12-07-28(2012年 第50号)
○温泉ドライヴ 銀婚湯   7/26
裏駒ケ岳というか、森駒(森町海岸から)といおうか、いわゆる絵はがき駒ケ岳とはちがう姿。笠雲が横一線。
晴れて28℃という珍しい気温を喜んだ(23日までは低温、24、25日は雨と曇)。
          
吊り橋を渡り、散在する4カ所の露天風呂のうち、3ヵ所を巡ったが、この秘湯も全体にさびれてきた感じ。
4つの離れ湯は、時間によるのか、「トチニ湯」以外は湯船に湯がなく、ほかは湯船自体が乾いていた。近くは蜘蛛の巣が張ったままだし、洗い桶も汚れたままだし、脱衣場も使った跡がない。
内湯の露天も、たまたまだろうが、温度が上がらないとかで(泉源は高温)、日帰り入浴代が200円引きの500円。格式ある本館も泣いていた。

洗い場に入れ歯を忘れ、少し走ってから戻り、捜してもらったが、ない。よくみたら、手元の洗面袋の中にあった。サービスはいい。
往復の車中でエビスビール。
3人で、次は最近リフレッシュオープンした「七重浜の湯」(旧函館スパビーチ)へ行こう、となった。「絶景露天風呂新設」と宣伝している。

○手描きのTシャツ
ガ・フレの娘さんから、手描きのTシャツをプレゼントされた。私の好きな太陽と海をあしらった、世界にたった1枚のシャツ。→
胸には亀さん。ありがたくいただいた、早速着て、温泉ドライヴに出かけた次第。
彼女は、この夏、ほかにもたくさんTシャツに手描きしたという。

○椅子の修理
心棒が折れたので修理に出した。椅子の下半身を取り替えた。4万円かかった。
「大塚家具」の、けっこう高価な椅子だが、10年も使うと中心の鋼鉄(多分)が曲がることがあるのだ。派手なリクライニングの多用もあったかもしれないが。思わぬ失費。
函館の「ハコモク」に依頼したが、持込みも引取りも田中一穂さんにお願いし、トラックで運んでもらった。一穂さんが2階へ上げてくれた。下ろすときは私が1人で引きずり降ろしたが、そのとき膝をひねって、いまも軽い後遺症。
                           おわり

                           大沼通信 12-07-22へ