12-06-05(2012年 第36号)
                      山岸桂華紙上展覧会

 
時々彼女の家にお邪魔してご馳走になる。今回は、お手製の料理に期待し気をとられていたか、カメラを忘れてしまったため、ケータイ写真。
以前にも紹介したが、相変わらず、精力的かつ自由奔放に制作を続けている。溢れる才能を高角度に解放しているから、いわば、何でもござれ。

篆刻も始めた。左はその石の彫刻(印影)と般若心経の書である。中心の仏像の向かって左中央辺りから、時計回りに266文字を1字1字書いていった。100センチ以上あるから、自分の身体を動かして書いた。その集中力。篆刻の仏像とそれを取り巻く般若心経の組合わせは彼女の独創か。
中と右はアクリル画である。魚の目が光り、動いている。右も彫りが深い。

下は猫好きの彼女の愛情表現。向こう向きの猫も雄弁に応えている。後姿が…見ていて飽きない。


一緒だったガ・フレに送ってもらい、谷地頭温泉に入ってきた。晴れた初夏の露天風呂は快い。函館山の緑が美しい。長湯になった。酒保・古西商店に寄り、大瓶のビール。うま過ぎて、どこへ入ったか分らないほど。あっという間にしみこんだ。黒の缶ビールを追加した。

汽車の中の高校生の放恣な姿態に、いつものように亡国の兆しを見た。いまの政治家(全部とはいいたくない)ほどひどくはないが。
                                                         おわり

                               大沼通信 12-06-04へ