12-06-04(2012年 第35号)
○ひろめ荘温泉・ランチバイキング・昼寝・ライヴ&ドライヴ  6/3
まだ風邪声だったが、高瀬さんの誘いでひろめ荘へ。芳子夫人と途中で大石さんも同乗、4人で。
熱い露天風呂に2度入り、ビールを3杯飲み、たらふく食べ、私1人休憩室で昼寝し、それから2階大広間でのライヴ。おもしろかった。最後は抽選会。皮肉なことにノンアルコールビールが当たった。高瀬さんが当たった水と交換!! ドアトゥードアの送り迎え。いい1日だった。
   ← テケテケテケテケ…のライブ

  ↓ 観客は100人を超えていたよう

 

○読者のおたより

美しい緑に見とれています。ご友人のお別れとは、いつもつらいことです。その時々を大切にすることが、一番重要なのでしょうか。
いろいろ読みでのある誌面でした。活動の広さにおどろきます。

○1Q84の感想 NO.1
 この長大な物語はこのように始まる。
 「タクシーのラジオは、FM放送のクラシック音楽番組を流していた。曲はヤナーチェックの『シンフォニエッタ』。渋滞に巻き込まれたタクシーの中…」。そしてすぐ、この曲の「冒頭部分を耳にして、これはヤナーチェックの『シンフォニエッタ』だと言い当てられる人が、世間にいったいどれくらいいるだろう」と続く。私の知らない曲である。しかし最近はインターネットwebで流行っているようだ。そう言っておいて、村上春樹はこう続ける。これを知っている人は「おそらく『とても少ない』と『ほとんどいない』の中間くらいではあるまいか。しかし青豆はなぜかそれができた」。にくい出だしではあるまいか。


 ヒロイン青豆はこれから人を殺しに行くところである、時間が足りない。運転手に教えてもらい、高速道の非常階段を降り、少し歩き、246号線を渡り、身仕舞いし、渋谷のホテルに行って、声も出させず血も流さずにある男を殺す。ここまでで第3章。

 その間にいい話がいっぱいある。たとえば、青豆の魅力は、非常階段を降りるときのエロティックな動きにも出る。高校時代、親友と身体のあちこちを触りあって、乳首のかたち、陰毛やクリトリスのかたちを思い出したりする。

 物語の進行は青豆の章とヒーロー天吾の章が交互に出てくる。従って、第2章以下偶数章は天吾

 「最初の記憶は一歳半のときのものだ。彼の母親はブラウスを脱ぎ、白いスリップの肩紐をはずし、父親ではない男に乳首を吸わせていた。ベビーベッドには1人の赤ん坊がいて、それはおそらく天吾だった。彼は自分を第3者として眺めている」と、こちらもかなり衝撃的な出だし。その映像が現れる度に天吾は発作に襲われる。文芸誌編集者と喫茶店で打ち合わせ中にも起きた。
 といういきさつがあって小松が登場する。新人賞応募作品を読んだ小松の企みは、稚拙な応募作品に手を入れ、いい作品に書き直して新人賞を受賞させようというもの。天吾にリライトしろと。そこで17歳の女子高生「ふかえり」と会うことになる。少々変わった女で、会話も奇妙な調子。彼女は作中のリトルピープルはほんとうにいる、などと言う。キーワードのひとつともいうべきリトルピープル。
 書き直しはオーケー、その代わり、会ってもらいたい人がいるというので出かける。第8章。

 天吾の生い立ちがあり、いまは予備校の数学の講師で作家志望。かつては神童といわれ、他にも何でもこなす才能。ひとり暮らし。アルバイトとして応募作の下読みなどをやっている。欲は強くない。

 その間にいい話がいっぱいある。たとえば、ふかえりは装身具もつけないし化粧もしない。「ほっそりした体つきだったが、そのバランスからすれば胸の大きさはいやでも人目を惹いた。かたちもとても美しい」。乳房と陰毛は、これからもよく出てくる。完璧なものばかりではないから、女性読者が劣等感を持たされることはない。
 天吾にはガールフレンドがいる。10歳年上の人妻で、週一度、自室で会う。また、その間の青豆の章にも、ホテルバーで男を誘惑しセックスするシーンがある。殺人後の神経をほぐすための娼婦のような振る舞い。私のいう「あっさりリアル」とでもいう描き方。


 さて、こんな調子で感想を書くと、相応に長大になる。ものは書きよう、でもある。次回以降はまた考えよう。

                                                       おわり

                        大沼通信 12-06-02へ