12-06-13(2012年 第38号)
 
○がまの油売りとバナナの叩き売り  
6/10
今月の志麻木亭さっ平落語独演会は、趣向を変え、大道芸2つの大盤振る舞い。
見事な口上だった。あの早口で効能のあれこれを口に出すのだから大したもの。記憶力の怪!? そして大笑いした。
日本刀をギラリと抜いて大見得を切ったが、カメラは手ぶれしてものにならなかった。左は名刀を収める場面。

がまの油売りには2種類あるらしいが、今回は「ガマの油売りが、少し深く切りすぎてしまい、売り物のガマの油を多量に塗り付けるも血が止まらなくなり、傷薬を売りに来たにもかかわらず慌てて聴衆に傷薬を持ち合わせている者がいないか尋ねるという落ちがつく」ほうの噺だった(ネット検索)。
  
バナナの叩き売りにはキールン港が出てきた。基隆という文字を思い出したのは古い記憶の妙か。終わったところで、バナナは買わず、いただいた。
今月もそれから自宅に招かれ、しいたけパーティ。たっぷり食べた。始まる前には蕎麦とビールだから、いつも大ご馳走にあずかる。ついで、ということになってしまったが、常連の大津さんからは京の和菓子をいただいた。

滞在2夜の札幌はいつもと変わらず。
第1夜は京城屋。注文も同じ。豆・コブクロ・上ホルモン・ビール3・濁り酒1。2次会はバー・キャラベル。「竹鶴」の17年ものを少々。
第2夜はビッグジョッキ。フリードリンクで黒生4杯。枝豆とポテトフライ(枝豆は奮発。ビールの5杯目はグラスにした)。なお、昼食は回転寿司で5皿、ビール1。

月曜日は美術館のすべてが定休日である。今月は映画も見たいものがなかった。紀伊国屋書店のギャラリーでやっていた「物語に見る 源平合戦」を見たが、豚に真珠。「平家物語 城一本」と言われても値打ちが分らない。買物はプリンターのインク、味噌、柚子胡椒、(フォションのドレッシングはなかった)、かま栄のかまぼこ、旅行用デンタルペーストGUM。呵々。 
          
+++++          +++++          +++++

○読者のおたより

*大沼通信をつぎつぎとお送りくださりありがとうございます。いつも楽しみに、ゆっくり何度も読み返し、こまめに写された写真がいっそう、文面とあわせ様子がわかり、うれしいです。
 それにしても阿部さんは大病されているのに、精神力、パワーが泉のように湧き出てお元気なので、本当に不思議な方ですね。まわりに集まってこられる方々がまた、素敵な方々で、知的で、人生を楽しんでいらっしゃる。
 以前のお手紙を読み返すと、昔からご立派な方で、海野さんとのご縁がなければ、私など近寄りがたい存在とおもい、改めて感謝いたします。
 いま身辺整理をしています。略―天風先生の色紙と誦句集を送ってくださった。阿部注―。
 相変わらず貧血がひどいので歩くとよろめきます。胃がないため素通りのようです…以下略。
*いつも大沼通信ありがとうございます。木々の緑が音を立てているような世界! すごいですね。
*お便り、ご当地の風景写真等ありがとうございました。心に活が入り元気をもらいました。机上論ではなく、行動派の言葉は大いにうなずけます。
           +++++          +++++          +++++

○原爆と原発の語呂合わせ
この2つは、ちがうが、共通している点もあり、似ているところもある。で、有名句だから語呂合わせになる。おもしろくはない。

  原爆許すまじ蟹かつかつと瓦礫歩む

海に近いから蟹がいる。瓦礫は処理問題がある。だからいま、原発でも通じる。許すまじ。
「この句の韻律の素樸で乾いたひびきは自分でも好きだ」。作者の自解にはそうある。

「ああ、許すまじ原発を」の替え歌や語呂合わせは、ネットに沢山あるが…。

○途中ですが、新聞連載小説「天佑なり」(幸田真音)のこと

高橋是清の評伝だと思うが、歯切れよくズンズン進行している。8日現在で209回。
少し前まで日銀本館建築のことが出ていて、その経緯がおもしろかった。辰野金吾は、いま東京駅の再生工事でも人気ある有名設計家だが、高橋是清が日銀本館新築に関与していたとは知らなかった―知る機会があったのだろうが、現役時代、わたしは素通りしたよう―。

要するに、煉瓦造りなのに、表面にスライスした薄い石を貼りつけ、石造建築に見せているというのである。
工期を短縮し、経費を節約し、しかも、軽量で大地震に耐えるもの、この諸条件を解決した一石三鳥の案―このとおりには書いていないが―によって現在の「重要文化財(建造物)」ができたという。
「…その後も順調に工事が進み、明治29年(1896年)に完成する。結果的には、2階、3階だけでなく、1階も外観は石造り、内側は煉瓦造りとなった」。それは是清のアイデアであった。彼はその「業績を買われ、日本銀行支配役に取り立てられ」「ついに正規職員として採用にな」り、「同時に、新たに設立が決まった日本銀行西部支店の支店長」として赴任し「年俸は一気に二千円となる」。

ところで、タイトルの所以は知らないのだが、「天佑」などと言われると私はすぐに勅語なんかを思い出してしまうタチ。単に「天助…ラッキー風」ととればいいのかも。
「天佑」とある勅語のひとつをインターネットで検索し、ここに貼りつけてみよう。「開戦の詔勅」。

天佑ヲ保有シ萬世一系ノ皇祚ヲ踐メル大日本帝國天皇ハ昭ニ忠誠勇武ナル汝有衆ニ示ス
朕茲ニ
米國及英國ニ対シテ戰ヲ宣ス
朕カ陸海將兵ハ全力ヲ奮テ交戰ニ從事シ朕カ百僚有司ハ勵艶E務ヲ奉行シ朕カ衆庶ハ各々其ノ本分ヲ盡シ億兆一心國家ノ總力ヲ擧ケテ征戰ノ目的ヲ達成スルニ遺算ナカラムコトヲ期セヨ
抑々東亞ノ安定ヲ確保シ以テ世界ノ平和ニ寄與スルハ丕顕ナル皇祖考丕承ナル皇考ノ作述セル遠猷ニシテ朕カ拳々措カサル所
而シテ列國トノ交誼ヲ篤クシ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ之亦帝國カ常ニ國交ノ要義ト爲ス所ナリ
今ヤ不幸ニシテ米英両國ト釁端ヲ開クニ至ル洵ニ已ムヲ得サルモノアリ豈朕
カ志ナラムヤ


読める人は少なくなったろう。教育勅語を暗誦する人はまだ沢山いようが。

○本の広告から
「トップの暴走はなぜ止められないのか」(奥村宏著)」
その宣伝言葉は…「倫理や徳では防げない」「株式会社制度そのものの限界…」など。

オリンパスや大王製紙を取り上げているらしいが、東電はどうだろう。東電は今は何が一番の問題なのだろう。
もしかして、会社存続ではないか。とするとこの本とも関係してくるだろうか。原発災害。アレはトップの暴走ではないか。助走は1部重役か、全社挙げてかは知らないが、いずれにしてもトップの責任は免れないのではないか。また、国家の責任もあろうし、国民も無責任!?ではないとの意見もある。考えると難しくなるので、責任問題一般については、いましばらく推移を見ることとし、ここでは新藤兼人氏についてのコラムを引用しよう。

「…『原爆の子』『第五福竜丸』『さくら隊散る』…『一枚のハガキ』―。反戦、反核を貫いた作品群で、かけがえのない『個』を踏みにじる『組織』を凝視しつづけた。…国家が人民を養っているという時代は終わった。民衆が国家を支えている自由の時代になったのだ…愚をくりかえすな!…」(卓上四季 道新 5/31)>
株式会社制度、東電という会社、政策推進の日本国、そして「組織」というもの―よく考えなくちゃ、と思う。

ちょっと長くなったので、「1Q84」の感想は別項にしよう。
                                                 おわり

                        大沼通信 12-06-06へ