12-07-15(2012年 第46号)
○「1Q84」の感想  NO.5(最終回)
長くなってしまった。これほど長い感想を書いたのは生まれてはじめてではないかと思う。いまだに青豆が、天吾が、そのほかさまざまの人物が、また、いろいろのシーンがチラチラしている。しかし、そういうことは自分ひとりで愉しめばいいことだ。で、最後の今回は、私がうまいと思った文章を、ほんの1部だが抜き出し、そういうところも愉しんで読んだということの報告としたい。
数字は文庫本の通し番号、章、ページの順。順不同。1部重複。

うまい―シャレた―心にくい―文章

「ワインで乾杯をした。グラスを軽く合わせると、遠くで天国の鐘が鳴ったような音がした」。2-15-84

「意地の悪そうな老人が、頭の悪そうな雑種犬を散歩させていた。頭の悪そうな女が、醜い軽自動車を運転していた。醜い電柱が、空中に意地悪く電線を張り巡らせていた」。3-12-327

「つがいという言葉は天吾に、ソニーとシェールを思い出させた」。4-14-40

「論理の通らないことを論理的に説明するのは…六本木のオイスター・バーで本物の真珠に巡り合うくらいむずかしい」6-26-295

「退屈しのぎにAMラジオをイヤフォンで聴いた。…人はどうしてこのような愚かしい番組を制作し、わざわざ電波をつかってそれを広汎な地域に散布しなくてはならないのだろう」6-16-15

人間関係の複雑さに搦め捕られることなく、規則に縛られることをできるだけ避け、貸し借りのようなものを作らず、一人で自由にもの静かに生きていくこと」―天吾―「責務を伴う立場に立たされることを巧妙に避けながら、彼はこれまでの人生を送ってきた」。2-20-230

「イリオモテヤマネコだか、パナマ運河だか、オゾン層だか、松尾芭蕉だか…できるだけ遠くにあるものについての夢を見ていたかった」2-22-294

新聞のベストセラーリスト()の「…1位になっているのは『食べたいものを食べたいだけ食べて痩せる』というダイエット本だった。素晴らしいタイトルだ。中身がまったくの白紙でも売れるかもしれない」5-3-73

「そして世界はコンピュータ管理者と侵入者たちの血なまぐさい戦場になりはてるかもしれない…」5-7-168

「頭が痛いわけではない。意識はクリアだ。ただ何か風通しがよすぎるような感覚が体の中にあった。専門家によって手際よく清掃された配管装置になったみたいだ」5-9-237

「…眉を曇らせると、目の両端に小さな皺がよった。注意深い自己訓練を重ねた中年の女性だけが、このような微妙な意味合いをもった知的でチャーミングな皺を獲得できる」5-10-248

(…が)朝から晩までただ黙々と雲をつくりつづけているのだ。蜂が蜜を作り、蜘蛛が巣を作り、戦争が寡婦を作るのと同じだ」5-15-364

(ロナルド・レーガンはヤスと呼び中曽根首相はロンと呼んでいた)その2人の新聞写真を見て「彼らは建材を安価で粗雑なものにすり替える相談をしている2人の建築業者のように見えた」5-15-374

箴言風な文章

「追跡者の死角は追跡されることなのだ」6-20-145

「太った葬儀屋を天吾はこれまで目にしたことがない」6-21-178

「便秘は青豆がこの世界でもっとも嫌悪するものごとのひとつだった」1-9-261

「…『風とともに去りぬ』を書いた作家と同じだ。一度偉大な何かを達成しただけでもよし(、、)としなくてはならないだろう」5-12-315

「正しい歴史を奪うことは、人格の一部を奪うのと同じことなんだ。それは犯罪だ」―オーウェル「1984」について 2-20-240

「この不確かな人生においては、いつ何が起こるかわかったものではない。パジャマをこまめに洗濯しておくのも、それに対する方策の一つ」 3-14-39

「コミュニズムはもともとは高い理想を持った優れた思想であったが、それはリコ的な政治家によって途中でまちがったかたちに歪められてしまった」4-19-175   
                                             以 上

                          大沼通信12-07-15 NO.45へ