12-05-28(2012年 第33号)
 
             今回は水の写真。春になると「水温む」というが、大沼はまだそこまでは… 
    

          
                 若緑の大沼湖畔   表紙にも使わせてもらいました  5/27

○埃か風邪か
あべ爺の朝は、ときに、喉の掃除から始まる。前夜、歯洗いをさぼったときなど、うっ、とか、おーっ、とか音を出し、喉の奥のほうの痰のようなものを捨てることがある。
27日の朝、それでも痰がなくならないので、おかしいと思った。Aハウス=パソコン部屋に来てもまだ、うんっ、などとやっていて、そこではたと気づいた―埃のせいだ。
冬中、部屋の掃除をしなかった。大沼ではそれは何ヶ月も、という意味になる。その結果、身動きするだけで、見えない埃が舞い上がるほどになった…。で急遽、はたきをかけ掃除機を「強」にして―節電の夏にはまだ早い―念入りに清掃した。2階、階段、1階、玄関のタタキまで。
しかし、まだ変だ。も1度、はたと気づいた―風邪か。
咳にはならないが、いがらっぽい。
多分10年以上、風邪を引かないので、風邪の初期症状を忘れていた。慌ててストーブをつけ、厚着に。そういえば、サイクリングのときも寒く、途中でウインドジャンパーを着たっけ。

○吉田秀和とシューベルトの歌曲 
畑中良輔氏が亡くなったら、吉田秀和氏まで。畑中氏は殆ど知らないので吉田氏のことを少し。
とうとう声を聞くことができなくなった。FMラジオの、あの独特な語り口が好きだった。必ず何分の何拍子と言い、ドイツ語は正確に発音していた。ぶっきらぼうで優しい、しかし、鋭く深いから、理解は途中まで…。

昔、日曜日になると、ラジオであらえびす=野村胡堂氏との対談を聞いていた。どちらも後に引かない議論をしていて、分らないくせにおもしろがっていた。私はどちらかと言うとあらえびすに応援していたと思う。中学生で、音楽なんて何も知らない時期。

文章は新聞エッセー「音楽展望」を読んでいた。あるときは、音楽に触れず絵画だけを語りながら、それでも「タイトルに偽りあり」と思わせない内容だった。また、氏が褒めるとその人が好きになった。小菅優,河村尚子。4部作「永遠の故郷」は1冊だけ読んだが難しかった。

新聞の「評伝」に「菩提樹」のことが書かれていた。
「もっとも愛したシューベルトの『菩提樹』を、幼い頃に母と口ずさんだ『金髪のジェニー』に重ねた」とあり、「もっとも愛した」という形容詞がシューベルトにかかるのか、菩提樹にかかるのか―ま、どちらでもいい。私はシューベルトと読めばいいのだから―それはともかく、氏がそれほどにもシューベルトを愛していたのかと知って嬉しくなった。というのも、私はたまたま、5月16日付第29号に「繰り返し聴く歌」として、シューベルトの歌曲「岩の上の羊飼い」のことを書いたから。

ここでは氏の「菩提樹」への思い入れを、長い引用になるが、しかも、1年数ヶ月も前の新聞インタービュー記事から、あえて紹介したい。
 「夜」「薄明」「真昼」「夕映(ゆうばえ)」の4部構成にすることは最初から決めていた。圧巻は、「夕映」を締めくくる「菩提樹(ぼだいじゅ)」だ。シューベルトの晩年の連作歌曲「冬の旅」からの一曲。「泉に添いて 茂る菩提樹」の歌詞で、日本でもなじみが深い。ここから氏の言葉。

 穏やかなホ長調の旋律で始まるが、憩うほどに世の不条理を思い出し、激しく苦悶(くもん)するかのように音楽はうねり出す。しかし最後は再び温かなホ長調に。作曲者自身が「それでも人生は美しかった」と、ほほえみながらこの世に別れを告げているかのような珠玉の小品だ。

 この「菩提樹」を吉田さんは、自らの戦争体験や、若いころに感化されたトーマス・マンの「魔の山」などと重ね合わせ、対位法を思わせる自在な筆致で縦横に描いていく。
 「魔の山」の主人公ハンス・カストルプは、戦場で屍(しかばね)を踏みつけて歩きながら「菩提樹」を歌い続ける。「生と死は戦友仲間のようなものだ」と吉田さんは思う。その普遍の響きは、自身が幼いころに母親と歌ったフォスターの曲「金髪のジェニー」と深いところでつながってゆく。
 「『菩提樹』は、もはやドイツの歌なんかじゃない、誰の歌でもない。僕たち人類、みんなの歌なんだ」(朝日 2011-1-17 吉田純子)

歌曲ではないが、シューベルトの交響曲について、丸山真男のひと言を付け加えておこう。
「『未完成交響曲』 誰かこれを通俗名曲という! これほど高貴な美しさが、悲哀感と見事に結合して『完成』している曲があろうか」。
ついでに、上の「通俗名曲」について。ベートーヴェンの「熱情」と「第五」に対するコメント。
「ともに沸とうする非合理的なパトスを合理的形式にきっちりとおさめた手腕。通俗名曲などというコトバに呪いあれ!」(どちらも「愛好曲リスト…「自己内対話」所収。孫引き)

私は今日も「岩の上の羊飼い」を聴いている。

○読者のおたより
駒ケ岳、大沼って本当にきれいですね。季節季節でそれぞれの表情。新緑の柔かさ。良いですねー。川柳面白く読みました。読書、本当にいろんなジャンル。生活楽しそう。素敵な人生、万歳ですね。 5/26

私の友人の友人はドイツ人と結婚し、ドイツの妻たちのために活動されていて、日本で表彰?されたそうです。ひょっとして、その友人の友人もドイツで志麻木亭さっ平さんの落語を聞かれることになるのかもしれませんね。 5/26

いつもいつもフレッシュなお便り、楽しく拝見。阿部さんは、知性と冷静な目で世の動きを観察、的確な判断をされていて教えられることばかりです。
当地はまさに春たけなわ。ワラビ、蕗、筍、みつば、せりなど旬の野菜が店頭に並び、八百屋さんを回ることからも元気をもらっています。6月で88歳。いつの間にこんな齢に、と思います。 5/23

                                                  おわり

                             大沼通信12-05-26へ