12-05-26(2012年 第32号)
                   
                    
                若緑の雑木林が美しい。春の風、緑の風。思わずずかずかと入り込んだり。  
    
                 何の変哲もないが、サイクリングの途中、旧式デジカメで。 5/26
  
  
○旧約聖書「創世記」17(契約と割礼)から
…神は言われた。「あなたたち男子はすべて割礼を受ける。包皮の部分を切り取りなさい。これが…契約のしるしとなる」。アブラハムは、自分の家にいる「男子をみな集めて、神が命じたとおり包皮に割礼を施した。」「アブラハムが割礼を受けたのは、99歳…」。

 さっ平さんからファックスをいただいた。
「(講義の中で)『パードレ・パドローネ』というイタリア映画を使っていたとき、渓流のせせらぎが出てきた。とたんにオシッコが出たくなった。が、休み時間までガマン。条件反射とはこのことか。
休み時間にトイレに行ったが、洩れていなかった。洩れていなかったと言えばウソになるが、包皮という遊水池の中におさまっていた。
ユダヤ教では割礼というのをやる。ラテン語訳はcircumcisioである。『ぐるりと切除すること』である(創世記 17―14)。これをやっていたら洩れていた。
女性ホルモンを服用すると陰茎の体積が激減する。包皮がだぶついて遊水池ができる。上手くできている。神様バンザイ!」

氏は前立腺ガンの治療中で、上の文の前に、こうある。
「治療薬エストラサイトはよく効く。乳頭・乳房の発達度は、と鏡に向かう。おどろいた。両乳房が対称でない。左の乳頭が正中線より大きく左にズレている。そして大きい。ムズムズして痒いので右手でさするのが原因か?  オレ乳ガンになったら、どこへいく?  産婦人科ですかい?
オシッコが近くなつたのもこの薬の副作用かな。3時間の講義では、中で休みを10分取りますので,1時間20分は大丈夫。ところが…」と、前の文につながっていく。

前号「リブリ」の報告の中で、「政府は隠すところ…」と書いたばかりのところへ、翌26日、こんなコラム記事が出た。
「原発事故のあとも、必要かつ正しい情報がさまざまに遮断されているようだ。」
「『原子力ムラ』の伏魔殿ぶりから連想」すると、「民に目隠しをし、民を侮る、思い上がった人たち。」
「この期に及んでの無反省におどろくほかない」「欺き隠して知らせなかった罪を、ムラは心底自省するべきなのだ」「この組織、壊して更地にして作り直す必要がある。」
原子力委員会のことを「天声人語」は、胸のすくような、激しい言葉でこきおろした。
マネして私がこきおろしたいのは次のこと。

○郵政民営化とかが函館地区または大沼郵便局にどのような変化をもたらしたか、私は知らないが、「民営化」だから、扱いが効率的になり、サービスも向上したのかと思ったら、何も変化してない。仕事のやり方は官庁体質そのまま、いわゆる役所仕事そのまんま。明治時代からの伝統墨守。せいぜい出入りのとき大声であいさつするようになった程度。
一般職員さんは関係なかろうが、本業のひとつ、郵便料金の異常な高さは、これは、ばかばかしい別世界の風景である。そのバカ高い点はJRにそっくり―ついでに強調。

ここまでは前置き。新聞に、「ゆうパック、苦境続き サークルKが委託解消」とあった(朝日 5/25)。当然だろう。サービス、効率とも段違いだもの。私は25グラム以内のときだけ切手を貼る。分裂、いや、分割した各社もろとも、東電と一緒に―ここもついでに―根本から変えなくてはならない組織。大きいと潰しにくいから時間がかかりそう。何年後?!―ハッハッ。
                                                おわり                  

                              大沼通信12-05-25へ