12-06-02(2012年 第34号)
○田中はる枝さんの働き  3.11をきっかけにエネルギーの使い方を自分の生活から見直そうと…
       
彼女は、ご存知、リブリの世話役でもあります。  2012-06-01 道新夕刊 地域版から転載させていただきました。

○吉田秀和氏に次いで新藤兼人氏も
あれこれ思い出し、今また思う。少し遡って井上ひさしを思い、加藤周一を思う。
身近な私の友人猿山・日向野・青木・山初各氏の死もある。うーむ・うーむと唸っている。

○「1Q84」
●「1Q84」の最後、book3の5、6冊目に入ったところ(文庫本)。29日に届き、31日に5を読み、1日に6。
流さず、飛ばさず、急がず、退屈せず、1字1字、ちゃんと読み進めている。あり得ないことが書かれているのに、ともかく、おもしろく読ませてくれる。作り話の良さ。よくできた作り話。そして、そう言って片付けてはもったいないのがこの小説のミソ。

新しく「牛河」の章が出てきた。リーダーを殺された教団の依頼を受け、一見薄気味悪い元弁護士の男が青豆、天吾、柳屋敷の老婦人の身辺を調べる役。それによって判りやすいというか、焦点が絞られてきた感じ。

青豆は高円寺のマンションに匿まわれ律儀な生活を送っている。老婦人とタマルの完璧な防護策のおかげ。

天吾は千倉の旅館に滞在し、毎日療養所の父と面会。昏睡中にも読み聞かせたり話しかけたり。ひそかに空気さなぎや青豆が現われないか期待している。一夜、看護婦安達クミとハッシシを飲み彼女のアパートに泊まる。幻想の中でクミは「私は再生した」という。青豆が出てこないので帰京。

青豆は性行為なしに妊娠。2カ月。天吾の子と信じようとする。彼女は現実の世界ではない1Q84という「新しい世界」で天吾に会わなくてはならないと強く思う。天吾は牛河に監視されるようになる。同居していたふかえりは直前に姿を消す。

ここまできても行先がつかめない、予想がつかない、内容もいまひとつ分らない。そのワクワク感が珍しい、たまらない。

●読み終わった(6/1)
やーや、おもしろかった。いやぁ、たいしたものだ。ベストセラーになるのも尤も。人気作家といわれるのもムベなるかな。現代、と言うより現在小説と言ったほうがいいか。しかし、私は違和感を感じなかった。
80爺の感想は、言い方まで古めかしいが、そしてなおまたへんな言い方になるが、若々しく読んだ。
どちらも30歳の、ヒロイン青豆とヒーロー天吾くんに惚れた。
柳屋敷の老婦人も素敵。そこの用心棒タマルは、黒澤映画の用心棒のようにカッコよかった。
あらすじのメモを取りながら読んだので、近いうちに、忘れないうちに、少し綴るつもり。

      風邪を引いた。まだ鼻声。体操は2日間休んだ。食欲旺盛。晩酌毎晩。

                                                       おわり

                          大沼通信 12-05-28へ