12-07-15(2012年 第45号)
○読者のお便り カーネル・サンダースの髭に抗議!?  (髭は鬚のほうか??)
アハハ、ですね。カーネル・サンダースとは安っぽいです。「俺は、モーゼに似ているとも言われている」といって、ガ・フレからプレゼントされた杖を活用されたらいかがでしょうか?

「丸の内朝飯会」の吉田氏は、以前から私をモーゼと呼んでいる。いくら何でも、と思うが、続いている。杖はまだない。いや、必要ない(と思っている)。

リブリ100回記念会、驚きます。さらに(大橋さんの読書会の)50年もの、40年ものとは。上には上があるものです。9年続いたのもすごいことです。でも、残念なことでしょうね。こういう規格はずれに思える超人物の方々に、すごい歴史があったことを、いろいろ想像しています。


別稿「儚儚老随筆」NO.46で触れているが、今日7月14日の新聞切抜きの山!?を少し崩してみたい。少しばかりコメントしてみたい。朝日と道新だから読んだ方にとっては無用の、そして時間泥棒になるから、ここで「戻る」のクリックを。

時々新聞に刺激され、時事批判―文句付け―を書いているが、読み直すと、自分で「まぁ、まぁ」と認めてしまうことが多い。ただし、政権交代直後の民主党政治の持ち上げ方はひどかったが、大方が、騙され失望したようだから、私も点が甘い。それは認める。その後の(今の)民主党(政治)に対しては、騙され失望したままきているから、輪をかけた辛らつさがあろう。私の意見もその流れに沿っているから、それもつまらないと思われたら、ここでも「戻る」のクリックを。
しかも、小沢一郎の新党については、材料皆無なので触れられず、これまたつまらない…。

さて、前置きが長くなった。
今日1日の切り抜きは、「儚儚老随筆」に次のように書いた。
「デモ・野球・オリンピック・広告・占い・時事漫画・学習・政策解説と意見(マイナンバー導入と歳入庁創設)・貧困(函館市の生活保護費)・コラム(文化―時の回廊、天声人語・卓上四季 )・検定模擬問題etc.」

最後は「etc.」。ほかにもあるわけ。お付き合いさせてはいけない分量になってしまったので、できるだけ興味がもてるよう、分かりやすく、簡潔に紹介し、少しコメントしたい。

田中13K エースの底力 斉藤に3連勝―朝日。また自滅 祐 7敗目―道新
野球試合。当然である。野球など知らない女ミーハーが騒いだが、実力がないのはみんな知っていた。人気で観衆を集めようとの商売根性。プロ野球とプロ相撲は早晩滅びる…衰退ぐらいにしておくか。

きょうの運勢 9月生まれ―よそ見不可。本業一筋で。異性に関しても。
「1Q84」の中で主人公天吾が、アルバイトでこの手の占い文を書いていたとあったので、以来、切抜きはしないが、読むことはある。それだけの話。バカバカしい。

足がつる"こむら返り"の激痛 これで解消  監修「大学名誉教授 ○○子」 送料280円
本の宣伝。大学の名称が脱落している。送料は楽天ブックスなら無料。買う人がいるのかねぇ。私もときどきつるし激痛にも襲われるが、じたばたしているうちに消える。

「語彙・読解力検定」おためし問題―辞書語彙、新聞語彙からと模擬問題(準2級・2級)。全部で6問。
挑戦したら正解2問。むずかしい。しかし、1つは解答というか設問がおかしいと思ったのでご意見をいただきたい。
もっとも適当な意味を表すものを選べ、の問 1 「感じさせ心を向けること」@感移A感納B感取C感信D感通。
正解は@感移。はじめは私もそう考えたが、「移」はやはり「移る」であって「向ける」とはならないと思う。私の答えはB感取としたが、ぴったりとはしない。だから、愚問であろう!? 

文化欄―時の回廊 中根千枝「タテ社会の人間社会」 場を重んじる構造 今も
この本は1967年発行。理論分析の概念は「資格(属性)―たとえば記者―」と「場」―朝日新聞―。日本は場の共有が重視されるから、たとえば、「うちの会社」という。日本ではイエやムラなどの組織のあり方、意思決定の方法が全国的に共通。45年経った今も基本は変わらない。「たとえば原子ムラ。原子力の技術者は資格ですが、異なる資格をもつ東電、官庁、大学などの出身者もメンバーとして、一つの場、一種の排他的集団ができていたようです」。
原子力ムラは、日本の社会構造の基本原理の表れと言ってもよいらしい。バラバラにするのはなかなか難しいかも。

柏崎刈羽再稼動に反発 東電会長と会談の新潟知事
知事「残念ながらお2人とも(就任してから)いきなり再稼動の話をされている」…矢継ぎ早に「経営と安全、どっちが大切とお考えですか」 会長は緊張した面持ちで「一番大事なことは安全です」などと答えるのに精いっぱいだった。就任直後に会長が、「再稼動が経営再建の『根幹』だと発言…知事が反発した。事故の検証や反省を置き去りにして、再稼動を急ぐように映ったからだ」。
経営が危なくなるから動かすのであって、安全だからではない、ということ。簡明な話。その証拠は次―

廃炉なら数千億円損失 東電会長 福島原発に明確姿勢示さず
もう多くの人が知ったように、「廃炉と決めると会計上数千億円の損失が発生し、経営をさらに圧迫しかねない…」しかし先送りで延命しようとしても、資産として維持するには「企業会計上減価償却費を計上する必要があ」り(中略)「再稼動の予定がない原発の維持費についても電気料金として利用者が負担することが濃厚だ」。
東電を破産させたほうがよかったという意見も、賠償金というお金が絡んでややこしい。カネカネカネ。欲欲欲。

ひとコママンガ
ここに図は示せないが、言葉にすれば、擬人化された議事堂が、議員定数是正の幾つかの「案」を放り出してぶっ倒れている図。キャプションは、「『ねじれ』のせいだけではない 国会の体質を改善する意欲に欠けてるんですな…」
憲法違反(違憲状態)もへったくれもない国会議員たち。9条を護らない憲法違反以来の体質持続中。

自民党野田派といわれる民主党首相―番外編ひとつ
大沼通信に、野田氏は自民党に入ったらどうか、と書いたつもりだったが、あまりに可哀相なので掲載は見送ったらしいが―怪しい記憶―今では―公然かどうかは知らないが―自民党野田派といわれているとか新聞に出ていた。笑っていいものかどうか!?
彼は野合連合をたくらんでいると思われる。その間にドサクサを作っておいて。すなわち、消費税大幅アップ(=公共事業費増)と解散総選挙おどしと高校野球とオリンピックとで、まずマスコミが目をそらされ、原発災害記事が縮小される危険を感じる。日本の大手ジャーナリズムが、いまひとつ信頼できないから。そしてその間に政界再編とかいうドタバタ、さらには大連立とかいう逆コース……ただし、私の予想は当たったことがない。

大雨とコラム 
「天声人語」と「卓上四季」の「良い」マンネリズムと「おもしろい」かち合い。
引用された本は2紙とも「雨の名前」(小学館)。
この時期の大雨を「分龍雨と呼ぶ」が卓上四季、「芝槫雨(しばくれあめ)」が天声人語。 
引用された人各2名。卓上四季は南方熊楠―「十二支考」―、天声人語は気象随筆の倉嶋厚。
文中、2紙とも気象庁の「これまでに経験したことのないような大雨」を引用。

1面下段のコラムは、ときにこのようなことがあって比較でき、おもしろい。今日は、東京、毎日、日経も見たが他紙は他事だった。なお、ついでながら、
読売の「編集手帳」を読むには本紙購読申し込みが条件になったらしい。バカな話だ。そのうちまたタダで読めるように戻すだろう。逆に他紙も真似るか。よりバカな話だ。この予想はどっちに転んでも当たりそう。

東京新聞にJCJ大賞
日本ジャーナリスト会議が、「…福島第1原発事故後、当局の発表に依存しない取材、検証を続けた」として選んだ。5/3付大沼通信第26号で東京新聞を好意的に取り上げたことがあるから、悪い気はしない。

官邸前 脱原発デモ 金曜の夜 叫ぶ 歌う 訴える―朝日
 「再稼動反対」金曜日 東京 13日も数万人 やまぬ連呼 無言の官邸―道新
一番大きい切抜き記事は、8段抜き(朝日)と6段抜き(道新)の、写真入りの、金曜夜の官邸前のデモ。

まだまだあるが、ここらでお仕舞いにしよう。
たまの1日かもしれないが、新聞がずたずたになるのも歴史のひとコマではなかろうか、と。
                                                       おわり
                NO.46へはロゴをクリック

                         大沼通信12-07-12へ