12-06-14(2012年 第39号)
○読者のお便り
*写真きれいですね。雄大さもあって、見とれています。山岸さんの作品、素敵です。
村上春樹さんの7項目の感想、分りやすくて助かります。

*(天風氏の色紙について) 「晴れてよし くもりてもよし 富士の山」の下の句は、ご存じのように「こころ一つの置きどころ」です。私もこの句が大好きです。
天風会の12日・富士山麓・行修会に参加したところ、初日はあいにくの雨で富士山は見えませんでした。そして全員が、この句を唱えて「そうだ、そうだ」と言ったものでした。
ところが、翌日カラリと晴れ上がり、富士山を身近に見たとき、思わず全員が「万歳!」でした。やっぱり見えた方が良い…理屈では分かっていても、感情と一致しませんね。

*色紙の絵、ステキですね、富士の美しい雄々しい姿。実際の色(背景の白と富士の赤)のコントラストはパソコンで見るよりもっと強いようですから、実物はさらにインパクトがあるでしょう!

*山岸さんはマルチタレントですね。うまいなあ。惚れ惚れと見とれています。

*Q84」の感想、良かったです! 1回目より今回の方がわかりやすい書き方だったし、生意気な言い方ですけど、中身が濃かった。感じたことも良くわかり、それが伝わって来て良かった。また感想をたくさん書いてください。

*
「1Q84」を読了されましたね。私は「海辺のカフカ」を読んで、もうギブアップ。ついて行けません。阿部さんの頭の方がずっと若い。すばらしい。

*「IQ84」 なるほど…。ただ、だーっと読んだので阿部さんの解説?でなるほど…。

*朝日夕刊に金子兜太氏の連載が載っていますね。興味深く読んでいます。
 (2人の方からその切抜き「人生の贈りもの」を送ってもらつた)
     
+++++     +++++      +++++     +++++     +++++

○「1Q84」の感想    NO.3       フォント=活字の不揃いはご容赦のほど。        

読み終わったいまも、登場人物たちの姿かたちや表情などを想像することがある。年齢にも意味がありそう。  

*30歳という年齢。青豆と天吾が同い年。これがいい。どうしても30歳だ。
青豆なら分別ある若さの盛り、天吾は程ほどに自己発揮する独身。どちらも時間持ち=金持ち以上という意味。金銭にこだわらないだけで清潔感が漂う。

*老婦人緒方静恵は70歳代にして睾丸蹴りレッスンを受ける。インストラクターの青豆が「蹴りは鋭い」というのだから、すごい。美しい筆跡を持ち、前にも書いたが、「野菜の食べ方は芸術品のように美しい」のである。

*警護のタマルの、鍛えられ「驚くほど発達した」上半身を見たいものである。40歳前後。スキンヘッドで鼻下に髭。銀のピアス。コードバンの靴の輝き(光りではない)具合を点検するゲイ。

*妖精ではないが妖精役のようなふかえり=深田絵里子は17歳。これもどうしても17歳だ。そして、この世の人ではない。だから、この世のものとも思えないセックスをする。「彼女は天吾の上にまたがったまま、彼を見下ろ」す形のセックス。しかも、彼女には生理がない。

*脇役の女警察官中野あゆみは26歳、千倉の療養所の看護婦安達クミは23歳。何かがちょっと足りない。

*牛河は異色というべきか。かつては妻と娘2人と大和市中央林間の戸建の家に住んでいたが、調査が進みすぎたか、深みにはまったというか、ふかえりや天吾の世界に入ったらしく、ふかえりにファインダーから逆視されて力が抜けてしまい、2つの月が見えてしまった男。


 さて、
ここからBook 2(7月−9)前編を少し辿ってみよう。文庫の3冊目。ちょっと長くなってしまったが、読み通せる方がいればうれしい。

次に死んでもらうのは新興宗教の教祖=リーダーである。これは大ごとであるが、柳屋敷の老婦人には隙のない手立てがあった。そして、彼女は青豆に、どうしても彼に死んでもらわなければならない理由を話して聞かせる―初潮前の幼女に挿入するレイプを習慣化し、実の娘まで犯したことなど。

青豆は老婦人警護のタマルに、いざというときの自殺用拳銃の入手を依頼。そこで彼の生い立ちを聞く―敗戦直前のサハリン生まれ。連行され働かされていた両親は朝鮮人。彼はのち日本国籍を得、自衛隊のレンジャー部隊でその方面の頭脳と肉体を鍛えていた。

教団の内通者を動かし、標的・リーダーを1人にし、青豆と2人だけで相対する機会を待つ。その間に拳銃の扱いをマスターする。そこに女警察官あゆみがホテルで惨殺されたニュースが流れる。

機会が来て、ホテルオークラのスイートルームでリーダーと会う。2人だけで長い会話―リトルピープルを知るものはいない。存在することだけを知り得る。世界のバランスを保つために自分は生きていないほうがいいなど。

いよいよアイスピックを首筋に刺そうとしたとき、どうした、と言われる。リーダーは青豆が刺すことを知っていた。特別な能力。青豆は動けない。リーダーは、離れたチェストの上の置時計を持ち上げて見せる。青豆は圧倒され殺す気がなくなる。リーダーは幼女をレイプしたことを認める。あゆみが殺されたことも知っていて、不幸なことと言う。挙げ句リーダーのほうから、苦痛なく殺してくれと言う。そこで取引となる。殺してくれれば天吾を助けようと。2人のことは何もかも知っている。そして、「君たちは入るべくしてこの世界に足を踏み入れた。…そう、この1Q84年に」と。会話はなお続く。そして、とうとう殺す―後編のはじめ。そして、そこからはリーダーを殺された教団が青豆を追跡することとなる。

さて、一方の天吾は、朝からヤナーチェックのシンフォニエッタを聴きながらワープロで小説を書き進めている。ある朝、散歩し新聞を読むと、「話題の高校生作家失踪か」とある。予備校に行くと変な男が面会に来る。牛河―以後の重要人物で、Book3からは青豆、天吾、牛河の順で章が続く。

彼はリーダー殺しの青豆と少しでも接点があれば誰でも追及すると決めた教団が差し向けた調査マン=リサーチャーで、名目だけの財団の名刺を出す。特異な相貌=不恰好。天吾に、深田絵里子と関係があるだろうという。ほかにも何か知っていることを暗示する。面会後、天吾は編集者小松に連絡。何かが動きだした、シートベルトを締めよう。

小説「空気なぎさ」は売れ行き好調、週刊誌が作者失踪の真相などと書いてさわぐ。ガールフレンドの夫から電話―家内はもう行かない、失われたと。牛河から電話―あなた方はパンドラの箱を開けてしまった。(ここから少しごちゃごちゃする。要約は無理。以下、事柄を並べておく)

天吾は認知症の父に会いに行く。ドイツ人作家の短編「猫の町」を読みながら千倉海岸の療養所へ。チグハグな会話。戻り、翌朝、新しい人間になって目覚める―猫の町を歩いてきた幻想。ふかえりが天吾のアパートに滞在することになる。牛河再訪。天吾の母のことまで知っている口ぶり。ある夜、ふかえりが、異変が起きそうだという―リトルピープルが騒いでいる。雷鳴。そして、2人で猫の町へ行かなければならない、リトルピープルが入り口を見つけるかもしれない、2人でひとつだから。お祓いするから抱いて―などと謎の言葉を連発。ここから後編Book2。2人で寝る。セックス。ふかえりがこれは必要なことだったと。

後編(第4冊目)は、青豆とリーダーの会話の続きから始まるが、よく分らないので、大事らしい言葉を並べておく。この10数行はややこしく、繰り返しもあるが、記憶しておいたほうがいい言葉。

「あちらに1984年があって、こちらに枝分かれした1Q84があり、それらが並列的に進行しているというようなことではないんだ。1984年はもうどこにも存在しない。君にとっても、わたしにとっても、今となっては時間といえばこの1Q84年のほかには存在しない」「私たちはその時間性に入り込んでしまった」「そのとおり。…あるいは時間性が我々の内側に入り込んでしまった。…ドアは一方にしか開かない。帰り道はない」「首都高速道路の非常階段を降りたときに…」「何人かのリトルピープルが…線路を切り替える装置を動かしている光景を青豆は想像した」「そしてこの1Q84年にあっては、空に月が2つ浮かんでいるのですね」と青豆。「しかし…すべての人に2つの月が見えるわけではない」「今が1Q84年であることを知る人の数は限られている」「おおかたの人々にとってここは何の変哲もないいつもの世界なんだ」。まだ続くが省略。

リトルピープルについても「善か悪か分らない。我々の理解や定義を超えたもの…私がリトルピープルなるものの代理人になるのとほとんど同時に、私の娘が反リトルピープル作用の代理人のような存在になった」。

さらにドウタについては、「生きている影のようなものだ」「…天吾君も新たに関わることになった。天吾くんとわたしの娘は、偶然によって引き合わされ、チームを組んだ」。会話は進み、青豆と天吾が今も強く引き寄せ合っていると聞いて青豆は言葉を失う。ここらで切り上げるが、レシヴアとパシヴアのことなども出てくる。

とうとう妙な取引となる。青豆は「あなたに(リーダー)苦痛のない一瞬の死を与えます。天吾君を生き延びさせるために」。リーダーは「君はおそらく死ぬことになるよ」「愛があるからそれでもいい」と言って、青豆はリーダーを殺す。

 ひとつの山場だと思う。そして教団が青豆の行方を捜し始める。青豆はタマルの指示で高円寺のセーフハウスにしばらく身を隠すことになる。

 リーダーを殺したあと、ボディカード2(坊主頭とポニーテイルのニックネームで出てくる)に気づかれずにホテルの部屋から無事に外に出るまでのハラハラドキドキはうまい。映画みたい。タマと連絡がつきほっとする…読んでいるほうが。直ちに身の振り方を教えてもらう。

すべてが整った高円寺の新築マンションに入る。その至れり尽くせりぶりは、冷蔵庫の扉のところにはハイネケンの冷えた缶ビールが4本、野菜と果物、加工食品、冷凍庫には肉と魚とアイスクリーム。棚にはレトルト、缶詰、調味料、米と麺類、たっぷりのミネラルウォーター、ワインは赤白2本ずつ、といった具合。青豆はさっそくカマンベールを切りクラッカーと一緒に食べ、セロリにマヨネーズをつけて齧る。悠々たる描き方といえようか。そして、天吾を愛していると強く思う。

 老婦人からねぎらいの電話が来る。これ以上の犠牲者が出ることを阻止した完全に正しい行為だったと。しかし青豆から殺すまで経緯を聞いておどろく―殺されることを知り、苦痛から逃れるために自ら望んだ死。タマルの昔のことをまた聞く。そして、彼は、あんたを護ってあげるという。

青豆は外へ一歩も出ない隠れ暮らし。出し抜けにベランダに来たカラスが意味ありげな動作。毎朝の儀式は、ストレッチングを1時間、シャワー、体重測定、鏡の前で乳房と陰毛の確認。拳銃を手の届くところに置いて「空気さなぎ」を読む―そのあらすじを紹介するわけ―ここでまたやや、ややこしくなる。少しガマンしてください。

ストーリーは省略し、キーワードだけ簡単に摘記すると、「空気さなぎは全長130140センチ、全体から青い光を放っている、輪郭は曲線、真ん中にきれいなくびれ。割れ始めていて、縦にきれいに割れ目。その隙間から覗くと中に少女。それは少女自身であることを少女が発見する。さなぎの中に裸で横たわっている自分の姿を眺める。リトルピープルが、そこにいるのはキミのドウタだという。こころのかげ。後ろにリトルピープルが7人いる。キミはマザと呼ばれる。ドウタはマザの代理をつとめる。ドウタはパシヴァ=知覚するもの=の役目をし、知覚したものをレシヴァに伝える」(要旨)

青豆は自分がこのストーリーのどこに当てはまるかと考える。「すべてはこの物語から始まっている」。

 ある夜、青豆は月を見ようとベランダに出る。公園の滑り台の上に男が1人、月を見ている―2つの月を見ているにちがいないと思う。天吾だった。どうすればいいのだろう―このとおりゴシック体で4度繰り返される。駆け下りるが、もうそこに天吾はいない。それでいい。微笑む。用意はできている。

翌朝、青豆はタクシーであの高速道へ向かう。無理に降ろしてもらい非常階段のところへ行くが、非常階段は消えていた。出口はふさがれてしまったのだ―ここもゴシック体。1Q84年から1984年に戻る道はない。で、その路上で、青豆は拳銃の引き金を引く。

  天吾は前編の最後でふかえりとセックスするが、後編はそこを詳しく描く。具体的でもあり、非現実的でもある。そこがいい、というか、独特で、読ませどころになっているよう。

ふかえりは大胆で不可解で謎の言葉を吐く―明日になったらどんな世界があるのだろう、と天吾が思うと、それを読んで、だれにもわからない、と。

翌朝、覚めても世界は「さして代わりがあるようには見えなかった」。小松に会おうとするが、会社を休んでいる。青豆を捜すことを決心。ふかえりにその人と会いたいと言うと、その人は近くにいるかもしれない、歩いて行けるかも。ただ歩き回っても会えない。
 天吾は夜、外に出る。いっぱいやってから、公園の滑り台に上がる。月を見る。やがて、もう一つ月があることに気づく。酔いのせい
? 錯覚? 自分が書いた小説のとおりじゃないか。リトルピープルがはやす。当てもなく町を歩く。部屋に戻る。父の療養所から電話。昏睡状態と。明日行くことにする―猫の町へ。ふかえりに、昨夜、月が2つあったというが、反応なし。わたしがパシヴァであなたがレシヴァ、また、あなたは変わったと、ふかえり。

 天吾は昏睡の父に自分のこれまでを語る。検査のため父が運ばれたあと、ベッドのくぼみに白い物体がある。空気さなぎ。中に美しい
10歳の少女。青豆、と口にする。必ず君をみつける。

最後のBook3(10月―12)は、不気味な牛河の調査が絞られてきて、その先、どうなるかをサスペンス風に味わわされる。調べは柳屋敷の老婦人のセーフハウスに、青豆の両親に、小学校へも。2人が同クラスだったことにも及び、とうとう天吾を監視するところに行く。青豆と天吾の現在のつながり、そして青豆の居所を突き止めようとする。青豆はセックスしないのに妊娠する。まだまだ続く…

 次回はBook3(10月―12月)=文庫本5、6冊目。                                            

                          大沼通信 2012-06-13へ