12-08-08(2012年 第53号)    
    
○キノコでない雲 
2枚がうまくつながらなかった。2012-08-06-19.-  今日は広島のあの日。一時雷鳴が轟き雨かと思ったが、カラ鳴り!?  9日はどんな雲になるだろう。

出かけ―不便な暮し   8/7
函館に行った。HRCで行った。頑迷なナショナリストの一面を持つ!?私は、いまだに「JR」という記号を使いたがらない。「旧国鉄」といってはもう古いだろう。いまの会社名は北海道旅客鉄道(株)、英語でHokkaido Railway Company その略語がHRC。しかし、「JR―」の略称のほうが楽勝だろう―語呂合わせも苦しい―。

五稜郭まではHCT(Hakodate city tram)=市電―これは聞き慣れないだろう私製略語だからやめよう―で行った。
混んでいたが、席を譲ってくれる若者はいなかった。なにしろ私は若い。ま、ほかにも立ったままのご老人が複数いたが…函館近辺には「独立」(車内)老人が多い。

言ってしまうと、函館往還の日の私は機嫌が悪い。乗り物のマナーが、いつも、まるで、なっていないから…例外はある、と付け加えるが。
席譲りが少なくなったのは全国現象だろうか。間隔開け座り!?も全国現象だろうか。ケータイ依存症の副作用だろうか。それとも需給関係!?(東京の通勤時間帯が参考になるか)。

散髪し、頬鬚を落とし、また市電で谷地頭温泉に行った。なぜか大幅に遅れた―節電とかで運転間隔が拡がったせいだろう―。
酒保・古西商店でビールを立ち飲みした。初見の客に、いい男と言われた。抗議した。
5時半のHRCに乗り遅れると、3時間待ちになるので、早めに戻りの市電に乗った。
駅近くのデパートで買い物をした。フライパンとフランスパンとあんパンと、奮発してペッパービーフを買ったら、代わりにウスターソースとバターを買い忘れた。

○反原発集会など
加藤周一は3.11を知らずに逝った。生きていたらどんな発言をするだろう。
大江健三郎は「侮辱の中で生きることをやめよう」(「『さようなら原発』17万人集会の記録」の中のスピーチ 「世界」 9月号)と、何度か「侮辱」の言葉を使っているが(故中野重治の奥さんが、留置されていた夫に宛てた手紙の引用として)、加藤周一だったら、たとえばどう言うだろう。氏は「私にとっての20世紀」の中でこんなふうに言っているが…

「…原子力発電などについても、私はもちろん反対だけれど、エネルギー供給源として賛成する人もいるし、廃棄を進めようとする人もいる。それは意見の違いです。個別的な政策問題は、意見の違いがあったら、真ん中を取ってよく考えたらいいというようなことを言ってもいいと思う。しかし、権力が報道の自由を制限した場合はちがいます。…そのときは組織を挙げて闘うというのが歯止めです。妥協して少しずつ制限していたら、最後には単なる御用新聞になり御用放送になってしまう。それが前の戦争の教訓です」。

澤地久枝は、「戦時中と同じように、政治家がウソをついている」と言っている(「週刊朝日」の「さようなら原発」 新聞広告 8/17・24合併号)。
ウソをついたり報道の自由を制限したり、か。「戦争」は終わらないもののよう。

どうやら、「記者クラブ」という日本独特の組織が幅を利かせ、自己規制という形で「報道の自由を制限」しているきらいがある、いや、大きい(上杉隆、岩上安身の講演ほか)。「ねじれ」の1種か。

また、「提出されればすぐ成立してしま」いそうな「秘密保全法」が準備されていて、「知る権利」が侵される心配があるという。管理社会、監視社会の順にここまで実現してきて、次はさらに…とならなきゃいいが。
                                                         おわり 
大沼通信12-08-04へ