12-06-18(2012年 第40号)
○金子兜太氏から新著「荒凡夫 一茶」(白水社) をいただく  6/17
感激・感謝。感謝・感激。
さっそく読み始めたところ。ちょっと前に出た「金子兜太 自選自解99句」を読んでいたところだった。92歳の方のエネルギーにたまげている。
晩期の―そうは言えないか―到達表現と思われる。これまでの論を、なお一段と広く深く、そして鋭く抉ったようである。私なりの感想をなるべく早く書きたい。

○志麻木亭さっ平さんからファックス
「天佑ヲ保有シ萬世一系ノ皇祚ヲ踐メル大日本帝國天皇ハ昭ニ忠誠勇武ナル汝有衆ニ示ス…」
東条英機の甲高い声―朝礼の壇上で三上大尉が泣き、生徒たちも泣いた。
が、村の青年たちは、飲むと、
「ひとつとせ ひーとのいやがる軍隊に 志願で出ていく馬鹿もいる いくら国家のためだとて」。
第7師団の消灯ラッパ、
「新兵さん 新兵さん またねて泣くのかな」
「7日7日の日曜に かわーい カァチャンくるけれど あとの6日は地獄だぜ 泣く泣く暮らす身のつらさ」
こんな歌を歌って、軍国主義の重圧に耐えていました。  さっ平

あーあ あ。 アーア ア
大飯原発不安稼動と不公平消費税率6割アップ……モノ買えば 懐ふところ寒し 税の風。

いけないんだ いけないんだ ♪
先生に言ってやろ
言ってやろ 言ってやろ
変なとこ突っついてやろ   ♪     唄 初音ミク

総理大臣の先生って、いるんだろうか、誰だろう。

「楚しもと取る 里長が声は 寝屋戸まで 来立ち呼ばひぬ かくばかり 術無きものか 世間の道」(「貧窮問答歌」山上憶良)。『楚しもと』とは『むち』のこと。むちを持った村長が徴税にやってきて戸口でわめきたてる。ああ、こんなにも生き難いものなのか。世の中とは―」(卓上四季 道新 6/14)

おうい雲よ
ゆうゆうと馬鹿にのんきさうぢやないか
どこまでゆくんだ
ずつと磐城平の方までゆくんか     詩 山村暮鳥  

大飯といわき市か。関係ないか。

かつてわたしは民主党を応援していた。その不明を愧じて、政治には口を出さないよう心がけているが、完黙とはいかないものだ。日本国の民主主義がまた一頓挫した思い。民意無視。人心乖離。(政権交代 公約反故。小選挙区 違憲状態)。

○「1Q84」
感想のNO.4を書いているところ。友だちが、「(パソコンの)『お気に入り』に入れ毎日読ませてもらっていると。

                                                   おわり

                        大沼通信 12-06-14へ