12-07-18(2012年 第47号)
○東京の読者から絵とお便り 
*節電の夏、このスタイルで乗り切ろう!と。 
北の国が本当にうらやましい!

*
暑すぎる!数日です。北海道の一時の暑さ情報にへーーと思っておりましたがこの暑さに人のことなど構っていられない?気持ちです。 
HPで色々知識を教わっています。 感心も。 「1Q84」に関しても、本の読み方にも。 フフフ、少し賢くなりそうです。すぐ忘れるのですが…。

*
いいなぁ、《内なる光》―儚儚老随筆NO.47(7/16)
       
○トタン屋根の2階
とはいえ、私のパソコン長屋も相当なものである…齢と天気については言わないとした誓いは簡単に覆る! …トタン屋根の2階部屋は日中30℃。
クーラーも扇風機もないからランニングシャツとパンツ=ブリーフ姿で机に向かっている。
30℃なんて、まだ低いうちに入る気温になったのだろう。私もこのまま、対策なしで過ごすつもり。
ときどき入るそよ風の心地よさ。夕方にはジーンズを穿く。

○昨日のドジ
危ないところ。3000円も損をするところだった。
函館市は70歳以上の高齢者の市電・バス料金を半額にしていたが、今年度からそれを年間6000円に制限してきた。500円で1080円分(80円はおまけか)のカードを受け取る仕組みとし、1人12枚の交換券が来た。その「高齢者交通料金助成券」をカードに変えようと、バスを降りるとき、券を6枚を出し3000円払い、1080円のカードを3枚受け取った。しばらくしてちょっと変だなと思いながらも帰宅してしまった。今朝、ようやく「おかしい」と確信し、市役所に電話し、そこからバス会社に連絡してもらい、バス会社からお詫びの電話が入った。届けるといったが、遠いので私のほうから出かけるからと、駅前のバス案内所に預かってもらうことにした。市役所の機敏な扱い、バス会社の「基本的ミスでした、以後気をつけます」の侘び言とも、よかった。
このところドジの多いこと!! (忘れるほど! 沢山ある)。
ただ、昨日乗ったバスの時刻を思い出し正確に伝えたので、当該運転手がすぐわかったらしい。ウフン。

○心頭滅却
心頭滅却すれば火もまた涼し。心頭滅却とは念頭から雑念を消し去ること、無念無想のこと、と辞書にある。無念無想にはなれないから、私は頭を熱くする―暑さを忘れる「熱頭法」。

@
原発の立地自治体や地元企業が再稼動に賛成するわけはちゃんとある。原発という酸素吸入器をはずされれば、生き残れないからである。当面生きていくためには再稼動や老朽原発の稼動以外に選択肢はないからである。(要旨。「『異質な空間』」の経済学」金子勝 『世界』8月号)
過疎県などといわれる「おくれた地方」の海岸に(ここは私の書き入れ)、「窓のない巨大な建物を中心にして、幅広い道路やあちこちにある豪華施設を見れば」その「異質性」はよくわかる。(同上) ではどうする―省略―「問題解決の糸口」は書かれている。

Aその危険性が広く知られている4号機の取材記事も、上の号に出ている。(「隠される原発事故の『いま』 4号機視察と東電の情報操作」木野龍逸」(同上)
そして今日18日には次のニュース。ようやく始めたという。

「東京電力は18日、福島第一原子力発電所4号機の原子炉建屋の燃料プールから一部の燃料を試験的に取り出す作業を始めた。燃料を原子炉建屋から取り出すのは、昨年3月の事故後初めて。中略。
4号機には最も多くの燃料が保管されている。事故で爆発したこともあって大きな被害を受けており、原子炉建屋の耐震性が懸念されている。東電は来年12月に本格的な燃料取り出し作業を始める」。(7/18 朝日 24時刊―パソコン)

B首都圏の方にも頭を熱くしてもらおうか。ま、簡単にタイトルだけにしておこう。
「首都圏の水が危ない! 霞ヶ浦に溜まり始めたセシウムをどうするか」(まさのあつこ 同上)。中見出しに「浄水場にも広がるセシウム汚染」がある。
                                                 おわり

                              大沼通信12-07-15 no.46へ