12-06-25(2012年 第42号)
○小出裕章氏の講演会   6/23   函館若市松町 総合福祉センター
反・脱原発の論者としても有名な氏をお招きしての講演会に行ってきた。以前どこかでDVDを見て、人柄が気に入り、著書1冊も読んでいた。好きな人のひとり。
タイトルは大雑把に「放射能のおはなし」。
500人は入ったかと思う大講演会となった。リブリのメンバーや知った顔も何人か。
パワー・ポイントを使いながらの、いいお話を聞くことができた。主張もはっきりしているから、わかりやすい。東電や原子力ムラ―政官財から学者・研究者まで―の悪さ加減の指摘もあり、理解できた。彼奴らはダメなグループである。そしてタチが悪い。結局は「欲」のギラギラ。自分大切根性。
それにしても怖い放射能。学問の到達点として、いま、「被曝のリスクは低線量にいたるまで直線的に存在し続け、しきい値はない」という。…これ以下なら安全という基準はないということ。
そして日本国の方向が悪い。民主主義の危機。ここは踏ん張りどころ。飽きてはいけない。
そのあと、「魚一心」で、Tさんらといっぱいやった。

○「リブリ」100回のリスト
取り上げた本の一覧表を掲載したところ、間接的に知って見た方からメールをいただいた。  6/22
「さて、きょう、吉田勝昭さんからのメールで、「読書会」100冊のリストを拝見してまたびっくり。すごい読書リストですね。私たちも東京で、同じ昭和17年生まれの5人で読書会をしています。半年に1回です」(要旨)。

1Q84」の感想  NO.4 
          
1Q84」はBook 2で終わらず、続編があると予想されていたようだが、当時私はまだ春樹と縁はなかった。だからそんなこと、知ったことではない。つまり、はじめからBook 3まであるのを知っていた。天吾が青豆を必ず見つけようと心を定めるところなんかで終わるわけはない!?

続編―と言ってはいけないか―Book 3には、はじめて調査マン牛河の章が出てくる。以後牛河、青豆、天吾の順に出てきて、最後の31章だけ「天吾と青豆」となる。さて…。

牛河は、新興宗教・さきがけのボディガードから、犯人追跡の調査が遅いと責められるが、手持ちのカード全部は見せず余裕を持ってあしらう。そして独自に老婦人の身辺、青豆の小学校…天吾と青豆が同クラスだった…を調べ、天吾の高円寺のアパート監視へと進む。その間に牛河自身の生い立ちからいままでのことも明かされる。

青豆は拳銃の引き金を引かなかった。Book 3前編の青豆の章はこう始まる。そりゃそうだ、だから、なーんだ、とはなるまい。そのとき、遠い声―名前を呼ばれたような―が聞こえたのだ。

ところで、私はこの感想を、年齢相応に、フラフラよろよろと書いているが、ふと、立ち止まって考えることがある。それをここで整理すると、
@登場人物のそれぞれを想像すると、彼ら彼女らが「孤」であること
Aそれら各「孤」に対抗するのが「組織()」であること
B青豆と天吾の関係は恋ではなく「愛」であること
に気づく。と、ちょっと大きく出たので簡単に敷衍すると、

@「孤族の国」という言葉を使って日本の断面を示した新聞特集は朝日。造語かどうかはともかく、やはり、内容としては「孤独の人」だった。ところが「1Q84」は、「人の孤独」である。単に「孤独」または「孤」でもいい。要は、形容詞の孤独でなく、名詞としての孤である。主な人たちは孤の人ばかり。これは孤の人たちの物語と言ってもよいか。「孤」にあれば、自由で、自己発揮でき、自己充実している。

A対するは「組織」か。闇、秘密のベール、何か悪企みがあるような。現実の、いくつかの宗教団体―非課税組織(小さいか)―を思い起こさせる。昔、と言っても戦後だが、都庁を伏魔殿と称し揶揄した時代があった。いま、伏魔殿は都庁に限らない。しかしここでは、さきがけ=組織悪という風には簡単にいかない。ここでは老婦人がリーダー殺しは「正しいこと」と断言し、復讐ではないといっている。赦せないのは組織悪だけでなく、暴力、弱者へ繰り返す暴力。


B恋でなく愛。青豆と天吾の関係は恋ではない。恋愛小説ではサラサラない。ここでの愛は、遠いもの、または普遍であろうか。
 モーパッサンの作品に「死の如く強し」があるが、主語を補い「恋(または愛)は―」として読まれているようだ。本書は性行為なしで妊娠するから「愛は産むほどに強し」とでもなろうか。
 青豆は生理の遅れに気づき、リトマス紙?でテストすると妊娠していた。一種の処女懐胎―処女ではなかった、と断っているが―そして天吾の子供かと想像する。

一方、天吾は生理のない娘ふかえりと奇妙なセックスをし―「そんなできたての小さな性器に、彼の大人のペニスが入るとはとても思えなかった…しかし」「既に隅から隅までふかえりの中に入っていた」―そして射精する。この世のことではなかった?
 横道に逸れた。またしばらく読み進めよう。

 天吾
は千倉の旅館に滞在し、小説を書きながら父を介護、本の読み聞かせなどする。一夜、看護婦たちとカラオケで遊び、そのあと誘われ、安達クミとハシッシを吸う。吸う前に彼女は小説「空気さなぎ」のことを話す。3回も読んでいた彼女は次のように言う。

「自分が護られている気がする、空気さなぎにくるまれている気分、わたしがドウタで、外側にマザが見える。何かに包まれて誕生を待っていて、それをマザが見守っている、空気さなぎは子宮のようなものかも(要旨)―分りやすく言えばそういうことらしい。

天吾はクミの部屋で寝る。「豊かで濃い陰毛」をこすりつけられるが、勃起はない。朝、彼女はぐっすり眠っていて、「髪が朝露に濡れた元気な夏草のように頬にかかっていた」。

帰京する。ふかえりがいない。予備校代講の友だちのところに手紙が託されていた。編集者小松と会う。ふかえりは戎野先生のところに戻ったという。さらに小松は、さきがけに監禁されていたと告白。

 天吾の父の死が安達クミから知らされる。葬儀後の役場手続きの詳しい描写は勉強になり、また笑いたくなるほど。

青豆は引き金を引かなかった。天吾に会えるかもしれない、だから生きたいと思った。それから彼女は毎夜滑り台を見ているが天吾は現われない。タマルに、逃亡せず、このまま年内はここにいると伝え、差し入れられたプルーストの「失われた時を求めて」を読むことにする。また、タマルに妊娠テストキットを依頼する。彼には解せない。代わって老婦人からも電話。青豆は、根拠はないが「感じる」、受胎の可能性としてはリーダーを殺した雷鳴の轟いた夜と答える。テスト結果は妊娠(2カ月)。老婦人邸を探る男がいたので注意するよう言われる。老婦人と青豆は、2人ともあの雷鳴の夜、「怒り」を失ったよう、代わりに悲哀が、と―不可解な―会話。

 ある夜、青豆は滑り台の上で月を見ている牛河を見る。急いで追跡し、天吾のアパートが分る。表札を見、ベルを鳴らすが不在。タマルに連絡。これまでの経緯を説明し、天吾に危害が加えられないよう頼む。タマルは天吾を滑り台の上に来させる手筈を整え、青豆に伝える。会えると思うと朝からソワソワ。

牛河の調査は綿密、執拗で決して諦めない。その調査によって、人物のフルネームが読者に分る仕組み。心憎い。小学校で同クラスということで青豆と天吾の結びつきも掴んだので天吾を監視することにし、同じアパートに部屋を借り、カメラを据える。ふかえりが現われる。が、カメラのファインダーを逆から見られ、牛河は身動きできなくなる。ふかえりは去る。やがて天吾が戻り、外出したので尾行する。滑り台に乗る。天吾が去ったあと牛河も滑り台へ。月が、2つ見える。そこで小説を思い出す。ある日、見かけない女がアパートを出て行く。青豆かと仮定したが現像待ちとし寝る。現像した写真から青豆と断定。そこへタマルがくる。締め上げられ、リーダー殺しで天吾との繋がりから青豆を追跡中など、すべて白状させられた上で殺される。タマルはさきがけに死体を引取るよう連絡。

青豆の逃避生活を支えているスーパーマン・タマルは、牛河殺しも完璧だったが思考も論理的。だが、青豆から妊娠と聞いたときはさすがに筋道が見えないと言い、俺は演繹的な考え方しかできない人間だという。いい言い方だ。私が少年時代に読んだ冒険探偵小説のヒーロー、本郷義昭・怪人二十面相・明智小五郎・ルパン・モンテクリスト以上で、大人向け!? 

タマルから連絡を受けた天吾は、朝から夕方までソワソワ。その長いソワソワ振りがうまく書かれていて、読むほうが参る。

さていよいよ、ということで、青豆は「この新しい世界でもう一度天吾に会わなくてはならない」と考え、天吾は必ず見つけると心を定め、この小説は最後に2人が会う場面に至る。
 天吾
が児童公園の滑り台の上でぼんやり―いや、刺激や感覚を喪失していて―気がつくと青豆に手を握られている。青豆は20年の歳月を経て美しい女性に成長していた…。タクシーを拾う。

2人はタクシーの中で話し合う。天吾は、ふかえりが「通過するもの」だったこと。それが彼女の役割で、「自分を通路にして天吾と青豆を結びつけること」だったと知る。
 また、「リトルピープルとは想像力の旺盛な17歳の少女が生み出した架空の生き物に過ぎなかった。あるいはせいぜい何かの比喩か象徴に過ぎなかった。しかしこの世界にはリトルピープルが本当に存在し、現実の力をふるっている」と天吾は信じる。

 最後は「31章 天吾と青豆 サヤの中に収まる豆のように」。
 タクシーで高速道の下まで行き、非常階段を、今度は登るのであった。タイト・スカートの裾を腰まであげて鉄柵を…。その途中、あのマンションベランダのゴムの木を見る。また、あの看板のタイガーの姿は反転している。そして月は1つしかない。2人は別の世界から抜け出て、1984年に戻ってきたのだ。
高速道は渋滞しているのに、たまたま空車のタクシーが来る。

赤坂の高層ホテルに部屋をとり、全裸になり…「動かして」「ゆっくりと時間をかけて」といわれ…それから月がよく見える部屋に移り、月を眺めながら、青豆は下腹部にそっと手をやり、最後の最後は、2人で並んで見つめている…1つの月が「昇ったばかりの新しい太陽に照らされて、夜の深い輝きを急速に失い、空にかかったただの灰色の切り抜きに変わってしまうまで」。The end.

 後日、もう1度、感想のまとめを書くかもしれない。

                                                   おわり

                        大沼通信12-06-20へ