12-06-06(2012年 第37号)
          
              晴れてよし くもりてもよし 富士の山   1962年夏 天風哲人
○中村天風氏の色紙 
読者の岩嶋清子さんからいただいた。実物はバックの白が本当の真っ白、富士の色はもっと赤に近い(この写真は朱色っぽい)。彼女はまた天風語録「真理行修誦句集―瞑想行修用」も一緒に送ってくれた。豆本のようなものだが一気に読めた。
研修篇のタイトルは、「心身の完成」「意志の煥発」「心の鍛錬」「官能の啓発」「霊性の発揮」etc. 内容は濃い。哲学は深く広い。ひとつの完成であろう。
「官能」は、感覚器官の働きのほうで、性的感覚ではない!?―当り前だ。
「…官能を無欠完全に作り上げ」そうなれば「やがては自由にそして正確に自己を統御し得る、雄大荘厳な人生の殿堂を築きあげる崇高なる技術者たることを得ん」「されば官能の啓発こそは、珠玉を磨きて光あらしむるに等しく、夢寝瞬忽の間といえどもこれが万全を期成し、怠るべくもあらず、ただひたむきに励まんかな」。

1Q84」の感想    NO.2               

 ところで、青豆はなぜ人を殺したりするのか?
 深田絵里子の文学賞応募作「空気さなぎ」と天吾が書き直した小説の内容は?
 月が2つある世界とは?

これらについても「感想」を述べなくてはならないが、そこへ辿り着くまで、もう少し読んでおこう。物語は、青豆がいよいよ「さきがけ」のリーダーを殺すところへ。

青豆はインストラクターとして高級スポーツクラブで教えている。そこの護身術クラスに通っていた70歳代の高貴・上品・裕福なご婦人と知り合う。乞われて彼女の「柳屋敷」を訪ねる。睾丸蹴りとマーシャル・アーツ(私は知らなかった)を自宅で個人レッスンすることになる。

また、ある夜、バーで隣り合わせたあゆみと知り合う。その場で組んで、行きずりの男を誘惑し2対2でセックス。あゆみは警察官。合気道をよくするが、のちセックスプレイの果て、ホテルで惨殺される。

天吾は、書き直す前に、ふかえりに同行、文化人類学者戎野先生と会い、ふかえりの生い立ちからこれまでのことを知る。中国文化革命、紅衛兵、コミューン、セクト争いなどの時代。一方の派が「さきがけ」を組織し、のち宗教法人となる。エリ=深田絵里子は10歳のとき逃亡し、予告なしに先生の前に現れた。先生は彼女の両親と連絡がつかないまま7年経過。親友で絵里子の父深田保は行方不明。エリは先生の娘アザミと仲良しになり、エリの物語をアザミが口述筆記。それが「空気さなぎ」である。

 天吾は小学34年のクラスメイトの少女(青豆とは書かない)を思い出す。両親は新興宗教「証人会」の信者。親と一緒に布教活動。話したことはないが、1度かばってあげたことがあり、その後教室で突然手を握られる…以後20年間、離れ離れ。

 天吾の書き直しが終り小松に激賞される。小松に指摘されたのは月が2出ている場面をもっと綿密に描くことだけだった。新人賞決定。大評判、記者会見の想定問答。ふかえりは上手くこなす。ベストセラー。

 青豆は柳屋敷の老婦人を訪ねる。親友環を思い出す。大学1年のとき暴力で処女喪失、24歳で結婚、2年後自殺。ドメスティックヴァイオレンス。で、青豆が彼女の夫を殺す。最初の殺人=制裁。以後も老婦人の指定された男を別世界に送り込み、報酬を受けている。

青豆はある夜、またあゆみと飲み彼女を泊めることにしマンションに戻り、ベランダから空を見ると月が2ある。混乱する。世界が終りかけているか…。翌夜も月は2つ。以前、老婦人邸で、親友環の夫を殺したことを告白。老婦人も同じ理由で「人を消えさせたことがある」と打ち明ける。正しいことで、復讐とはわけがちがうと。
 青豆と老婦人の人殺しの理由は、夫や親の暴力、その繰り返しを絶つことだった。老婦人は屋敷の中にセーフハウスを設置し、男の暴力に遭遇した人を匿っている。青豆は老婦人に、正義のために力を貸してくれと頼まれる。のち、2人は「さきがけ」のリーダー殺害を実行することとなる。用心棒タマルの水際立った手並みが光ってくる。出来過ぎかも知れないが、読み応え充分。

ここまでで、大体第1(文庫本2冊)が終わる。第2部つまりBook2はリーダー殺害と牛河という人物の新登場がある。そして、1Q84という別世界のことに入っていく。

 その間にいい話がいっぱいある。たとえば老婦人とレストランで食事する場面。
 麻布のフランス料理店。ワンピースは60年代のジヴァンシー、翡翠のネックレス、そして「野菜の食べ方は芸術品のように美しかった」とか。

 短く鋭い批判は、たとえば、「道路公団ってのはどこでも職員の数こそ多いけど、じっさいに働いている人間が少ないことで有名なんです」。「警察ってのがこんなに男女差別のきつい職場だとは思わなかったな。…見事にまともな男がいないんだ。エロい冗談しか言えないような不毛なやつらばっかし。生まれつきアタマが悪いか、出世することしか考えてないか、そのどっちか」。あるいは編集者小松が書き換え、換骨奪胎を企んだ時の言葉。「俺が望んでいるのは文壇をコケにすることだよ」。

あっさりリアルのセックスシーンもいい。紹介したいが、ちょっと…当のページだけ書いておこう。
 前編は7376,150,151ページなど。後編は13,284,286,287,351361など。

           ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++           

ここらで、私がはじめて読んだ村上春樹のこの小説について感じたことをまとめておこうか。

読み終わってまだ数日しか経っていないが、青豆の、姿かっこう、たとえば、左右いびつな乳房と、手入れの悪いサッカー場を思わせるか、または行進する歩兵部隊に踏みつけられた草むらみたいな陰毛、身長168aで贅肉なしという紹介から、彼女が発するオーラ、行きずりの男とのセックス、複数の完全犯罪殺人、高円寺マンションの逃避生活など、とてつもない行動をいろいろ思い出している。

天吾のことも想像する。喫茶店でウェイトレスが注いだ冷たい水を半分飲んでから、水なんて飲みたくなかったことに気がついたときの彼の表情とか、彼が度々みる幻影―母親が白いスリップの肩紐をはずし、形の良い乳房をむき出しにし、父ではない男に乳首を吸わせている―と、そのときの忘我の表情が年上のガールフレンドのオーガズムを迎えるときの表情と似ていると知って、同じスリップを着てもらい、乳首を吸っておかしくなったときのことなど。

私はエロ爺だから、セックス場面が特に記憶に残ってしまうが、人物としては、老婦人やタマル、麻原某を髣髴させる教祖・リーダーや執拗調査マン牛河の人物造形は、極端だがカッコいい。場所だけでも、青豆の逃避生活と天吾の暮らす高円寺。セーフハウスの麻布。千葉・千倉の療養所etc. 特にマンションとアパート、児童公園と公衆便所の高円寺は、そこしかないという絶対のシチュエーションになっている!?

ここで全編にわたる感想を書いてしまっては、後がなくなるので、感じたことを、とりあえず、箇条書きにしておこう。

1 読みやすい。

2 わかりやすい。とはいっても、易しいという意味ではない。特に、月が2つ見える別世界のこと(また、空気さなぎ、リトルピープル)は、私には難しかった。論理的で、明晰というに近い。

3 想像力、創造力が豊か。「奇想天外」を読ませる筆力。
 ストーリー全体が「幻想小説風」といえようか。「さきがけ」はオウム真理教を想像させ、空中浮揚の超能力まで似せて書くが、「別の世界」のことになっているので荒唐無稽とは言えない仕組み。青豆の殺し方を、あり得るととるか、あり得ないと言い切るか。タマルの水際立った「処理」はどうか。

4 丁寧に細かく書いている。はしょらない良さを味わえるのは、すなわち良い本読みの醍醐味。それはまた小説家が発揮する力を感じとるときでもある。

5 シャレている。 ほどほどの知識・教養を要求される。たとえば、世界史、欧・米・イスラム圏事情、音楽・美術・文学等諸芸術(のさわり)

6 現代的というより現在的といいたいほど、いまの時代を描いている。そう思わせる「現在時代小説」。

7 小道具というか身の回りのさまざまを上手に取り上げる。流行、服装などをうまく取り上げる。にくいほど。

以下、次回。

                          大沼通信12-06-05へ