでいっておこう。たいしたものでした、彼女の才能と研究と表現力。いまだに書き盛りだし。
                                                 おわり

                               大沼通信12-08-08へ