12-08-03(2012年 第51号)
○真夏日―函館も30℃超(7/29が初)幾日か
昨夏、熱中症になりかかったので、今年は注意している。温度計の30℃と40℃を見まちがえないようにしている。いま考えると、ひどく鈍い温感(温勘?)だったと思う。もう、そのようなことはない。危ない時間帯は1階に下り、涼しい環境で「仕事」をしている。(8/2夕方からは2階でも上半身裸では涼しすぎ)

○ホームページコピーのまとめ
ほぼ1年前の「大沼通信」(第45号 11-08-12)に、こう書いた。
「ホームページのコピーを整理することにした。「大沼通信」は2001年からある。「リブリ」は2003年夏から始まった。「癌エッセー」と、続く「女好き爺の思い出話」も長い。そのほか「大沼漫歩」「儚々老随筆」「アルバム」など、まだいろいろある。それらを整理して合本を1冊作ろうかと思うようになった。膨大な作業だろうが、やれないこともなかろう」。
エンジンをかけてから動き出すまでに1年。しかも、上記の種類ごとに分ける作業はガ・フレにやってもらっていた。私はそれをもとにざっと整理しただけ。「リブリ」の参考資料が多かった。これは製本しないが、捨てにくい。
これから年次ごとに分け、目次をつくり、体裁を整え、製本に回すことになる。全部で何冊になるか、まだ分らない。作業がうまく続き、年内にできたとしても、思い立ってから1年半―年内はちょっと無理か。動作が鈍ってきた。朝の体操の動きも同じ。本読みのスピードも同じ!?

○テレビのない暮し1年―やせ我慢?
上記と同じ号に、こうも書いた。
「テレビのない暮しとその後」として、「『テレビよ、さらば』『見たい番組がひとつもない!』 こんな風にもスカッとさせてもらった(週刊誌の)見出しは近頃では出色だ。…決して大げさではない」とも書いた。じつは、自分でもいつまで保つか自信がなかったが、1年経ったいま、オリンピックと甲子園野球のこの時期、テレビが欲しいとは思わない。とはいえ、このことを何度も書くのは、やせ我慢かもしれない。

やせ我慢といえば、福沢諭吉に「痩我慢の説」があった。
これは、やせ我慢一般についての説ではなく、勝海舟と榎本武揚の生き方、方向転換などについて、とうとうと論じる時事評論だが、私にはよく分からない。私のは単に「我慢して、無理に平気そうに見せかけること」(新明解)であるが、諭吉の話は大きい。ひと言引用すると、
「世界古今の実際において、所謂国家なるものを目的に定めてこれを維持保存せんとする者は、この主義(やせ我慢のこと―阿部注)にらざるはなし。」また、「瘠我慢は立国の大本としてこれを重んじ、いよいよますますこれを培養してその原素の発達を助くること緊要なるべし」などといっている。

*パソコン遊び
私はテレビがない代わりにパソコンで遊んでいる。「やせ我慢」を検索すると、内田樹の研究室に至り、そこでは国家論の解説から勝海舟と福沢諭吉の往復書簡の現代語訳(1部)まである。こちらのほうがテレビよりおもしろい。ほんと。

*五輪の新聞写真
テレビの代わりにもう一つ、不動の映像=新聞写真は見ている。
女子水泳選手の作り変えられたような体型は見事と思う。
体操女子団体の主将は、男好きのする顔で伸び伸びとした姿態を写されていた。最下位だって―そういうこともあらぁな。
ビーチバレーの会場は「首相官邸」や「バッキンガム宮殿にも近い」「騎兵の交代に使われる広場」だという。乙な計らいといえようか。窮余の一策かな。

*震災と甲子園・五輪
「震災 記録と記憶」のタイトルで ジャーナリスト外岡秀俊はこう書いた。
「1年半近くが過ぎ、私たちの記憶に何が残っているだろうか。」美談や涙する報道もあったが、「…いまは、夏の甲子園に、ロンドン五輪に、次の『感動』を求めて心を躍らせているのではないだろうか。」「ガレキや廃墟になった被災地をバーチャルな『復旧・復興』が覆い始めた。私たちは順調に復旧が進んでいると錯覚し、『少しも回復しない被災地の現実』から、目をそむけているのではないか」(道新 8/3)

私は暑中見舞いのハガキにこう書いた。
「間もなく五輪と甲子園で何かがごまかされる予感」と。(7/23・26付)
                                                     おわり

                             大沼通信12-07-28へ