12-07-12(2012年 第44号)
○志麻木亭さっ平落語独演会   7/8     札幌八軒 蕎麦処 志麻木庵 
  
出し物は「王子のきつね」。ある雑誌が、誤って「玉子のきつね」と印刷してしまった話を紹介し、この噺の中に「出し巻き(卵)」が出てくるので、まるっきり縁がないわけではないと言って笑わせた。きつねが清元のお師匠さんに化けたので、清元をしんみり唄って拍手を受けた。
        
当日は、大出先生ファンで東京から聴きに来た田中真知子さんの誕生日だったので、夜、常連の大津さんと私を加えた4人でささやかなお祝いの会を持った。さっ平先生は袴と白足袋にベレー帽といういでたちで、イタリア料理店へ向かうときは、姿勢を正し颯爽と歩いたので、威風堂々あたりの人たちが道をあけてくれたほどだった。
ワインで乾杯。生ハムはテーブルに持ってきて「直接切り」とかいって、目の前で切ってくれた。メカジキ料理や野菜、チーズの盛り合わせ、ピザはマルゲリータ、デザートはティラミスやジェラート。
殆どが20代のコック、ウェイター、ウェイトレスという店。よくやっているという感じの、なかなかにいい店。

○カーネル・サンダース 
私の髭がカーネル・サンダースに似てきたらしい。札幌の街を歩いていてそう見られることがあった。鋭い目つきで見る人、じーっと長く見つめる人、声を出す人―2人連れの青年が、相手にカーネル・サンダースが歩いていたとでも言ったので振り返ったとき―とか。
また、狸小路で信号待ちしていたら、「ケンタッキーフライドチキンってどうやって作るの?」という声が聞こえた。「えっ、おれのこと?」と思って声のしたほうを見ると、高校生くらいの青年たち5、6人が笑っている。で、「どうだ、カッコいいだろう」というと、うなずいた。最初に声をかけた青年は「触らせて」といって手を出し、「あ、硬いや」といった。後ろの女2人も笑った。
彼ら彼女らは信号が変わっても渡らなかった。夜の繁華街にたむろする若い衆。

○ちょっと膝を痛めたので、1週間ばかり右足を引きずって歩いている。安売りドンキーとかで杖を買おうかと思ったが、高いので止めた。1日はゆっくり散歩し道庁の池で写真を撮った↓

                    枝垂柳と睡蓮と      北海道庁前の池 
            

                         水面に映る青空とテレビ塔
        
買い物は、100円ショップで16点(ちょうど!?降ってきたので折畳み傘も)、ユニクロでTシャツ2、丸首2、ランニング2、紀伊国屋書店で上野千鶴子「家父長制と資本制―マルクス主義フェミニズムの地平―」、かま栄のかまぼこetc.
                                                  おわり

                          大沼通信 12-07-02へ