12-05-25(2012年 第31号)  

    
                     若緑の林の中        2012-05-25 
 それでも変わってきた。木々の緑や草の緑がそれぞれ緑の色を競っている。空気が美味しくなった。
23日16.2℃、22日19.9℃、21日17.7℃、20日18.4℃、19日19.6℃。最高気温20℃にあと一息。まだ暖房中。
と、ここまで書いて25日の新聞を見たら、24日は20.9℃。ついに超えた。25日の予想最高気温も21℃
上と下の写真は、今年8回目の湖畔1周サイクリングの途中で撮った3枚。

○リブリ  「銀の匙」中勘助  「〈銀の匙〉の国語授業」 橋本武  5/24
はじめに各人の幼小時の思い出を出し合った。それぞれおもしろかった。
5歳のとき歌った歌を覚えているというので、歌ってもらった。もうひとりも歌った。忘れないものである。また、子供に本を読み聞かせたことを書いて、ある機関紙に掲載された数10年前の文章を、本人に読んでもらった。最年長の私は、太平洋戦争突入の頃が小学校入学前後。満州戦争から始まった大戦争時代、軍国主義華やかな時代。みなさんとは大分ちがった。けっこう記憶しているので、「ブリキのスプーン」でも書こうかと笑った。

それから中勘助の「詩」―男性合唱組曲として歌われている―を紹介した。絵日傘、椿、四十雀、ほほじろの声、かもめなど。そのうえで、イメージとちがうかもしれないがと「犬」の一場面を読んでみた。びっくりというか、呆れていた。それ以上読まないでください、知らないままのほうがいいといわれた。
前々回の啄木の「ローマ字日記」も、有名短歌のイメージとちがい、がっかりした人が多かったので、人間には別の面があること、それを隠す人と、あからさまに書いて出版・公表する人がいること、人間の魔性、業のことなどを話し合った。
ついこの間芥川賞を受け、リブリで取り上げたばかりの「共喰い」や、8年前の、やはり芥川賞作品「蛇にピアス」のことも出て、話しは若い人の小説、近頃の小説のつまらなさに及んだ。そこから、性と倫理の問題、戦争の歴史の問題などが続き、とうとうまた原発災害のことにいってしまうのであった。

自分をシッカリ持ち、自分の意見を鍛え、1人ひとりが行動して行くとき、ということになった。
政府は隠すところ、マスメディアは伝えないところ、放射性物質については海外のほうが敏感なこと、などなど。

「銀の匙」については、大橋さんの読書メモに、本屋に並んでいる本書の帯に「灘高『伝説の教師』の授業で使われたたった1冊の教科書」と大きく書かれているので、主客転倒という感じ、とあった。まったく。ま、どちらも岩波書店の本だし…。それにしてもいまだによく売れているものだ。「〈銀の匙〉の国語授業」までがよく売れているようだ。

和子さんの写真本!?朗読は「いっしょだよ」。絵本ではなかった

  
                   入江の水色が冴える大沼   2012-05-25
                    
○喧嘩ソナタ
ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ10番は、別名「喧嘩ソナタ」と言われている。ピアノと喧嘩している演奏という意味。
前々から私は疑問を持っていた。もちろん、私だけではないだろうが、ヴァイオリンソナタと言いながらピアノが1人前に活躍する(というのも変か)ヴァイオリンソナタはほかにもあって、私ごときが聴いても、伴奏ではないと思える。「喧嘩…」と称されるのも、伴奏ではないからだろう。
原題は「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」である。ちなみに、チェロ・ソナタも「チェロとピアノのためのソナタ」である。
ピアノという楽器が、チェンバロからフォルテピアノを経てきたという歴史を持っているせいか、ある時期までピアノを同格に扱わなかったのかもしれない。しかし、ベートーヴェンの時代にすでに「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」としているのだから、日本語に翻訳されると「とピアノ」が消えてしまう理由が、どうにも解せない。誤訳ではないかと言いたいくらいである。直しにくかったら、たとえば、「ヴァイオリンとピアノの2重奏」または「V&Pアンサンブル」「V&Pデュオ」などとしたらどうだろう。…いや、潔く、原題どおりに直したら? 

以前、モーツアルトのオペラ「魔笛」を「魔法の笛」としたほうがいいのではないかと書いたことがある。じっさいに「魔法の笛」と書いて上演したチラシだったかプログラムがあることを教えてもらった。
言っておいたほうがいいと思って…。

最近切り抜いた新聞記事 順不同 コメント少々  2012-05-22

●函館市に3億円 道新 5月19日
読んだ方が多いとおもう。その方々にとっては特につまらない引用。以下の記事も同じことなので恐縮している。ふらふらと私の関心事を押し付けたくなってしまうのです。
これは湯の川地区の酒類卸会社「イチマス」の経営者(故人)が「観光振興に役立てて」と寄付したニュース。それまでにも数千万円寄付していたという。
日本には寄付文化が定着していないと言われるが、函館にはこういう方が、という紹介。
「夏の電力不足 深化させよう節電文化東京 社説タイトル 519日 
「節電文化を一段と深化させて原発頼みから脱していく。日本全体でその覚悟を共有する好機だ」。節電も文化
「仏新内閣、重量布陣に」朝日 518
 「選挙中の公約に従い、閣内外の大臣34人のうち半数の17人が女性」。閣外相が何人かは不明だが、日本は、いくらなんでも、といいたいくらい少ない。ともあれ見習ってもらいたい。
「電車で新聞を読む人が減った」声欄 朝日 516? これは内容省略。
人を殺さない車と交通システムの構築 道新 卓上四季 4月18日
「…車暴走など多くの犠牲者が出るたびに事故の悲惨さが叫ばれる。が、現在の技術水準にある車という道具を使う限り、命を奪い続ける。問題の本質は、その事実から目をそらしているからではないか▼当欄でも別の欄でも書いたが、何度でも書く。「人を殺さない車の製造と交通システムの構築」を政策に掲げ、その実現に国を挙げて取り組むべきだ」。「何度でも書く」というのがいいジャーナリズムに必要なこと。不条理の死はつらい。クルマって、いつまでも出来の悪い品物だと思っている、乗るくせに。
米軍基地の国外移転 日野原重明 朝日 428
(基地問題解決の方法として)10年間という猶予期間をもうけ、米軍基地を国外に移し、移転費用は日本政府が持つというものです。…自衛隊は世界各国の災害地域にいち早く駆けつけて救助活動を行う部隊と位置づけます。…難問解決には、時に斬新な発想が必要…」。国外移転の「国外」とは、の言及はない。何処へ。「最低でも県外」はもう「圏外」か。
将棋名人戦第1局観戦記 海堂尊 朝日 425
観戦記者は作家が臨時に登場。そして、81! までの手順は、1年前の同じ対戦者による名人戦と同じで先後が逆、と説明し、「つまり羽生は、1年前に自分に負かされた森内の手順を踏襲しているわけだ」「…つまり互いに相手の選択が正しいことを証明し合っているわけで…」と書いた。珍しい以上に、恐ろしい同一手数はもっと延びるかもしれない。そして近い将来、プロ棋士もコンピュータに負けると思う。
花ある棋士と将棋盤の美  谷口孝男(編集委員) 道新 5月20日
作家原田康子さんは谷川九段や羽生2冠が好きで「ふたりながら折り目正しく、棋風にも人柄にも『花』がある。数字や記号に似た若手棋士…」。下線のところがおもしろい。 また先崎八段は、「大事なのは、将棋盤のなかに美しさを見いだすことができるかどうかである。」そしてそこで一転、「思えば、私たちは政治や社会の出来事で、潔さとは無縁の非常識と無法が噴出する泥仕合ばかりを見せられているのではないか。きれいごとの裏側で醜い私欲と利権が幅を利かせる"ゲーム"にシラケている。将棋やスポーツの厳格にルールを守った上での死闘が一段と美しく映えるゆえんであろうか」。コラム「異風風聞」から。この展開ぶり。
ほんと読書のページから 朝日と道新 5月20日
読めっこないのに、買いたくなる本がある。評者がいきなり「まず喝采したい。20世紀文学という巨大な山脈の最高峰の一つがついに翻訳されたのだから!」と大げさ!?に始まる「人生と運命(1〜3)ワシーリー・グロスマン著」がある。私の知らなかった大作、値段は大枚。4515円4725円4725円合計13965円。
紛争と文化外交 福島安紀子著」3990円。インタビュー記事。海外「紛争地の平和構築に文化が果たす役割を研究してきた」「その一里塚」。「9.11テロをイスラム世界からキリスト教世界への挑戦とみなすような『文化が紛争を生む』発想にはくみしない。『むしろ、利権のため紛争を起こしたい勢力が文化の違いを理由にする印象がある』…」。3度の「文化」と2度の「利権」は朱記。
夢の操縦法 エルヴェ・サン=ドニ侯爵著」4725円。見出しは「フロイトも探した奇書の古典」。夢は一旦覚めても、続きを見ようと意識してすぐまた眠ると、たしかに続きが見られたという体験があるのでおもしろそう。
音楽の科学 フィリップ・ボール著」3990円。省略。

以上で、仮に買うとすると合計26670円。へッ。お金があればいい本が読めるんだ。逆に言うと…

仕方がないから安い本に移ると、新書で「昆虫食入門 内山昭一著」819円。見出しは「先入観除くと自然な行為」。そうかも。「『食い改めよ』。天から、そんな声が聞こえてきそうな1冊」。最後は洒落。
「ドキュメント テレビは原発事故をどう伝えたのか 伊藤守著」819円。「いつ、誰が、何を話したか検証」。「実名を出して責任の所在を明らかにした意味は大きい。…言いっぱなしでは済まないはずだからだ」。そうだそうだ。
叔父が語った南京事件自慢話 声欄 「語り継ぐ戦争」 朝日 3月20日
「…南京占領後しばらくして、叔父から手紙と2枚の写真が届いた。私は5歳だったが、その写真の光景のおぞましさに震えたのを覚えている。大きな円形の穴の中に人間の死体が積み重なり、周囲には刀や銃を持った日本兵が笑いながらずらりと並んでいた。もう1枚には広い場所で同じように死体を積み重ねた穴がいくつも写っていた。」戦後叔父が訪ねてきて「中国大陸での豊かな生活を懐かしみながら、南京でいかにして中国人の首を切ったかを自慢げに語った。『女は髪が長いからうつむかせ、髪を前にたらす。首の皮一枚残して切るのがうまい殺し方。…』私は『そんな話聞きたくない。やめて』と叫んだ」。主婦 78歳。鮮明な記憶、写実的な描写、上手い文章。出来すぎなほど。しかし、事実だろう。

○読者のおたより
佐藤守信さんの写真、本当に見事です。おもしろい企画でした。「いのり星」、各地で流行しそうです。いろいろ利用方法がありそうです。
いい季節をお元気でお過ごしください。
                                                 おわり

    大沼通信12-05-18へ