12-08-04(2012年 第52号)
○古代ハス  春日大社萬葉園

 ひさかたの雨も降らぬかはちす葉に
       たまれる水の玉に似たる見む

 と万葉集に詠まれた古代ハスが二千年の眠りを覚まして咲いています。             撮影:佐藤守信




ところで、ひょんなことから、この歌に別の読み方があることを知った。
私の持っている角川文庫の「万葉集」では

  ひさかたの雨も降らぬか蓮葉にたまれる水の玉にあらむ見む

とある。あれっ、と思い、撮影し送ってくれた佐藤氏に問い合わせると、上の歌碑の写真を送ってくれた。そこで止めてもよかったが、一押しして、インターネットで―相当数を―検索したところ、そのすべてが「似たる」となっていた。

では、武田祐吉校註の角川文庫はどういうことになるのか、ほかにも「あらむ」と読む本(説)がないものか、こんどは函館中央図書館に照会した。彼、彼女らは親切に調べてくれた。

そして、岩波文庫の「万葉集」は「あらむ」だと知らせてくれた。初版1927年…角川1955年、図書館調べの他の本は初版1912年etc.
1912=大正元年発行の古いほうが「似たる」で、1927=昭和2年の新しいほうが「あらむ」と読んでいる。で、次に原文(インターネットで)に当たってみた。

  久堅之 雨毛落奴可 蓮荷尓 渟在水乃 玉似有将見
                                     「3837 作者未詳」 巻十六 有由縁並雑歌
この下線部分をどう読むかが問題のようである。ところが、原文にも2種あって、もうひとつは玉似将有見(変種?!は玉似<有将>見(なぜか〈〉がついている)。

これでとうとう私はお手上げ。どなたか教えてください。
勘で言うと、玉に似ているから「似たる」と読んだが、当時の読み下しなら「玉に」と読むのではないか。だから、似たるから、玉に有=ある―あらむと読むことにしたのではないか…。

                                                     おわり

                     大沼通信 12-08-03へ