12-07-02(2012年 第43号)
○リブリ100回記念会 「硝子戸の中」夏目漱石       6/29   大沼湖畔キャンプ場テント 

いい天気で暑いくらい。地元の私たちが、いいところだなぁ、いい景色だなぁと口に出すくらい。
テントを張って、中に座ったり椅子にかけたり、思い思いの格好で。
幹事のはる枝さんは、これまで取り上げた本を全部持ってきてテントの中に並べた。なかなかに壮観だった。

常連のメンバー―田中夫妻、岸本夫妻、三浦さん、西浦さん、今さんのほか、久しぶりに佐野史人さんも参加。東京からもお2人―大橋忍さん、田中真知子さんが、わざわざ飛来してくれ、10人(2次会出席を入れると11人)の参加。

「硝子戸の中」は朗読のCDが森町図書館にあって、はる枝さんが借りて聴いたという。ではこちらは読み聞かせ活動をしている和子さんに、ここで読んでもらおうということになり、第38章の全文を読んでもらった。


第1回からこの第100回まで、1度も欠かさずに読書メモ(感想・書評)を書いてくれた大橋さんの今回のメモが例月のように真っ先に読まれ、取り上げられた。(別項メモ参照)












漱石はなじみがあるのか、話しやすく、きまった方向はなかったけれど、みなさんがそれぞれにおしゃべり。
 
用意してあったレストラン・バルトの仕出し弁当を食べ、運転しない大橋、阿部はビールを飲んだ。
 
2次会は6時からプリンスホテルのコテージで、7人で。お刺身まで持ってきてくれたので宴会調になった。ビール、日本酒、焼酎と飲むほうもたっぷり。気がついたら9時過ぎ。田中・岸本ご夫妻はそれから帰宅。

大橋さん、田中真知子さん、阿部の3人は11時半まで、話しの続き。話題は多岐にわたった。たとえば、大橋さんが続けている読書会は50年ものと40年もの―妙な言い方だが―の2つがあるという。どちらも毎月、同じ場所と時間だから、出やすいという。そういえば久しぶりに出席した佐野さんのおしゃべり会も時間と場所が一定だといっていた。それから美術の話し―ボストン美術展や中国宋の細密画、海外の子供たちの絵画鑑賞など―、音楽の話し―オペラから指揮者のこと、能と歌舞伎のことなど―際限なく。

大橋さんから以下のメールをいただいたので、転載させていただく。
 すっかりお世話になりました。ありがとうございました。よく飲んで,他愛ないことをよくしゃべりました。お疲れのことと存じます。
 函館を少し歩く予定を変更して,電車を一台遅らせて,日暮山展望台に登りました。ウグイスがよく鳴いていて,少しかすんだ大沼・小沼がいい風景でした。それから島をゆっくり巡って…。
 りぶりの例会記録をじっくり見直してみたら,私は7回出席しているようです。6回が大沼,1回が久慈です。その他にリブリと別に朝飯会メンバーと行ったり,札幌出張の際に寄ったりしているので,8回か9回くらいお邪魔しているかもしれません。
 改めて,いいところだと思います。また,いいメンバーを集めたものだと思います。このままに終わってしまうのはもったいないですね。 夏に向かいます。ご自愛を。

○リブリ解散のこと
9年続いたリブリは、主に阿部の生活上の都合から解散することにした。大沼の生活が一層不便になったこと、女房が冬の到来前に横浜市の娘に引き取られることになり、私が団地マンションに住み替えるかもしれなくなり、ちょうど100回ということで、ここらで一区切りつけるのもいいか、と考えた結果である。
上記大橋さんのように、もったいないという方、続けて欲しいという方もいるが、一方に負担になってきた方などもいるので、一旦、解散することにした次第。

再開するとしても、来年以降で、場所も函館市内になりそう。場所も時間も、そして、形も変えることになるかも知れないが、メンバーの意向やアイデアを取り入れながら、ゆっくり考えようと思う。

○読者のお便り
・大沼通信ありがとうございました。盛り沢山で、貴兄のバイタリティに舌を巻きます。さっ平先生の口上、写真から聞こえてくるようです。ライヴのすごさは格別でしょう。
・ご返事を差し上げないうちに分厚い封書、偉い学者の論文を読むようで、じっくり味わいました。当方、物の置き場所探しで1日の3分の1は無駄に時間を費やしています。郷土史家が明治期、延岡の殿様・内藤家の由来について書いた本を求めましたが、一気に読む気力はなく、暇なとき、少しずつ読むくらいのこと。それでも読む本があることで安心するのです。以下略。
                                                   おわり

                          大沼通信 12-06-25へ