12-06-20(2012年 第41号)
○「荒凡夫 一茶」金子兜太著 の感想
この「荒凡夫」考は、「あとがき」によれば、3年前にできていたという。出版が遅れたのは「90の声をきいてからの体調の変化によ」るという。「変化」であって、「不良」でも「不調」でもない。発売日は6月10日。その前の「金子兜太自選自解99句」の発売日は5月25日。そして、その中間の5月28日は「海程50周年記念大会」という大イベント。発売日と執筆その他の日付とはパラレルではないとしても、エネルギーに圧倒される。

さて、「荒凡夫」という言葉はよく目にし、金子兜太独自の解釈「自由で平凡な人」はよく知られるようになった。この書でも、プロローグで、「『荒』が指す自由というのはたいへんな問題で、人間にとってはいちばん大事な問題」で、「命の触覚である本能を自由にすることだ」と書いている。

もう一つ、最近の氏のよく使う言葉に「生きもの感覚」がある。それは「『アニミズム』を生む人間の生な感覚で、「アニミズム」と言ってもいいが、ちょっと「時代遅れの語感があ」るので「現代の概念、いまの感覚として受け取っておきたい」というp177

本書ではさらに、「いのち」への言及がある。単純素朴な事実だが、人は生きもの、いのちだ。そして、「『いのち』というやつは、手足のようなものとして本能をもっている。手足、というより触覚でしょうか。『いのち』には触覚としての本能がある」「本能を触覚のように動かし、いろんなものに触れていく、そのことで『いのち』は動いていく」と敷衍しているp63

そしてその本能には、「にとらわれる面と"生きもの感覚"を発揮する面との、両方があり」、さらに、触覚としての本能が働くときは、「美しい香りや彩りを出す」。別言すると、「本能には欲を生む面と美しさを生む面がある」という。中見出しに「本能という命の触覚」p62 があり「『美しい』本能」p65 がある。

一茶は若いときから「苦労を重ね」「苦労の連続であり、苦労の塊です」。それを「乗り越えて生き抜くことができたのは、本能の美しい側面だけでなく、、欲が豊富にあってこそ…」p127 繰り返すようだが「苦労のなかで触覚のように働く本能によって、欲が形成され、一茶に耐久力を付けさせ」たという。
一茶の句に―長女サトを亡くした悲しみのなかで―「露の世は露の世ながらさりながら」(この世ははかない無常な世だが、そのことを簡単に肯定はできない、この辛さはどうにもならない。わかっていても諦められない)がある。結局は生きたい欲、「さりながら」という表現の含意。中見出しは「欲に目を背けない正直さ」p127

だから、「本当の人間のおもしろさというのは…欲と美の両方が絡み合っている人間が、いかにも人間らしいということになってきて、ここにいちばん魅力があります」。p67 
ここが私=阿部にとってはハイライト、というか「うわっ、大変」と「そうです、そこです」。

私が新しく読めたのは、氏がこれまでを顧み、「人間は流れている」という感覚が…溜まってきて」「人間も流れる、社会も流れる」という実感…」をもち、「戦後22年ほどの流れを全体として眺めたとき…"流動感"という言葉で締めくくれる」という思いがした。しかし、詠嘆的にではなく「人間と生きものが形成している世界の存在状態…サルトル流に言えば『実存』という」受け取り方。そして「60歳以降、"流動感"が熟して」きたという。

「じねん」と読ませる仏教語の「自然」を、本能に逆らわず、本能をいたわりながら行く、と受け取り、それが"流動感"につながっていったという。「"流動感"とは、なにかの価値を打ち立て、そのためになにかをし…、という生き方ではなく、流れていくままに即応し、そのなかでいちばんいい道を選んでいくということ。つまり『流動的』な生き方」p77 
そういう中で「荒凡夫」の言葉と出会った、とある。そこから、第3章「『荒凡夫』一茶の生き方」と題され、生涯と作品に触れながら論を進めていく。

私の読み方は、上述どおりの順で、荒凡夫、生きもの感覚、いのち、本能、欲、美しい本能、と追ってきて、いままで以上に進めた「論考」と受け取った。一歩踏み込んで深くなり、広くなった一到達点(偉そうに××)を示していただいたと言える。繰り返しになるが、自分の都合で、特に欲と美の絡み合いのところが私向きだった!?!?

引用された一茶の名句、名文にも納得できた。
「景色の罪人」―ユニークで現在でも通用するおもしろい言葉―なるほど。
「花の影寝まじ未来が恐ろしき」―桜が咲いていてきれい、この花の影、花の下で寝たいがそのまま死ぬかもしれないから寝ないでおこう―つまり、"生きもの感覚"での親しみを抱きつつ、同時に生きたいという欲が強くある―なるほど。
「蛍来よ我拵へし白露に」―白露とはサトを亡くした無常の塊。心情もよく分るし、映像的に見事で、造形力がしっかりしている。現代俳句としてもおかしくないいい句―なあるほど。

芭蕉(論?)と蕪村(観?)については省略。
                                                  おわり
大沼通信12-06-18へ